いつでもどこでもiPhoneを充電できるバンド「KNECT」でバッテリー不足を解消!

access_time create folderデジタル・IT
ここぞというときにスマホのバッテリーがピンチになって焦った、というシーンは珍しいものではないだろう。

そんなiPhoneユーザー向けに開発されたのが、「KNECT」。手首にはめるウェアラブルバンド型のモバイルバッテリーだ。コネクタも内蔵しているので必要なときにすぐにiPhoneに差し込んで充電できる。

容量2000mAh

リング状のKNECTは1箇所切れ目が入っていて、引っ張ると外れてLightningコネクタが現れる。そして手首から取り外し、コネクタをiPhoneにつなげれば充電できる。

KNECTの容量は2000mAh。フル充電はできなくても、急ぎのコールをしたりメールを送ったりと、急場をしのぐにはまず十分だろう。手首につけるのでさほど邪魔にならず、意識せずにバックアップを持ち歩ける。

頻繁に利用するのはおそらくiPhoneだろうが、実際にはLightningを採用しているAirPodsやiPadでも使える。

ビデオ視聴時のスタンドにも

また、KNECTはiPhoneにつなげて充電する際、iPhoneを横向きにしてテーブルに置くとスタンドになる。なので充電にかかわらず、ビデオ視聴のときにも役立つ。

KNECTはマットブラック、マットシルバー、ポリッシュドゴールド、ポリッシュドローズゴールド、ポリッシュドシルバーの5色が用意されている。男女問わずビジネスシーンからパーティーまで幅広いたシーンで活用できそうだ。サイズはS、M、Lの3種。

KNECTは現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中。記事執筆時点の出資額は30ドル(約3200円)〜となっている。あと1カ月ほど出資を受け付け、目標額を達成すれば来年4月に発送される見込みだ。

KNECT/Indiegogo

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧