「私は助成金はこうやって受給しました」 コロナで東京都が時短要請 芸能人に救いの手か?

access_time create folderエンタメ
「私は助成金はこうやって受給しました」 コロナで東京都が時短要請 芸能人に救いの手か?

新型コロナウイルス感染症拡大の第3波が日々報じられ、東京都が飲食店とカラオケ店に22時までの時間短縮を再要請するなど深刻な状況になってきました。

そんな中、11月25日から文化庁の「文化芸術活動の継続支援事業」の補助金の第四次募集が始まりました。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により活動自粛を余儀なくされた文化芸術関係団体等を支援する目的で第2次補正予算の560億円を得て、夏から始まった助成金ですが、予算が余っているようです。

 

 

参考記事:騒然! コロナ感染者だらけ!! 電通HPのトピックス一覧が社員の新型コロナウイルス感染の報告で埋まる ネットは「接待が仕事だから?」など心無い声並ぶ | TABLO

「分かりにくくて挫折しました」

という写真家もいれば
「申請しようとして、役者仲間に声掛けたら詐欺師扱いされて、精神的に滅入ってギブアップ」という俳優まで、補助金を必要としている芸術家の方々は苦労されているようです。

そんな中、審査を通った音楽プロジェクトのディッセンバーズ (12月生まれの音楽評論家の大伴良則氏とプロデューサーK.INOJO氏のユニット)の「ロックデッドストック vol.1」のプロデューサーK.INOJO氏に
審査を通過するコツをうかがいました。

関連記事:佐賀県はバカ 北海道、千葉も次点 コロナ交付金を意味不明なものに使い国民激怒 「リーダーの頭が悪いと…」のコメント | TABLO

「申請のコツは『ググって調べること』それ以外にはないです。YouTubeでも栗原邦夫税理士とかがこれでもかって言うぐらい懇切丁寧に教えてくれます。そして相談コールセンターの人も超優しい良い人ばかりです。求めよさらば与えられん! 要項を細かくチェックして、調べて、文化庁に質問して、音楽と同じように真剣に取り組みました」

 

 

大沢誉志幸さん、沢田研二さん等のサポートベーシストとして、作詞家として音楽業界で活躍していらしたK.INOJO氏にとって、申請書や事業計画書を書いたりするのは初めてだったそうです。

「人間は変わることが出来るもんですね。おかげさまで、映像と音源の制作、機材の購入、ライブ配信やトライアル公演等の経費に関して限度枠いっぱいの150万円の支援をして頂けることになりました。みんな面倒くさがって申請をしないなんてホントにもったいないと思います」

K.INOJO氏がオススメの栗原邦夫税理士は、YouTube動画で、

「お金が入ってくるチャンネルを増やせる。自信がつきやすい。追加公演ができる」

等と今回の補助金を面白く分かりやすく解説されていました。新型コロナウイルス感染症拡大の第三波を乗り越えるため、文化芸術活動に携わる方は申請されると、よろしいかもしれません。(文◎霜月潤一朗)

あわせて読む:年末年始がコロナ対策の「大連休」になることにより犯罪に走るしか生きる術を持たない人々が存在することを西村大臣は知っているか | TABLO


関連記事リンク(外部サイト)

「松本人志を表示しない方法を教えて」 Amazonプライムが300円お詫びクーポン券発送
日テレ24時間テレビに重大なヤラセ疑惑 タイで行った“東日本大震災の死者を弔う祭り”は金を払って人々を集めたデッチ上げだった!
タピオカ・ミルクティーを飲み続けた結果、死を覚悟した女性 今から恐ろしい話をします

access_time create folderエンタメ
local_offer
TABLO

TABLO

[TABLO]は「偉そうなヤツ、だいたい嫌い」をキャッチコピーとした反権力ニュースサイト、久田将義責任編集。芸能・社会・政治・カルチャー・オカルトなど完全オリジナルの記事を毎日配信。

ウェブサイト: https://tablo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧