ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鉄道を撮影する鉄オタが「さがれー!」「どけー!」「死ね」の罵倒 そんな動画集

鉄道を愛する愛好家は日本に数多くおり、特にカメラの発達と共にカメラオタク&鉄道オタクを大きな駅で見かけることがある。都内だと新宿や品川、上野、日暮里、都内以外だと大宮などで頻繁に見ることができる。多くの鉄道オタクはマナーを守り礼儀正しく電車の写真を撮っているのだが、ごくわずかではあるがマナーを守れない人がいる。

例えば同じホームにいる人に対して罵倒を浴びせたり、駅員に対して「邪魔だどけ」と仕事の邪魔をするシーンが見られる。私も上野駅で電車を待っていたら「そこ邪魔だからどいてくれない?」と邪魔者扱いされたことがある。もちろん私は邪魔するつもりもなく、電車の乗車口に立っていただけである。そのときは“お召し列車”という非常に貴重な電車が通るらしく、どうしても撮りたかったとか。貴重なのはわかるがもう少し言い方というものがあるのではと感じでしまった。

そんな鉄道オタクがSLを撮影する際に「さがれー!」「どけー!」の罵倒を繰り返す動画が『YouTube』に公開されている。またそれだけではなく、乗客が電車の中から手を出しているだけで「死ねー」と罵倒する動画も存在する。更には線路に進入し妨害するというケースや前を通過したトラックに対しての罵倒、ありえないアングルでの撮影などがある。

電車をきれいに撮影したいという気持ちから、他人を罵倒するのはどうなのだろうか。確かに電車の撮影は一瞬の勝負である。撮り逃したら次はいつ撮れるかわからないほど貴重な列車も存在する。

今回紹介するSLを撮影している動画は2月10日に公開されたばかりの物。それを筆頭に過去の動画もついでにご覧になって頂きたい。

あくまでこうして罵倒しているのは一部のマナーの悪い人だけで、多くの鉄道オタクはマナーを守って撮影している。ちなみにこうやって電車を撮影する鉄道オタクを「撮り鉄」と言い、乗るのを専門にするのは「乗り鉄」と言うらしい。ところでなんで鉄オタはDE10とかEF64が好きなの?

※下記の動画をご覧になることが出来ない方はこちらからご覧下さい。

C61-20 SLおいでよ銚子 通過直前一般人侵入で鉄ちゃん大激怒!罵声![リンク]
http://youtu.be/WBTthC1fCWI

手を出した乗客に対して「死ね」[リンク]
http://youtu.be/kPvFycls8Pk

尾久公開返却回送 罵声一部始終 in大宮[リンク]
http://youtu.be/q-IHHxeRk3A

駅員と揉める 489系号(27日)大阪駅罵声大会[リンク]
http://youtu.be/Bw46Mo8gFHQ

鉄オタ トラックに激怒[リンク]
http://youtu.be/k9OJL0c-CBg

鉄オタに対する嫌がらせ[リンク]
http://youtu.be/BioD5n4V7AE

進入して撮影 警笛ならされる[リンク]
http://youtu.be/SVYkp2dbEoQ

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy