3Dワークスペースを提供するSpatialがiOS/Android向けに無料アプリをリリース

access_time create folderデジタル・IT

12月15日、3Dワークスペースを提供するSpatialがiOS/Android向けに無料アプリをリリースしたことを発表しました。

Spatial Mobile Sizzle (landscape)(YouTube)
https://youtu.be/60q3EkZ40P8

Spatialは、AR/VR空間上の3Dワークスペースを共有するプラットフォームです。

他のオンライン会議ツール同様、新型コロナウイルスの影響から2020年のSpatial使用量は130倍以上となり、累計で50万回以上のミーティングが開催されています。

文字を書いたりすることも可能。

仮想空間とはいえ、実際に会議をしているような感覚です。

無料アプリでは画面サイズが小さいスマートフォンに対応するため、会議で誰が話しているかを簡単に確認できる自動カメラ切り替え機能が装備されています。

無料アプリのリリースに関して、同社では「リモートで友人、家族、同僚とつながるメリットを試したい人に最適な入門体験を提供します」としています。

Spatialの無料アプリは以下のリンクからダウンロード可能です。

Download Spatial
https://spatial.io/download[リンク]

※画像とソース:
https://www.businesswire.com/news/home/20201215005455/en/Spatial-Launches-Worlds-First-Social-AR-Workspace-On-Mobile

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderデジタル・IT
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧