20GBで2980円のみとシンプルな料金体系 ドコモが「店舗手続きなし」「家族割なし」「キャリアメールなし」の新料金プラン「ahamo」を3月に提供開始へ

access_time create folderデジタル・IT

NTTドコモは12月3日、新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表。同日から先行エントリーの受付を開始し、3月から提供を開始します。デジタルネイティブ世代向けとして、オンライン手続きのみの対応でサービスを絞り込むことにより、20GBで2980円(税別)のみとシンプルな料金体系を実現しているのが特徴です。

料金は1種類のみで、新規契約事務手数料や機種変更手数料、MNP転出手数料は無料。家族割など細かい割引条件はありません。20GB超過後は最大1Mbpsの通信速度で利用できる他、追加データ容量を1GBあたり500円(税別)で購入できます。

4Gだけでなく5G回線にも対応し、SIMだけの契約も可能。

5分までの国内通話は無料で、5分を超えると30秒ごとに20円の通話料がかかります。通話が多いユーザーには、月額1000円(税別)で国内通話がかけ放題になるオプションを別途提供。キャリアメールを提供しない点も特徴です。

20GBのデータ通信は、海外82の国と地域で追加料金なしで利用可能。渡航先でも手続きなくインターネットに接続できます。

契約できるのは個人のみで、dアカウントが必須。dポイントにも対応し、1000円の利用で10ポイントのdポイントが貯まります。2020年12月3日から提供開始日前日までの期間に先行エントリーしてahamoに契約すると、dポイント3000ポイントを進呈するキャンペーンを実施中。

申し込みはウェブサイトで受け付け、契約後の使用量の確認など各種サービスは専用アプリから利用可能。

新規契約や他社からの乗り換えユーザーは2021年3月からウェブサイトで手続き可能で、ドコモユーザーは2021年5月以降、システムの対応が完了したところでより簡単にウェブサイトからプラン変更が可能になるとのこと。それまではドコモユーザーも新規契約や他社ユーザーと同じ手続きで対応するそうです。

ドコモが提供する料金プランの中で、ahamoは中容量で高コストパフォーマンスなプランという位置づけ。従来の「ギガホ」「ギガライト」の料金プランについても料金見直しなど改定を予定しており、12月中に発表を予定しているとのこと。この他、小容量で「超低廉な」料金プランの提供も予定しているそうです。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧