「食事中いちばんやってはいけないことは……」 マナー講師を妻にもつ森泉岳土さんのツイートに共感の声

access_time create folder生活・趣味

食事中にもっともやってはいけない、ある行為がTwitter上で話題になっている。

この話題を提起したのは、最新刊『爪のようなもの・最後のフェリー その他の短篇』を発売中の漫画家、森泉岳土(@moriizumii)さん。森泉さんの奥さまはテーブルマナーの先生をしているそうだが、食事中にもっともやってはいけないことは「それマナー違反ですよって指摘すること」だと教えているという。

https://twitter.com/moriizumii/status/1311512899802677248

僕の妻はテーブルマナーの先生もしているんだけど、食事中いちばんやってはいけないことは「それマナー違反ですよって指摘すること」だと教えています。

食事……特に会食は人と人が楽しく時間を過ごすために設けるもの。たしかにそんな席でマナーを指摘されることほどその人にとって不愉快なことはない。

森泉さんの奥さまは故・大林宣彦監督のご長女で、映画、食などの文化に造詣の深い大林千茱萸さん。千茱萸さんが生徒に伝えているというこの教えは、近年SNSを騒がす安易な「珍マナー」とは正反対の、物事の本質をついた真のマナーだと言えるだろう。森泉さんのツイートに対し、Twitter上では大きな反響が起こっている。

「確かに食事中に指摘をされた人は、その後の食事が楽しく感じられないかもしれませんね。優しい世界」
  
「確かにそうですね。
昔、エリザベス女王と会食した、某国の要人が、フィンガーボールの使い方が分らず、中の水を飲み干したとか。
それを見た女王は同じ事をなさったそうです。
会食は楽しい雰囲気で美味しく頂くのが1番。」
  
「そもそも、マナー『違反』ってのがオカシイと私は思っております。
ルールにはしっかりと『違反』行為があるけれども…」
  
「いわゆる『失礼クリエイター』とは真逆の素敵な方」
  
「アントン・チェーホフの『マナーというものは、ソースをテーブルクロスにこぼさないことではなく、誰か別の人がこぼしたとしても気にもとめない、というところにある』っての思い出しました」

ややもすると形骸化してしまうマナーやルールだが、本来それらは人間の心と生活を豊かにするために生まれたもの。森泉さんのツイートは、多くの人にとって、マナーについてあらためて考える良いきっかけになったようだ。

https://twitter.com/moriizumii/status/1300050254738280448

https://twitter.com/moriizumii/status/1311844139978244096

(執筆者: 中将タカノリ)

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧