ムーランと対峙するヴィランはどう作られたのか?  ハードなトレーニング・撮影が見える特別映像解禁

access_time create folder映画

先週ディズニー公式動画配信サービス Disney+(ディズニープラス)にて独占公開となった映画『ムーラン』の特別映像が解禁となりました。

解禁されたのは、本作で主人公ムーランの住む国へ攻め込んでくる、獰猛なリーダーにして恐るべき敵、ボーリー・カーンと、そのカーンと行動を共にする魔女で、物語の鍵を握る重要なキャラクター、シェンニャンが登場するアクションシーンなどの撮影風景等を捉えた特別映像。

【動画】「ムーラン」|<特別映像>悪役の魅力|プレミアアクセスで独占公開中
https://www.youtube.com/watch?v=4Wm4tuUVK3U [リンク]

「アクション俳優人生で最も過酷なトレーニングだった」そう振り返るのは、本作でボーリー・カーン役を務めたジェイソン・スコット・リー。「ドラゴン/ブルース・リー物語」(93)で主役ブルース・リー役を演じた他、様々なアクション映画への出演を経験しているジェイソンが、“最も過酷”だったと語るように、収録されている映像では、ワイヤーを駆使した大規模なアクションシーンの撮影や、スピーディーな殺陣をこなす姿が見て取れます。

リーは、本作の撮影を振り返り次のようにもコメントをしている。「とても複雑な剣の動きがあって、あれをものにするのはハードだったよ。あの武術スタイルはとても難しいタイプだったんだけど、ジェット・リーとドニー・イェンはいかにも簡単そうにそれをやってしまうんだ!」アクションスターとして、日本でも人気のジェット・リー、ドニー・イェンとのトレーニングや撮影もとても刺激だったに違いありません。監督を務めたニキ・カーロは、本作のアクションシーンについて「別次元のアクションを目指した 立ち回りは驚異的よ」そう自信を見せています。ハードなトレーニング・撮影をこなし確立されたヴィラン、ボーリー・カーンに是非注目を。

そして、本作で重要なカギを握るシェンニャンにも注目をしたい。スタントコーディネーターのベン・クックも「魔女は妖術を使うので ワイヤーアクションを駆使してスタイルを作り上げた」と語っているように他のキャラクターにはできない、魔法の様な力を使うシェンニャンは、驚異的なパワーを持つ役どころだ。シェンニャン役を務めた、「中国で最も偉大な女優」とも言われるコン・リーは、演じる役どころに関してニキ監督と次のように語ったと話す。「ニキはこのキャラクターに、その能力や欲している事物を通して、他のどのキャラクターとも違う存在として描こうとしていたの。シェンニャンはパワフルだけれど、彼女が欲しているものは実はとてもシンプルなことなのよ。彼女は自由と自分の居場所を欲しているの」。これは、本来の自分を出せず、男性と偽って兵士になるというムーランのキャラクターともどこか似た境遇の様にとらえることが出来そうだ。ムーランとシェンニャンが本編でどんなやり取りを繰り広げるかにも注目です。

解禁となった映像では、リーとニキ監督のこんな言葉によって締めくくられる「世界観もキャラクターも壮大で人間離れしている」、「それでいて アクションはとてもリアルで生々しい 観れば必ず夢中になる」これまでのディズニー作品とはおとなる世界観やアクションへのこだわりを堪能してみてはいかがでしょうか。

“女性”であることを隠しながらも、過酷な訓練によって、驚くべき才能を開花させていくムーラン。”本当の自分“と”偽りの自分“の間で揺れる彼女だったが、共に戦うホンフイら個性豊かな仲間たちや、厳しい指導をするタン司令官。そして、ムーランと同じように”自分の居場所を求める“魔女のシェンニャンなど、様々な登場人物との出会いをきっかけに、”ムーラン自身“に少しずつ変化が訪れることに。国の命運をかけた戦いの末、彼女がみつけた”本当の自分“とは―? 映画『ムーラン』はDisney+(ディズニープラス)にて独占公開中。

(C)2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

access_time create folder映画
local_offer

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧