『キングオブコント2020』ジャルジャルが4度目の決勝進出で悲願の初優勝!松本人志「とっくに優勝していてもおかしくない実力のあるコンビ」

access_time create folderエンタメ

9月26日に『キングオブコント2020』(TBS系)が放送され、ジャルジャルが13代目のコント王者に輝いた。

決勝のファイナルラウンド(2ndステージ)に進出したのは、ジャルジャルと空気階段、ニューヨークの3組。ジャルジャルは決勝戦の1stステージで477点とトップ通過。2ndステージは泥棒に入るジャルジャルらしいネタを披露。

採点は、バナナマン設楽統93点、日村勇紀94点、さまぁ~ず三村マサカズ90点、大竹一樹92点、ダウンタウン松本人志95点と、464点で2ndステージもトップに。1stステージの得点と合わせて合計941点で優勝となった。

設楽は「今年はお客さんの前でコントがなかなか出来なかったので調整するのが難しかったと思うんですけど、ジャルジャルはそれだけ数をやっているから、そこが最後勝った原因じゃないかなと思います」とコメント。三村は、「やっぱり1stステージの(ネタの)『誰やねん!』『なんやそれ!』をもう一回見たい! あれで優勝ですよ!」と1本目のネタを絶賛した。

そして松本は、「ジャルジャルは本当にとっくに優勝していてもおかしくない実力のあるコンビですから。最後ちょっと(コント内の)タンバリンうるさいなと思いましたけど」と言うと、ジャルジャル後藤淳平が「そういうネタなんです」とツッコミを入れた。

ジャルジャルは13回挑戦し、4回めとなる決勝進出で念願の初優勝。この結果に福徳秀介も涙し、大竹らも驚いていた。

関連記事:
どぶろっく優勝『キングオブコント2019』下ネタで審査員全員90点超えの大爆笑 三村「あのCDが欲しい!」設楽「コントに生き様が出てる」
https://getnews.jp/archives/2209452

『キングオブコント』審査員バナナマン設楽の株が爆上がり「解説が的確で素晴らしい」「この人しか信用できない」「ただひたすら設楽の評価が上がる番組 」
https://getnews.jp/archives/2210026[リンク]

access_time create folderエンタメ
ぽん

ぽん

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧