磯村勇斗「自分も翼と同じ道を……」家族愛と絆の映画『ヤクザと家族 The Family』「怖がらずにその愛を観に来て」撮り下ろしインタビュー

access_time create folder映画

『MOTHER マザー』『新聞記者』など話題作を世に送り出すスターサンズと、日本アカデミー賞主要 3冠に輝いた『新聞記者』のスタッフが再集結して新たに描く映画『ヤクザと家族 The Family』(1月29日(金)より公開中)に出演する磯村勇斗さんの撮り下ろしインタビューをお届けします。

様々な問題をはらみ、反社会勢力として徹底的な排除に追い込まれた「ヤクザ」を題材にした本作は、現代社会の矛盾と不条理さを浮き彫りにし、今の世に何かを突きつけるテーマとして、日本社会と日本映画界に一石を投じます。

1999年、2005年、2019年と変わりゆく時代に、ヤクザという生き方を選んだ男と、彼を取り巻く人々を、抗争ではなく、家族の視点で描いた壮大なクロニクル(年代記)となっており、「組織=ファミリー」と「自らの家族」の間で揺れ動き、時代の波に流されながら激動の20年を生きた男が抱える家族への愛を描くヒューマンストーリーです。

少年期に柴咲組組長の危機を救ったことからヤクザの世界へ足を踏み入れた男・山本賢治役を演じるのは、綾野剛さん。綾野さん演じる身寄りのない孤独な少年・山本に手を差し伸べ、“家族”という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を、舘ひろしさんが演じます。

そして、磯村勇斗さんが演じるのは、柴咲組の組員だった父親を抗争で亡くし、幼少期から山本を慕う青年・木村翼。

作品のロケ地となった静岡県・沼津市の出身でもある磯村さんに、撮影エピソードや役作りついて伺いました。

――出演が決まったときの気持ちと台本を読んだ感想を教えてください。

磯村:出演が決まったときは、ものすごく喜びました。決まるかまだわからない段階のときに、監督と面談をしたのですが、事前に台本も読んでいて運命的なものを感じていました。ロケ場所が自分の地元であることだったり、翼という役が柴咲組だったりケン兄(綾野さん演じる山本賢治)が残してきたものを未来に繋げていく大事な役柄でもあったので、とても高い壁があるような難しい役だと思ったのですが、すごくやりたい、と熱意を監督に伝えていたので、決まったと聞いたときは本当に嬉しかったですね。

――監督から決め手みたいなものは伺いましたか?

磯村:特に聞いてはいないですけど、「やりたいです」という気持ちを僕なりに伝えたことと、地元出身というのが大きかったんじゃないかなと思います。

――地元での撮影にやりやすさを感じましたか?

磯村:そうですね。ものすごく助かったなと思います。地元の空気だったり、その土地で過ごしてきた小さい頃の記憶というのが、翼のバックボーンになったので、良い機会でした。

――地元に撮影で訪れて変わったと感じたことことは?

磯村:自分が小さい頃見てきたものよりは、少し寂しさというか、静けさが強くなった気はします。自分の知っている商店街も閉じているお店が増えてシャッター街になってしまっていたり、当時の活気が減っているのは感じました。

――ストーリー全体の印象を教えてください。

磯村:ヤクザが全盛期から衰退していくというストーリーが、これまであるようでない。そして、どちらかというと今回は家族にフォーカスしている作品だったので、温かさがあり、ヤクザも1人の人間なんだなと感じました。

――磯村さんは、翼をどんな人物だと捉えていますか?

磯村:翼は自分が生きている場所をすごく大事にしていて、土地勘だったり、そこでしか生きていかないとという儚さもある中で、仲間たちを大切に思って強く生きている。それはケン兄や柴咲組から愛をもらったことに対しての感謝からきている部分でもあるし、でも別にヤクザを良いと思っているわけでもなく、否定することもできない関係値というか。そういう複雑な思いをたくさん抱えながらいろんな時代のヤクザと街の変化を見てきた、心が繊細だけれどクレバーな人だなと思いました。

――現場に入る前に役作りをされたのでしょうか。

磯村:翼が半グレ集団に所属しているので、そこについて調べたりしました。翼には自然と入り込んでいきました。綾野さんが作る空気感だったり、藤井監督の現場で作り出す空気感をただただ感じていました。

――翼の幼少期の映像などはご覧になってから撮影に臨んだのでしょうか?

磯村:映像は見ていないですが、事前に写真を送っていただいたので、それを見て意識しました。藤井監督が気を遣ってくださったというか、一緒にみんなで作っていこう、という気持ちが強かったから写真を送ってくださったんだと思います。普通では、なかなかないことだと思いますね。

――ケン兄が幼少期の翼に「俺みたいになるなよ」と言うシーンがあったので、成長した翼の登場に複雑な気持ちになったのですが、磯村さんだったらどんな道を選ぶと思いますか?

磯村:でも、翼の選んだ道は正しかったんじゃないかなと思います。ヤクザになったわけではないので。けれど、ケン兄たちの自分に対する優しさや面倒見の良い兄ちゃんたちを見てきたから、そういったところは彼の中で憧れになっている。だから、翼は髪色も若い頃のケン兄と同じ金髪にしていますし、少なくとも憧れがあるので、ヤクザにはならないけれど、違う形として半グレ集団というものに自分なりに変えていったんだと思います。自分としても翼と同じ道を歩むんじゃないかなと思います。

――また、翼は登場シーンから、鍛えられた肉体を披露していますね。

磯村:自分の人生の中でも初めて本格的な体作りをしました。増やしながら減量しつつ、みたいな無茶なことをしていたんですけど、“あのシーンでしっかりカラダを見せておけば、翼のキャラクターは見えるから、説得力を出すためにも体作りをしてくれ”と、事前に言われていました。

――目標の筋肉量など目安はあったのですか?

磯村:数字は特に言われていませんが、「こういうイメージで」と韓国人の俳優さんみたいな肉体の画像は送られてきました。

――そこまで仕上げるのにプレッシャーは……?

磯村:正直、「時間はないな」と思ったんですけど、そのいただいたイメージと同じようになるのは無理だとしても、そこに近づける最大限の努力はしよう、という気持ちでやっていました。1か月くらいしか期間がなくて、そこから体重を増やして筋肉に変えて脂肪を落とす作業をしていたら、あと2か月くらいは必要だったので、増やすと同時に脂肪を減らしていくという、もうわけがわからないことをしていて(笑)。とにかく筋トレはひたすらやって、食事も量を食べるんですけど、脂質とかを摂らずに。撮影までに監督からOKを貰える体にはなったので、良かったです。時間があるなら、もっと筋肉をつけたかったですね。

――本作は、大先輩のキャストさんが多数出演されており、刺激も多い現場だったのではないかと思います。

磯村:刺激はたくさんありました。特にケン兄役の綾野さんとは一緒のシーンが多かったので、綾野さんの主演としての立ち居振る舞いとか、役者だけじゃなくスタッフさんに対してもすごく気遣いをしていますし、現場でもケン兄として存在しているという、その姿勢が魅力的だなと感じました。だから、何かを教えてもらうというよりは、「感じ取ってくれ」というスタイルでいろいろ教えて貰いました。

――綾野さんとお二人のシーンも多いですが、話し合われたりしたことは?

磯村:話し合ったことはないですね。話し合わなくても、綾野さんが芝居のテイストを変えてきたり、調整をされていたと思います。そこに自分がしっかりついていこう、という思いが強かったので、その変化に合わせられるかが一つの課題というか、楽しみ方でもありました。でも、2人のシーン以外のところで、綾野さんから“翼としてはこう動いたほうが良いんじゃないか”とアドバイスをいただいたことはありました。バーのシーンなんですが、綾野さんが言ってくださったことを受けて、最初の動きを変えました。そのときに、綾野さんは翼のことをすごく考えてくださっていることがわかり、その姿がケン兄に重なって、とても良い関係値が築けていたと思います。

――撮影現場は、やはり常に緊張感が漂っていたのでしょうか。

磯村:基本的に、あまり面白いシーンがないですからね。特に翼周りだと、加藤組の豊原功補さんなんて、ずっと怒っている役だったので(笑)、ピリピリした空気ではありました。カットがかかるとそんなことはないですけど、本番に入ると、どっちが先に目線を外すのかみたいな、そういう空気感は豊原さんからも感じましたし、圧はとても強かったので、一緒に気持ちをのせていただきました。

――クライマックスのシーンも印象的でした。

磯村:あのシーンも2人の間を大事にしていました。あのシーンは複雑な感情のシーンで、観る人によっていろんな気持ちで受け取ることができるシーンだと思うので、監督とも明確に答えは出さずに空気感を大切にやりました。

――本作のロケ地である沼津が出身地ということで、磯村さんがオススメする地元の場所や食べ物があれば教えてください。

磯村:沼津の港にあるラーメン屋「松福」が美味しいです。豚骨のいわゆる家系っぽいタイプで、人気で美味しいですよ。あと、千本浜とか、海岸沿いは地元に帰ったら散歩したりします。

――では、この作品をどんな方に観ていただきたいですか?

磯村:男の子は、きっとこういう映画は好きだと思いますけど、今回は家族愛と、そして血の繋がりのない家族とは何か、絆とは何か、みたいなところにフォーカスを当てているので、女性でも怖くないヤクザ映画だと僕は思っています。女性の皆さんも何か感じるものがあると思うので、ぜひ、怖がらずに、その愛を観に来てほしいなと思います。

――ありがとうござました!

スタイリスト:齋藤良介
ヘアメイク:佐藤友勝
[撮影:周二郎]


綾野剛主演 映画『ヤクザと家族 The Family』本予告
https://youtu.be/Ow85U5M_JzQ[YouTube]

作品概要

映画『ヤクザと家族 The Family』1月29日より全国公開中。
【ストーリー】ただ、愛した。矛盾と不条理のこの世界で、全てを懸けて――。
1999年、父親を覚せい剤で失い、その日暮しの生活を送っている時に、柴咲組組長の危機を救った男・山本賢治(綾野剛)。自暴自棄になっていた自分に手を差し伸べてくれた柴崎博(舘ひろし)に心の救いを得て、二人は父子の契りを結ぶ。
2005 年、短気な面もあるが一本気さのある山本は、ヤクザの世界で男をあげていく。激化する因縁の相手・侠葉会との争い、自分と同じような境遇で育った女性との出会い、大切な家族である仲間を失ってしまうなど、人生を大きく揺り動かす激動の瞬間に愚直なまでに向き合って生きる山本、そして彼は自分の【家族・ファミリー】を守るために、ある決断をするー。
2019年、14年もの年月を犠牲にした山本が出所後目の当たりにしたのは、暴対法の影響でかつての隆盛の影もなく、存続していくのもギリギリな状態に一変していた柴咲組の姿。時代の流れによる大きな変化に戸惑いながらも、愛する家族との生活を望み、新たな人生を歩もうとする山本に、状況を根底から揺るがす事件がー。

綾野剛
尾野真千子 北村有起哉 市原隼人 磯村勇斗
菅田俊 康すおん 二ノ宮隆太郎 駿河太郎
岩松了 豊原功補 / 寺島しのぶ
舘ひろし

監督・脚本:藤井道人 音楽:岩代太郎
主題歌:「FAMILIA」 millennium parade
(ソニー・ミュージックレーベルズ)
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸 プロデューサー:佐藤順子 角田道明 岡本圭三
撮影:今村圭佑 照明:平山達弥 録音:根本飛鳥 キャスティング:おおずさわこ 美術:部谷京子 衣装:宮本まさ江
ヘアメイク:橋本申二 助監督:逢坂元 制作担当:大川哲史 題字:赤松陽構造 スチール:八木咲 編集:古川達馬
配給:スターサンズ/KADOKAWA
製作:『ヤクザと家族 The Family』製作委員会 ©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
2020 年/日本/136 分/5.1ch/アメリカンビスタ/カラー/デジタル
yakuzatokazoku.com[リンク]

関連記事:
ガラケーに長野オリンピック……映像で“平成”を振り返る 2021年の上半期は1990 年代を描いた作品が続々
https://getnews.jp/archives/2888337

access_time create folder映画

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧