「右翼の街宣車」ってこんな感じになってるんだ! アウトロー街宣車に乗車体験!

access_time create folder政治・経済・社会

<※写真はイメージです>

どうも特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です。

あなたは右翼というものにどのような印象を持っているだろうか?

愛国者、国粋主義者、暴力的、怒鳴る、ヤクザ、拡声器、コワいetc……それらのすべてがあの黒塗りや白塗りで旭日旗が掲げられている街宣車のイメージなのだ。

今回、現役右翼活動家『T支部』の西谷浩二氏(仮名、45歳)にお願いをして、街宣車とはどのようなものなのかについて、リポートしてみた。当日、京都市南部で落ち合った彼は、フロントガラスの向こう側でスマホにむかってなにかがなり立てていた。

なんかヒゲ面で、頭も坊主なのでちょっとコワい……。

「あのう、今日は右翼の話を街宣車の中で聞かせていただくということで……」そう話しかけると、「あんた、赤旗新聞とかの人やないよね?」と質問返し。

「もちろん違います。特殊犯罪アナリストという裏社会系の……」「ああ、『実話ナックルズ』とかの人ね」と快諾。

そう思っていると、彼は非常に柔和な顔になって挨拶をしてくれた。なんだぁ~いい人なんだ……。

右翼の彼が乗る街宣車とは一体どのようなものなのか、その活動内容の部分を綴っていきたいと思う。

北方領土返還に全国を走る

とある祝日。軍歌がけたたましく響く黒塗りで旭日旗があちらこちらにプリントされた車高の高いワンボックスタイプ。

それに乗り込むと、中は真っ黒。長距離トラックドライバーがデコっているような長く透明なシフトレバーが突き出て、ハンドルがやけにデカい。小型の冷蔵庫と掃除機、コロコロが積んであり、さらに驚いた。

丸野(以下、丸)「あのう、ここに宿泊したりするんですか?

西谷氏「ああ、あるよ。遠征が定期的にあるからね。そういうことも。後ろの席が全部畳敷きになっているから、布団もあって寝られるねん

後ろを振り返れば、畳敷きの荷台。確かに複数の人間が寝そべることができると思う。

丸「遠征って、どんな遠征なんですか?

西谷氏「北方領土返還闘争とか、全教粉砕闘争運動とか。南は沖縄、北は北海道までやね

丸「今日はどちらへ?」

西谷氏「京都市役所前で、日教組がバザーやらチラシ配っているから、それを糾弾しにね

話を聞けば、天皇誕生日や建国記念日などの祝日には、共産党系の団体がデモやパレードを行い、国家転覆を狙っているという。へぇ、そうなのか……本当のところはわからないが、そういう認識で彼らは活動しているそうだ。

子供連れで乗ってくる構成員も

これから支部長さんが乗り込んでくるということで緊張をしていると、和やかな笑顔の50がらみの作業服の男性が子連れで乗ってきた。な、なんで?

西谷氏「支部長のお孫さんでね。よく街宣に参加してくるよ。偏った学校教育なんかに毒されているよりは、街宣で全国を回った方がいいということでね」

紹介された支部長さんは、唐田氏(仮名/58歳)。お孫さんの女の子は、小学一年生で学校では先生の一言一句に反発するという。

唐田氏「もう35年になりますかね、やりはじめて。『T支部』の構成員は大体6人~10人前後。まぁ、政治家と違って右翼っていうのは、経費ばっかりかかって金が儲からないからですね。構成員が離脱することも多いんですよ。最近では、乗り手が少ないからバイト募集を行っている団体もあります

丸「アルバイト構成員ですか……。確かに、唐田さんが言われるとおり、右翼側の政党ってないですね。昔、週刊誌で読みましたが、新右翼の野村秋介さんが横山やすしさんたちと『風の会』という政党を作ろうと出馬してましたよね

唐田氏「そうそう。よく勉強していますね。取材を申し入れられたときには、共産党系の新聞かデコスケ(親指と人差し指で丸をつくってオデコに当てる※警察の意味)と思ってたんですが……。右翼は、共産党とはまったく違うほど組織力が弱いんです。国会議員が組織内にひとりいるだけで、全然違うんですが……。それなら、この街宣車も減るだろうし、国会の答弁で伝えたいことを伝えられるわけですからね。昔は、財閥がついていたり、総会屋でしのいでいたので景気もよかったんですが、今はまったく違います」

丸「なるほど」

唐田氏「でも、我々の先祖が守ってくれたこの日本のために、ウチの孫のような子供たちにキチンとした歴史を教えていかないとイカンと考えているわけです

街宣中は常に警察が貼りついている

まず向かったのは、憲法9条改憲禁止のデモ活動を行っている京都市役所前、そして京都府警本部の近隣にある共産党京都府委員会の事務所。朝日新聞京都支社、他にも意に反する記事を書いたときには、京都新聞本社前を訪れることもあるという。

前々から気になっていたのだが、1台のセダンが後方や並走でついてきているような感じがした。

丸「あのう、西谷さん後ろの車……

西谷氏「あ、気づいた? 軍歌のみ流して走行している街宣車ってのは、相手にされてない。止めた途端にすぐ駐車違反で捕まってまうわけ。オレらは、もう何か問題を起こさないように、警察官の乗り込んだ覆面パトカーが貼りついてる。これが本物の右翼いうもんや。とりあえず街宣で話している内容をチェックして、本部と公安に報告すのがあいつらの仕事やから……。駐車違反やら信号無視くらいやっても、調査対象やから、絶対に捕まえないわけ。オレらに関しては(笑)

唐田氏「共産党ってのは、警察を“敵”とみなすわけですね。でも、警察などの国家権力はなぜか右翼を敵とみなす。お互いに国家を守るために活動しているのにね

唐田氏の言葉を聞き、確かに不思議に思った。

街宣車の改造は知り合いのカーディーラーを通して

丸「すいません。僕、ずっと気になっていることがあるんですが……。この車の改造ってどこでやってるんですか?

西谷氏「知り合いの街宣車を下ろすカーディーラーがいて、そこで中古車を買ってるのよ。意外に右翼っていうのは彼らにとって上客やねんね。一団体につき、編成を組むために一気に数台の車を買ってもらえるわけやからね。先導者なんかは高級車やったりするから、もみ手で迎えてくれる。それで、そのカーディーラーの息のかかった整備工場に回せば、畳は自分たちで敷くとしても、塗装や内装、スピーカー、無線機、演説台なんかの設置で、まぁ儲かるわ。現実的に、ポンと現金を支払ってもらえる客なんて、なかなかおらんし」

丸「なるほど……」

『君が代』や『同期の桜』などを大音量で流しながらかけながら、共産党を支持している高齢者がデモ行進をしている四条河原町をひた走る。

【朕 惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ……】

デモのシュプレヒコールにかぶせるように、拡声器で教育勅語。とてもじゃないが、僕自身はこの地道でまっすぐな活動に参加する根性と気概は持ち合わせていない。

(C)写真AC

(執筆者: 丸野裕行)

access_time create folder政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧