ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“大人のため”の変身ベルトで『仮面ライダーW』に身も心も変身してみた

CSMダブルドライバー

「さぁ、お前の罪を数えろ」

平成仮面ライダーシリーズ第11弾の『仮面ライダーW』は2009年9月から2010年8月まで放映され、大好評を博した。
放送終了から2年が過ぎたが、まだ覚えているファンも多いだろう。

当時はその人気ゆえ、変身ベルト『ダブルドライバー』の品薄状態が続いていたことも記憶に新しい。

思えばその前のシリーズである『仮面ライダーディケイド』、そして『仮面ライダーW』の後の『仮面ライダーオーズ』、『仮面ライダーフォーゼ』と思い返すに、「変身ベルト」人気はすでに始まっていたのだ。

※「実に興味深い」35枚すべての写真が表示されていない場合にはこちらをクリック

CSMダブルドライバー 外観

さて、今回レビュー用に特別に貸し出しを受けたのは『COMPLETE SELECTION MODIFICATION DOUBLEDRIVER(コンプリート セレクション モディフィケイション ダブルドライバー)』だ。

現在もおもちゃ屋で販売されている『SUPER BEST 変身ベルト DXダブルドライバー』が当時の“子供向け変身ベルト”の復刻版だとすれば、『COMPLETE SELECTION MODIFICATION DOUBLEDRIVER』(以下CSM DOUBLEDRIVER)は、「大人が装着できる変身ベルト」なのだ。

CSMダブルドライバー ガイアメモリ(inケース)

『SUPER BEST 変身ベルト DXダブルドライバー』が定価6825円(税込)に対し、『CSM DOUBLEDRIVER』は10500円(税込)という大人の価格。さらに店舗販売では無く「プレミアムバンダイ」での予約販売のみという“特別版”だ。

一体どの点が違うのか、当時の『DXダブルドライバー』と比較しながら紹介してみたい。

随所にみられるこだわり

まず、パッと見で大きく違うのはベルト部分だろう。作中の造形により近い質感とサイズに変更されている。

CSMダブルドライバー

『DXダブルドライバー』はその特性上、ベルト部分は灰色の樹脂素材の成形色のままであるが、『CSM DOUBLEDRIVER』は幅が太目に変更され、見た目もメタリックに仕上げられている。

CSMダブルドライバー ベルト部分 DX版ベルト

裏側には本革(リアルレザー)を用いて、強度と装着性が格段に上がっている。

裏側の本革

気になる装着可能サイズは約70cmから約100cmまで。編集部一の巨漢である周二郎探検隊のわがままボディ(推定腹回り120cm)には適さなかったものの、常識的なサイズの人にはマッチするように作られている。
連結部のアタッチメントパーツも着脱が容易な部品に変更されている。

着脱アタッチメント

ちなみに『DXダブルドライバー』でも、別売りの「延長ベルト」(プレミアムバンダイで税込み・送料手数料別1050円)を装着することで、成人男性の腰回りに対応させることが可能だった。

ベルト比較

しかし、延長させることなく装着できる『CSM DOUBLEDRIVER』は、やはり見た目も自然だ。ライダー世界への没入感が一味違うと言えるだろう。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy