「良い人を引き付けるのは人を信頼しているから」『マイルノビッチ』桜井日奈子・二宮崇インタビュー 神尾楓珠&伊藤あさひの仲良しエピソードも暴露

access_time create folderエンタメ

同名人気少女漫画を原作としたHuluオリジナル『マイルノビッチ』(2月12日よりHuluにて独占配信中)でヒロイン・木下まいるを演じた桜井日奈子さんと演出を手掛けた二宮崇さんのインタビューをお届けします。

大人気少女マンガ誌「マーガレット」(集英社)とオンライン動画サービスHuluがタッグを組み、不朽のマーガレット作品を《継続的に連続ドラマ化&Huluにて独占配信》する珠玉の恋愛ドラマ・シリーズ「マーガレット Love Stories」の第1弾として、累計発行部数が320万部超えを記録している佐藤ざくり・著『マイルノビッチ』を桜井日奈子さんと神尾楓珠さんのW主演で実写ドラマ化!

地味でモテない女子高校生・木下まいる(桜井日奈子)が、神的メイク術を持つイケメン・熊田天佑(神尾楓珠)のプロデュースでみるみるキュートな女の子に変身! いろんな恋を通じて人生イチ舞い上がったり、ヤバイくらいに落ち込んだりしながら、“本当の愛”を見つけるまでを描く《恋愛下克上ラブコメディ》です。

本作の演出を務めた二宮崇さんと桜井日奈子さんに、見どころや撮影エピソードを伺いました。

落とし穴に自分から落ちたがる!? 桜井日奈子のキャパに「限界値が定まらない」と驚き!

――桜井さんが感じた原作の印象を教えてください。

桜井さん:まいるちゃんを演じることに決まって原作を読ませていただき、毒キノコと言われていた女の子がメイクをして恋をしてどんどんキレイになっていくお話はすごく勇気がもらえましたし、コミカルな部分は「どれだけ振り切ってやれるだろうか」とワクワク感を感じていました。

――桜井さんは、まいるというキャラクターをどのように捉えて演じられましたか?

桜井さん:最初の方は、「自分は元々ブスだから」、「ブスなのは仕方ない」とか、友達もいない環境にいるので、どんどん陰に入っていって、自分から苔(コケ)が生えているんじゃないかというくらい、どよ~んとした女の子だったのが、天佑に出会ってどんどん変わって自信をつけていくんですけど、まいるの周りって天佑も綾乃ちゃんも巡り合う人たちすべて良い人だし、そういう良い人を引き付ける女の子だと思います。頼る部分も大きいけど、それは人を信頼しているからできることだし、すごく素直な女の子なんだな、人に愛される女の子なんだなという印象です。

――共感できる部分はありましたか?

桜井さん:ありました。自分は元々ダメだと思っていたところから、天佑に“キレイになる努力をしてから文句は言いなさい”みたいなことを言われて、まいるがどんどん目覚めていくんですけど、“自分は元からダメだから挑戦しない”という考え方は、私もそう思っていた時期があって。私は元々バラエティ番組に出ることが苦手だったんです。何を喋れば良いかわからないですし、すごい方たちがいる中で失礼がないように、と思うとどうしても萎縮しちゃうし……。当初は、最初はあまりバラエティ番組に出たくないなと思っていたんですけど、出来ないからやらない、というのは自分の可能性を狭めていることだと、天佑の言葉によって気付くまいると一緒で、私も苦手だからやらない、という選択ではなくて、「出来ないけどやってみよう」という考え方に変わって、今ではバラエティ番組に出るのも大好きになりました!

二宮さん:元々(桜井さんが)お笑い好きだと聞いていたので、振り切って演じるシーンでは「もうちょっといきましょうか?」と言うと、困った顔ではなく「いきますか!」と張り切る顔が見れる場面もありました(笑)。少女漫画の世界観というのがベースにあるので、部分的に「もうちょっとテンションを上げてやってみよう!」など上手く演じ分けてくれたので、そこは本当に有り難かったです。やっぱりお笑いが好きということが上手く役だったり、ご本人のお芝居に良い影響を与えているんだろうな、と思います。自分の枠から、はみ出しきれない人もどうしてもいるとは思うんですけど、その限界を決めていない感じが「どこまでいけるのかな?」とこっちもワクワクしながら注文してしまう、というところが桜井さんの魅力なのかな、と今回ご一緒して思いました。

桜井さん:二宮さんがおっしゃってくださった通り、「もうちょっとやってみようか」の言葉って、やれると思ってもらえないと言われないような気がしていたので、そういう注文はすごく嬉しかったです。だから私も信頼して振り切れた部分はありました。

二宮さん:目がキラキラしていたもんね。

桜井さん:楽しくて仕方なかったです。その場のスタッフさんが、「なんか桜井日奈子のイメージと違うなあ!」とおっしゃっていたんですけど、大歓迎!と思っていました。

――では、桜井さんの新しい一面が見られるかも?

二宮さん:だいぶ見られるんじゃないですかね、緑色のジャージでゴロゴロしてますから(笑)。今日みたいにキレイな衣装を着てポーズをとって撮影している姿を見ていると、申し訳ないな、と思います(笑)。毒キノコという設定もあるんですけど、キノコグッズを部屋に置いてあるんです。台本に、キノコのクッションを抱いてベッドでゴロゴロしながら、「あ~、うう~……」と呻くシーンがあったときに、それをどう面白くやってくれるのか、みたいな挑戦を毎回やってくれました。

桜井さん:現場にいる人たちに笑ってもらえたときは、「よっしゃ!」と思いました(笑)。

――神尾楓珠さんと伊藤あさひさんにもお話を伺った際に、監督が現場で面白いアイデアをたくさん出してくれるとおっしゃっていました。

二宮さん:ひょっとしたら編集でカットしちゃう部分なのかもしれないですけど、シーンの余韻的な部分だったり、キャラクター性がちょっと見えるところを、原作の他のシーンから持ってきた一言を抜粋して、「このシーンの最後にひとこと言ってみて」とポイントとして使ってみたり。決まりきった台本だけじゃなくて、フレッシュな皆さんに演じてもらうという部分で、何か出てくるものがあれば役にプラスになるのかな、と思ったので、その場でやってもらったりしました。そういう挑戦というか、現場でお願いしてみて何が返ってくるのかはすごく面白かったです。

桜井さん:台本にはなかったセリフを追加したり、現場で生まれる二宮さんの演出は、そこからどんどん役が立体的になっていくことが多かったので、なるほど!と思いました。私は最初、この作品がこんなにコミカルになると思っていなかったので(笑)。でも、二宮さんが「こういう風にやってみて」と言ってくださるから、「あ、やっていいんだ」と思えました。「これ、やってみていいのかな?どうなんだろう?」と不安を抱えているよりは、「やってみて」と言われたほうが、伸び伸びと役を演じられたと思います。私含めて同世代の共演者の子たちは、役の深め方としてすごく勉強になった現場だったと思います。

二宮さん:日奈子ちゃんはキャパが広くて限界値がなかなか定まらないところがあるので、言いやすいというのもあるんですけど(笑)。一杯一杯な状態の人に新しいお願いを追加すると崩れちゃうこともあったりするので。

――桜井さんに可能性を感じるから挑戦していた、と。

二宮さん:そうですね。そこに1つ深みが入ればいいな、と。逆にしっかり受け入れて面白いものを返してくれたのは本当に有り難かったなと思います。

――印象に残っているシーンや撮影エピソードがあれば教えてください。

二宮さん:僕はやっぱり落とし穴のシーン。このドラマの第1話でまいるが落とし穴に落ちて始まるんですが、なかなか深い穴を掘りまして。

桜井さん:そうなんです、めっちゃ深かったんですよ(笑)!

――本当に桜井さんが落ちているんですか?

桜井さん:本当に落ちています!

二宮さん:「ごめんね、落ちるよ?」とこっちも気にするんですけど、でも落ちたそうな顔をしているというか(笑)。「すぐ落ちるんですよね!」と意気込んでいて、落とし穴に落ちたがる女優さんというのもなかなかお目にかかれないし、嫌々落ちてもらうよりは前向きに落ちてもらったほうがこちらも有り難いので(笑)。

桜井さん:1話と8話の2回落ちていて、それがすごい深い穴なんですよ(笑)。本当にドッキリ番組とかで見るような落とし穴だったんですけど、気を遣って浅い穴ではなかったので、「落ちれるんだ!」と本当にワクワクしていて、「声を出さずに落ちたほうが面白いですよね?」と二宮さんに言ってみたり。

二宮さん:
日奈子ちゃんからの提案に、「そんなことできるんだ!?」と思って(笑)。

桜井さん:それで、いざ落ちてみたら「うわああああああ!」って、自分でも聞いたことがないような声が出ました(笑)。

二宮さん:カットをかけて穴の中のウレタンに埋もれた日奈子ちゃんを覗いたら、「声出ちゃいました(笑)」と言っていて。その様子も映像で撮りたかったですね(笑)。でも、なかなか落とし穴に落ちることってないよね?

桜井さん:ないですね、貴重な経験でした。

――桜井さんはバラエティ番組が好きになったので落とし穴に落ちるのもやりたい!という気持ちが強かったのですか?

桜井さん:本当は、ドッキリ番組で落とし穴とか落ちてみたいんですけど、そんなオファーはきっと来ないので……。

――いや、そう発言するとオファーが来てしまうかもしれませんよ!?

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧