アメリカのTwitterモーメントで取り上げられた「#地味ハロウィン」

access_time create folder生活・趣味

新型コロナウイルスの影響による外出控えや、欧州各国で再度ロックダウンが実施されたこともあり、割とスルーされた感の強い今年のハロウィン。

そんな中、アメリカのTwitterモーメントで取り上げられていたのが、日本語のハッシュタグ「#地味ハロウィン」です。

パーカー(Parker)という名義で活動する、日本語が「少しわかる」イラストレーターが、「#地味ハロウィン」のタグがついた日本語ツイートを英語で紹介し、注目を集めたようです。


https://twitter.com/TAGASAING/status/1322410354161246215

「日常の中の普通の人々に扮する“#地味ハロウィン”なるハロウィンイベントは、いまだに行われています」


https://twitter.com/TAGASAING/status/1322417094080700416


https://twitter.com/TAGASAING/status/1322421598998073344


https://twitter.com/TAGASAING/status/1322429772568252416


https://twitter.com/TAGASAING/status/1322428262337769474

Twitterには以下のような反応が見受けられました。

・シェアしてくれてありがとう
・これだよ、これ
・今年もやってるんだ
・おもろ
・パンデミックの最中なのに愚かすぎる
・いいスレッドだ
・英訳ありがとう
・なんだかね
・意味わかんない仮装が多い
・日本は色んな意味で先に行き過ぎてるからな
・台湾でも同じようなことしてるよね
・アメリカのハロウィンより断然クリエイティブ
・文化の盗用
・隣の大国と違って創造的で発明的
・ハロウィンを理解していない

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/TAGASAING/status/1322414677716996096

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧