秋のはじめを指す「桐一葉」、もう一つの隠された意味が深い!

access_time create folder動画
秋のはじめを指す「桐一葉」、もう一つの隠された意味が深い!

秋の始まりを指す「桐一葉」は、俳句や短歌などでも季語として扱われ、日本独特の風情ある言葉といえます。
しかし、この言葉には実はもう1つの意味が隠されているのです。

そこで、ここでは「桐一葉」が持っている意味はもちろん、あまり知られていないもう1つの意味についてもご紹介させていただきます。
秋の始まりを告げるという情緒ある言葉の陰には、実はちょっと唸るような意味が隠れているようですよ!

「桐一葉」とは

まずは「桐一葉」という言葉がどのような意味があるのか解説していきます。

 

 

「桐一葉」の意味

「桐一葉」とは、桐の葉が落ちるのを見て秋を知る様子をあらわした言葉です。
木の葉っぱが落ちて秋の到来を悟るというのは、何とも情緒に溢れた表現ですよね。

その美しい響きから、俳句や短歌などで季語として用いられています。

「桐一葉」の解説

「桐一葉」の「桐」とは、これは植物の桐の木を指しています。
桐という言葉だけなら青桐を表すのが一般的とされています。

そんな桐は、他の木に比べて早く葉が落ちるのが特徴です。
このように、桐が他の植物よりも一足早く葉が落ちる様子から、「桐一葉」は秋の訪れを感じることができることをさすようになったのです。

季語としての「桐一葉」

「桐一葉」は初秋の季語としても使われています。
秋の訪れを先んじて知らせる、桐の葉の落ちる様子は確かに、初秋の季語にピッタリですね。

「桐一葉」のもう一つの意味

「桐一葉」は秋の始まりを感じることを意味すると解説してきました。

ところが、中国では日本とは違った意味合いで使われることがあるのだとか。
ここでは、そんな「桐一葉」の起源となった言葉なども含めて、その意味について解説します。

 

 

衰退の兆しの例えでもある

「桐一葉」は、衰退の兆しを例えて言う場合にも用いられます。
物事の繁栄には衰退がつきものです。
暑い夏が過ぎ涼しくなっていき次第に冬が近づく秋のはじめを、廃れていくことに例えたのです。

これは日本ではあまり馴染みのない意味となっています。
しかし、中国には「桐一葉」という言葉を用いて衰退を表現していたという話

「桐一葉」の起源は中国から

中国には「梧桐一葉落天下盡知秋」すなわち「アオギリの一葉が落ちて天下の秋を知らせる」ということわざがあります。
「桐一葉」は、このことわざを縮めたものともされています。

中国のことわざに出てくる「天下の秋」は単に季節の秋ではありません。
興隆した国家の秋、つまり国家の衰亡期を象徴しているとされます。

つまり、国家の衰亡の予兆を「アオギリ一枚の落葉」によって言い表しているそうです。
この情緒ある言い回しが日本でも引用されるようになったともされています。

 

 

文学作品としての「桐一葉」

「桐一葉」を熟語ではなく、歌舞伎の作品として目や耳にしたことがある人もいると思います。

坪内逍遙の描いた歌舞伎作品

「桐一葉」は明治時代の文豪、「坪内逍遥」が描いた歌舞伎作品の1つです。
関ヶ原の戦いの後、徳川家からの難題を切り抜けようと苦慮する片桐且元、と猜疑心が強くヒステリックな淀の方を中心に、崩壊していく豊臣家の運命を描いた境遇悲劇となっています。
歌舞伎とシェークスピア劇の融合を試みた野心作で、個性的な人間を描き出したことで後世の新歌舞伎に道を開いた作品とも言われています。

タイトルはダブルミーニング

「桐一葉」というタイトルには2つの意味が込められているのも特徴です。
この作品では豊臣家の衰退と滅亡への運命を描いており、それが「桐一葉」という言葉によって表現されています。

その意味とは別に、桐は豊臣家の家紋「五七桐」に用いられている、いわば豊臣家を象徴です。
ただ単に、一度栄えた一族の衰退劇というだけではなく、ダブルミーニングとなっているのです。

まとめ

「桐一葉」と聞くと秋のはじまりを知らせる季語で美しさすらも感じます。
ところが、その裏には国家の衰退の兆しを表現する言葉だったりもします。

どちらも秋の寂しげな雰囲気から生まれた意味合いとなっているようです。

関連記事はこちら

「木枯らし一号」が吹くと冬が来る?そもそも木枯らしとはいったいどんなもの?
朧月とはどんな月?実は季節が限定される言葉だった!


関連記事リンク(外部サイト)

まるで天空の城ラピュタの「竜の巣」のよう・・・雷雲をとらえたタイムラプス映像がド迫力!
「旨そうだな(パクッ)」借りぐらしのヤモリさん、住人から直接米粒を貰うほどの仲に!
ロックダウンが嫌で家に帰りたくないワンコがカワイイ!

access_time create folder動画
local_offer
FUNDO

FUNDO

FunDoは、すごい動画をお届けする動画キュレーションメディアです。

ウェブサイト: https://fundo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧