初全国&ゴールデン『相席食堂』は本当にダメだったのか? 世帯6.9%でも個人4.2%は大健闘

access_time create folderエンタメ

TVer、Amazonプライム・ビデオ、Netflixでも驚異的な再生回数を誇るネット界のキラーコンテンツが、全国ネットに初進出し、ゴールデンタイムでオンエアされた。2日に放送された『相席食堂 2時間スペシャル』(ABCテレビ)である。テレビ朝日の結果は世帯6.9%、個人4.2%。今騒がれているほど悲観的になることはない。

ネット大沸騰

昨夜は『M-1グランプリ2020』のファイナリスト10組が登場し、コンビのどちらかの地元をめぐるものだった。母子家庭で育ったニューヨークの屋敷裕政は、父親代わりになって面倒を見てくれた男性が、福祉関係の仕事をしていたことに今さら知りショックを受けたり、見取り図は2人ともロケ中にいきなり髪型をコーンロウにするなど話題沸騰。


https://twitter.com/kumibIog/status/1356551559409135616

人情話かと思ったら、ただの福祉w


https://twitter.com/sLy_earth/status/1356815352802365442

相席食堂のコーンロウの伏線回収が大好き過ぎてもう1回見たい

見取り図・リリーもつぶやいている。


https://twitter.com/mtrzlily/status/1356587687709270017

世界初、コーンロウ売れってできたりするのかな?

『笑神様』と勘違い?

『相席食堂』ファンの中には、ありのままのロケをする芸能人を見たかったはずが、芸人たちがボケ倒してしまうことに違和感を覚えたようだ。


https://twitter.com/nobzombie/status/1356552256049405952

相席食堂のこれじゃない感


https://twitter.com/qooppoid/status/1356835888215416840

昨日の相席食堂は芸人のボケ大会だったので、普段の相席食堂とは違うものだと思ったほうがいい。

同じように芸能人がロケをして、それをスタジオで見る番組として『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)がある。このスピンオフ企画が「芸人ロケバトル」。ロケ中、いかに面白いボケをして、内村光良にハマれるか目指すというものだ。

今回のM-1芸人も、同じように千鳥にハマろうとして“頑張ってしまった”

また『M-1』は国民的イベントとはいえ、地上波、しかもゴールデンしかテレビを合わせない視聴者にとっては、M-1芸人だけの2時間番組(しかもコンビごとの尺が短い)はトガりすぎてしまったのかもしれない。だが今回はそれでいいと思う。最初から成功してしまったら、先がないし、話題にならない。ただ先述の通り個人は4.2%。大健闘であろう。

だが一方でこの番組は、ダラダラ流し見しているテレビの視聴者より、積極視聴したいネットのユーザーと相性が良い番組であることも書き留めておきたい。やはり、最大公約数の国民は、「ダーツの旅」のほうが好きなのだろうか。

今後はどうなる?

これまでのテレビ番組は「VTR偏重」で、それをスタジオでただ見る番組が多かった。「ワイプ芸」という、あの小窓でいかに存在感を発揮するかという芸当まで生まれた。だがこの番組は、あくまで千鳥のトークのネタとしてロケをさせるという、逆転の発想が受けた(結果論だが)。
  
おそらく夏頃、また同じように全国ネット・ゴールデンも考えているかもしれない。どんなテで来るのか楽しみである。

(執筆者: genkanaketara)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧