ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

再稼働賛成派に聞きたいこと

再稼働賛成派に聞きたいこと

今回はkamiyakenkyujoさんのブログ『紙屋研究所』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、https://getnews.jp/archives/277998をごらんください。

再稼働賛成派に聞きたいこと

安全基準が厳しくなって、それで原発が止まったら仕方ないと思うの?

福島で原発事故が起きたので、安全規制が厳しくなることが予想されるよね。

その厳しくなった規制で、いまある原発がハネられたら、「経済のために原発を再稼働させるべきだ」という人は、「ルールにあわないんだったら、しゃあねーなー」と思うんだろうか。それとも、「カネがあってこそだろ。そんな厳しい規制は、ゆるめるべきだ」と主張するんだろうか。つまり法令に従うのか、法令をまげてしまうのか。

そんな法令などつくられない、とタカをくくっているんだろうか。

原発をつくったときにOKとかNGとかをだす、「審査指針」ってのがある。

法令上の強制性がないらしいんだけど、もともと原発の建設っていうのは、「国策」といわれるように、政治的・政策的判断なわけだよね。政治の側が「いいよ」って言えば電力会社は原発をつくれたし、「だめ」っていえば、止まってきた。実際には「いいよ」としか言わなかったわけだけど。

んで、いま原子力規制委員会って新組織がたちあがって、この見直しをやっている。

タテマエとしては、「福島の事故くらいものは想定して、それにも耐えられる原発の基準にする」っていうわけだ。

でも、福島の事故が原子炉にどんな影響を与えたのかは、よくわかってないんだよね。放射線量が高すぎて近づけないから。地震で炉や配管がダメになったんじゃないのか、っていう疑問には、各種の調査委員会は「たぶんよかったと思うんだけど、よくわかんないよね」という結論を出している。「だから今後ももっと調査した方がいいね」というふうに言っている調査委員会もある。

それを、「よくわかってないから、わかるまで基準づくりはできない」と受け取るのか、「問題があったという結論は出てないよね。じゃあ、まあだいたい今の耐震性でいいってことで、ここはひとつ」と受け取るのかで大きな違いが出てくる。ヌルヌルと逃げていける穴が小さく空いているのである。事故を起こした炉の中は「よくわかっていない」ことを幸いに。だから、けっこうな年月「わかっていない」ままになる。

福島の原発事故で「よくわかってしまっている」こと

ところが、「よくわかってしまっている」こともある。

炉の外のことはかなりわかってしまっている。

敷地との境界。この放射線量がどれくらいだったのか、なんていうことは、わかっちゃってるんだ。

その、福島の事故について「よくわかってしまっている」ことが、審査指針とぶち当たってしまう場合はどうなるのか。

この点で、11月7日の衆院経済産業委員会での共産党・吉井英勝の質問は、おそろしく鋭かった

原発で事故がおきたとき、原発は「放射線量が高くなって操作できなくなる」なんてことがあってはいけないことになっている。そうなると、東電の「撤退」の話みたくなってしまい、原子炉をだれもコントロールする人がいなくなり、原子炉がどんどん大変なことになって、炉が破裂するような最悪の自体になっちゃうからだ。まあ、もちろん、作業している人たちの健康を考えているわけだけどね。

だから、事故が起きたときでも原発の敷地内の放射線量が一定レベル以下に収まるように設計しないといけないのである。

これが国際放射線防護委員会(ICRP)で決まっていて、累積で100ミリシーベルト。日本ではこれは250ミリシーベルトまでゆるめてある。

これまでの審査指針っていうのは、「事故なんか起きるわけねーだろwwww」っていう思想でつくられているので、この基準をクリアしていた。

「発電用軽水型原子炉施設の安全評価に関する審査指針について」 1990年08月30日 『文部科学省』
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/t19900830003/t19900830003.html

ところが、福島の事故が起きてしまったので、「福島のような事故は起こりうる」という思想で考え直すことが最低限求められることになる。

そうなると、どうなるのか。

福島の事故では、原発の敷地と外の境目の線量が、100ミリシーベルトどころか、1年で956ミリシーベルトになってしまっていたのである。では100ミリシーベルにまで落ちる地点はどこかと見ていくと、なんと原発から10キロメートルも離れたところでもまだダメなのである。10キロ離れていても、1週間で100ミリシーベルトをこえている。

原発の敷地を30キロメートルくらいまで広げるしかない……。

「既存原発すべて不適合/放射性物質拡散予測 吉井議員が追及/衆院経産委」 2012年11月8日 『しんぶん赤旗』
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-11-08/2012110802_03_0.html

さて、じゃあ、福島クラスの事故が起きるとして、この基準で日本にある原発を見直すと一体どうなってしまうのか。

実は、日本にある既存原発がすべて「不適合」になってしまうのである。

これは、いかにも共産党らしい、理屈に満ちた追及の仕方で、質問された方は、逃れようがなかった。「一般論としてはご指摘のとおり」「大変納得できる質問」と言わざるを得なかったのである。原子力規制委員会の田中委員長は「バックフィット規定も含めまして今検討させていただいています」、つまり、いまある原発に対して、さかのぼって新ルールではかってみる、と答弁した。さらに、「基準を満たすように、満たさないものは動かさない、動かせないという判断をしていくことになろうかと思っております」と答えさせている。

まさに「詰み」になった追及型の質問で、これくらい鮮やかに詰んでいる質問というのは、なかなか無い。もったいないので、該当部分を議事録から全部紹介したい(冗長と思う人は、以下の議事録を飛ばしてもらっても構わない)。

○吉井委員
日本共産党の吉井英勝です。

原子力規制委員会は、十月二十四日に、全国十六サイトの原発で重大事故が発生したときの放射性物質拡散予測結果を公表しました。既にお話がありましたように、何度かの訂正も行われましたが、要するに放射性物質の拡散予測というのを出されたので、私も読ませていただきました。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき