Snow Manラウール単独初主演で『ハニーレモンソーダ』実写映画化!ヒロインは吉川愛

access_time create folder映画

集英社「りぼん」連載中、累計発行部数400万部突破の大ヒット少女コミック『ハニーレモンソーダ』(村田真優)の待望の実写映画化、松竹配給にて2021年夏に全国公開することが決定! メインキャスト&スタッフ、そして描き下ろしイラストが解禁されました。

原作は2020年9月号の雑誌「セブンティーン」(集英社)で、“読者が選ぶ好きな少女マンガ&実写化してほしいマンガランキング1位”を獲得、全国のティーン女子の胸をキュンキュンさせている、今いちばん勢いのある大人気少女コミックです。

髪をレモン色の金髪に染め、基本的には塩対応ですが、実は誰よりも優しい“レモンソーダ男子”の主人公・三浦界(みうら・かい)を演じるのは、人気絶頂のアイドルグループSnow Manのラウールさん! 2020年1月にリリースしたデビューシングルがミリオンを達成するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのスーパーアイドルですが、今回が映画単独初主演となります。身長187cm、股下96cmという驚異のスタイルと、ダイナミックなダンスパフォーマンスから17歳の現役高校生とは思えない色気とカリスマ性を持ちながら、そのビジュアルに反した人懐っこさのギャップでファンを虜にしている彼は、まさにカリスマ性と優しさを持った界役にぴったり!

また、いじめられていた過去があり、界に出会って少しずつ積極的に変わっていくヒロイン・石森羽花(いしもり・うか)を演じるのは吉川愛さん。子役からキャリアを積み、TVドラマ『恋はつづくよどこまでも』(20/TBS)、映画『虹色デイズ』(18)、『十二人の死にたい子どもたち』(19)、『のぼる小寺さん』(20)等、様々な作品で活躍、2020年度後期のNHK連続テレビ小説『おちょやん』の出演も決定している実力派でありながら、Instagramのフォロワーも56万人を超え、憧れ女子としてティーン女子からの支持も熱い、今最注目の若手女優です。

監督には『ピーチガール』(17)、『honey』(18)など、高校生の青春ラブストーリーに定評のある神徳幸治さん。『PとJK』(17)、『私がモテてどうすんだ』(20)を手掛ける脚本家の吉川菜美さんとの強力タッグで、胸キュンだけにとどまらない、青春の甘酸っぱさや葛藤も感じられる、さわやかな作品を仕掛けていきます。

<君のためにもっと変わりたい><あなたのために、もっと知らない自分に出会いたい>――金髪イケメン男子と内気なマジメ女子、正反対の男女二人が巻き起こす、大切にしたいことがたくさん詰まったストーリー。恋のドキドキや青春真っただ中の弾ける気持ちがあふれ出し、なんてことない毎日が輝き始める! 一瞬一瞬がかけがえのない瞬間であることを教えてくれる作品です。

キャスト・監督コメント/プロフィール

■ラウール/ 三浦 界(みうら・かい)役
はじめに出演のお話を聞いたときは、とにかくびっくりしました!
すごく嬉しい反面、こんなに女の子をドキドキさせる役を僕が演じられるのかという心配がありましたが、原作を読ませていただき、界くんの人物を知り、すごく撮影が楽しみになりました。
今回初めて少女マンガを読んだのですが、なぜか僕も界くんにキュンキュンしてしまうくらい(笑)、すごく大好きな作品になりました。
ハッピーな気持ちになり、トキメキも与えてくれる素晴らしいマンガなので、界くんを演じられる嬉しさを感じながら、僕なりに全力で頑張ります。楽しみにしていてください!

<プロフィール>
2003年6月27日生まれ、東京都出身。2020年1月に「Snow Man」としてCDデビュー。俳優としての主な出演作にTVドラマ「簡単なお仕事です。に応募してみた」(19/NTV)、「決してマネしないでください。」(19/NHK)、公開待機作に映画『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』(20)がある。本作で映画単独初主演。

■吉川 愛/ 石森 羽花(いしもり・うか)役
「ハニーレモンソーダ」は、親友から薦めてもらった事をきっかけに以前から読ませて頂いていました。
その時は、まさか私が羽花ちゃんを演じさせてもらえるとは思ってもいませんでした。
羽花ちゃんは大好きなキャラクターです。
普段の私とは正反対な羽花ちゃんですが、私なりに一生懸命演じたいと思います!
台本を読んで今から撮影がとても楽しみです!
早く皆さんに観て頂けるように、これから撮影を頑張りたいと思います。

<プロフィール>
1999年10月28日生まれ、東京都出身。主な出演作はTVドラマ「初めて恋をした日に読む話」(19/TBS)、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(19/NHK)、「恋はつづくよどこまでも」(20/TBS)、映画『虹色デイズ』(18)、『十二人の死にたい子どもたち』(19)、『のぼる小寺さん』(20)など。2020年度後期NHK連続テレビ小説『おちょやん』への出演も決定している。

■監督:神徳幸治
原作を読ませていただき、思春期の恋や友情の葛藤や喜びが描かれていて、尚且つ半端ないキュンキュンが詰まった作品だなと感じました。
17歳にして圧倒的な存在感(何ですか、このオーラは!)のラウールさんと、繊細で愛おしい吉川さん(何ですか、この可愛らしさは!)と共に、撮影を楽しみ、時には苦しみ、小さな喜びを皆で笑い、スタッフ、キャスト全員で暑い、熱い夏にしたいと思います。
そして不安な日々が続く中、この作品が観ていただく皆様に少しでも前向きな気持ちになってもらえるよう精一杯頑張ります!
もちろんキュンキュンもがっつりあるのでそちらも楽しみにしてください!

<プロフィール>
1974年生まれ、大阪府出身。04年TVドラマ「加藤家へいらっしゃい!~名古屋嬢っ~」(NBN)で初演出。「警部補 矢部謙三」(10/EX)、「MARS~ただ、君を愛してる~」(16/NTV)、「特命指揮官 郷間彩香」(16/CX)などTVドラマの演出を多数手がけ、「ピーチガール」(17)で長編映画初監督。近年の映画作品に「honey」(18)、「さかな」(18)がある。

■原作:村田真優
実写化とてもとても嬉しいです。
関わってくださる全ての方々に感謝いたします。
ラウールさんと吉川さんに演じていただけるなんて、贅沢すぎて恐縮です。
お2人ならば最高の映画になること間違いなしです。
オリジナルの要素が加わった脚本も早く映像になった所が見たいと思うシーンばかりで、素敵に彩られたハニーレモンソーダが今から楽しみでなりません。

<プロフィール>
2005年、『君の瞳に』で「りぼん漫画スクール2005」10月号準りぼん賞を受賞。同作が「りぼんオリジナル」12月号に掲載されデビュー。2006年『ドクロ×ハート』で「りぼん」本誌に初登場。その他の連載作品に『流れ星レンズ』『またあした』がある。

普通の学校生活を送ることもままならない世の中だからこそ、恋や友情にとことん向き合い、全力で相手にぶつかり、自分に正直にポジティブに生きる主人公たちの姿に、「こんな恋がしたい!」「こんな青春を送ってみたい!」と大きな感動と共感を呼ぶこと間違いなし! 2021年、あなたにも一歩踏み出す勇気を与えてくれる、共感度100%のさわやか青春ラブストーリーが誕生します。

【STORY】
髪はレモン、性格はソーダな男の子。あなたに出会い、世界が変わる
本当の私が、羽ばたきはじめる――
中学時代「石」と呼ばれていじめられていた自分を変えるため、自由な高校に入学した石森羽花(吉川愛)。
そこで出会ったのはレモン色の髪をした三浦界(ラウール)。実は彼こそが、その高校を選んだ理由だった。
みんなの人気者で、自由奔放で、何を考えているかわからない塩対応の界だが、なぜか自らを「石森係」と呼び、世話を焼いてくれるという不思議な関係に。そんな界にどんどん惹かれていく羽花。
そして、界もまた羽花のひたむきさに、初めての感情が芽生えていた。二人の距離はどんどん縮まっていくが、実は界には誰も知らない秘密があり…。
恋や友情に悩みながらも少しずつ変わっていく界、羽花、そして大切な友人たちの青春が羽ばたきはじめる!

【作品概要】
■タイトル: 『ハニーレモンソーダ』
■原 作: 「ハニーレモンソーダ」村田真優(集英社「りぼん」連載)
2016年2月~連載開始/既刊14巻(連載中)

■主 演: ラウール(Snow Man)
■出 演: 吉川愛 他
■監 督: 神徳幸治
■脚 本: 吉川菜美
■企画・配給: 松竹株式会社
■制作:オフィスクレッシェンド
■撮影スケジュール: 2020年9月上旬クランクイン / 9月下旬クランクアップ予定
都内近郊での撮影予定
■公 開: 2021年夏全国公開
(c) 2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (c)村田真優/集英社

関連記事:
アニオタSnow Man佐久間大介『ブラッククローバー』で声優初挑戦!本人モデルのオリジナルキャラ“マクサ・ノース”に
https://otajo.jp/90472

access_time create folder映画

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧