ソフトバンクがLINEとの協業で「20GB 2980円」「LINEギガノーカウント」のオンライン専用新ブランド「SoftBank on LINE(仮称)」を3月に提供開始へ 小中容量と大容量も新料金を発表

access_time create folderデジタル・IT

ソフトバンクは12月22日、オンライン専用の新ブランド「SoftBank on LINE(仮称)」を発表。20GBで2980円(税別)、さらにLINEのトークや通話はノーカウントとする「LINEがギガノーカウント」を提供するのが特徴です。2021年3月にサービス提供を開始します。

デジタルネイティブ世代をターゲットにしたオンライン手続きのみで完結するサービスで、ウェブサイトやLINEアプリから手続きができる簡単なユーザーインタフェースを提供。20GB超過後は最大1Mbpsで利用できる他、追加データ容量を1GBあたり500円(税別)で購入できます。通話料は5分以内の国内通話が無料で、5分を超える場合30秒あたり20円の通話料がかかります。eSIMにも対応を予定。

ソフトバンクと同一の4G/5G回線が利用でき、ソフトバンクやワイモバイルと同一の品質で各種サービスが利用可能。

小中容量ユーザー向けにワイモバイルの新料金プランも発表。2月から提供を開始します。5Gも含むソフトバンク回線が利用でき、データ容量3GBの「シンプルS」は1980円(税別)で3GB超過後の速度は最大300kbps。データ容量10GBの「シンプルM」は2980円(税別)で10GB超過後は最大1Mbos。データ容量20GBの「シンプルL」は3780円(税別)で20GB超過後は最大1Mbps。光回線「SoftBank 光」とのセット、もしくは家族割のいずれかが適用でき、割引額は500円。

大容量ユーザー向けには、データ容量無制限の「メリハリ無制限」を3月から開始することを発表しました。4Gでは50GBで7480円、5Gでは50GBで8480円だった料金を無制限で6580円(税別)にしたプラン。利用データ量が3GB以下の月はさらに1500円の割引を適用します。

光回線とのセット割で1000円、家族割は2人利用で600円、3人利用で1100円の割引を適用します。

ブランド間の料金プラン変更は手数料ゼロにすることを発表。契約解除料、番号移行手数料、契約事務手数料はかからないとしています。

参考記事:
20GBで2980円のみとシンプルな料金体系 ドコモが「店舗手続きなし」「家族割なし」「キャリアメールなし」の新料金プラン「ahamo」を3月に提供開始へ
https://getnews.jp/archives/2839984

ドコモがデータ無制限で1000円引きの新料金「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」を4月1日開始へ ナンバーポータビリティ手数料も同日に廃止
https://getnews.jp/archives/2862327

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧