『ミュージカル封神演義』第2弾キャスト・メインビジュアル・あらすじ一挙解禁!趙公明役に平野良

access_time create folderエンタメ

シリーズ第2弾となる、『ミュージカル封神演義‐開戦の前奏曲(プレリュード)-』の出演キャスト、メインビジュアル、チケット情報、あらすじが一挙解禁!

原作の『封神演義』は、中国に伝わる怪奇小説を安能務氏が翻訳し、安能氏の小説を原作に藤崎竜氏によって「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された人気漫画で、累計発行部数2200万部を超える人気シリーズとして知られています。

第1弾では古代中国ー殷の王朝時代。仙人界から「封神計画」を命じられた主人公の太公望が、哪吒や楊戩、黄飛虎といった仲間たちと出会いながら、西岐を目指すまでが描かれました。第2弾となる本作では、「周」の軍師となった太公望が仲間たちと打倒・妲己(殷)を掲げ、進みはじめるシーンから始まります。しかし、太公望の前には妲己や「殷」の太師である聞仲と揃って金鰲三強とうたわれた趙公明が新たな強敵として立ちはだかります。次々と迫る命を懸けた闘い、太公望に課せられた封神計画の行方が描かれます。

キャストは、第1弾に引き続き、太公望役に橋本祥平さん、楊戩役に安里勇哉さん、哪吒役に輝山立さん、武吉役に宮本弘佑さん、太乙真人役に荒木健太朗さん、四不象(操演)役に吉原秀幸さん、妲己役に石田安奈さん、申公豹役に大平峻也さん、聞仲役に畠中洋さんが出演。また、黄天化役の太田将熙さん、黄飛虎役の宮川智之さんが新キャストとして登場します。

新キャラクターとしては、趙公明役に平野良さん、殷郊役に長江崚行さん、殷洪役に田口司さん、姫発役に松井健太さんが登場し、新たな風を巻き起こします!

脚本は、舞台「嫌われ松子の一生」や舞台「プリンス・オブ・ストライド」などの脚本を手掛ける葛木英さんが務め、演出は前作に引き続き、舞台「文豪とアルケミスト」やミュージカル「王室教師ハイネ」、ミュージカル「スタミュ」などを手がける吉谷光太郎さんが務めます。更に深みを増す「封神演義」の世界、ミュージカルならではの鮮やかな世界観と息をのむ大迫力の闘いにご注目ください。

今回の公演は、2020年10月23日(金)~11月2日(月)東京・品川プリンスホテル ステラボール、11月6日(金)~8日(日)大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WW ホールにて全19公演を上演。チケットは、本日9月11日(金)19時よりオフィシャル最速先行の受付をスタートします。

脚本・葛木英さん、演出・吉谷光太郎さん、橋本祥平さん、安里勇哉さん、大平峻也さん、平野良さん、畠中洋さんよりコメントも到着しました。

コメント

・脚本・葛木英
舞台の魅力は人の持つ可能性を広げてくれることだと思っています。第一弾の舞台を拝見して、なんて迫力があって、舞台愛の詰まったエンターテインメントなんだろうと感じました。今作でも太公望の風は、心の中の嫌な事全部吹き飛ばしてくれると信じています。あと、普段はこういうことを言わないようにしているのですが…早く趙公明様に会いたいです。

・演出・吉谷光太郎
壮大でファンタジックに描かれた物語の舞台を前回に引き続き演出させて頂きます。
めくるめく幻想物語を悠久の音楽に乗せ、まるで漫画や書物のページをめくるように展開させます。そしてまるで宝貝(パオペエ)を使用したかのような演出を致します。
原作から時を経て「今」という時、生で表現する意味をお見せしたいと思います。
どうぞ有限な舞台空間の無限の可能性をお楽しみください。

・太公望(たいこうぼう)役・橋本祥平
初演から約1年半が経ち、新たな物語を歩ませて頂く事となりました。共に魂を削り作品を作ってきた仲間、そして新たな仲間と今度はどんな旅が待っているのか…想像するだけでワクワクが止まりません。
たくさんの方が封神演義と青春を共にしたと思います。もう一度皆様の青春を背負わせて頂き、更にたくさんの方に魅力をお届け出来る様に作品と真剣に向き合いたいと思います。劇場でお待ちしております。

・楊戩(ようぜん)役・安里勇哉
また楊戩を演じられること、「ミュージカル封神演義」の世界に帰って来られたことを嬉しく思います。
-目覚めの刻-を経て今回はどんなことが巻き起こるのか。僕自身とても楽しみです。
太公望師叔を演じる祥平に引っ張ってもらいながら、時に支えて、みんなで旅を楽しみながら最高の作品を観てくださる皆さんに届けます。どうぞ楽しみにしててください。よろしくお願いします。

・申公豹(しんこうひょう)役・大平峻也
「ミュージカル封神演義」第二弾!!
という事で、引き続き「申公豹」を演じさせていただける事を心から光栄に思います。
初演を共に作り上げてきた仲間と、そして新たにここで出会う仲間と共に、また楽しみながらこの作品と向き合っていきたいと思っております。
皆さま!! 僕演じる申公豹と共に「ミュージカル封神演義」が織りなす物語を共に傍観し、共に楽しんで頂けたらと思います。

・趙公明(ちょうこうめい)役・平野良
何を隠そう、封神演義、と言いますか藤崎竜先生の大ファンです。
幼い頃からフジリューワールドに魅せられ、短編含め何度読み返したか分かりません。
封神演義は外伝に至るまでしゃぶり尽くしています。
一風変わっていてギャグ要員、強敵でもあり圧倒的な存在感を放つ趙公明を演じる事ができ、夢のようです。
芝居は勿論、歌も戦いも、華やかに賑やかに麗しく、作品に彩りを加えられるよう頑張ります。

・聞仲(ぶんちゅう)役・畠中洋
最年長として再び参加させていただきます!前回の聞仲も相当弾けましたが、今回もフルパワーで暴れます! 大事なことなので二度申し上げますが最年長です(笑)。若い皆さんに必死についていきつつ、封神演義の世界を楽しみたいと思っています!
エンタメ界も少しずつ動き出しましたがまだまだ油断はできません。どうか皆様もお気をつけてお過ごしください! 劇場でお待ちしております!

【あらすじ】
古代中国ー殷の王朝時代。第30代皇帝・紂王は仙女の妲己を皇后に迎えて以来、国は乱れに乱れていた。
それを見かねた崑崙山の教主・元始天尊は、悪の仙道を神界に封じ込め、革命による新たな王朝を作る計画「封神計画」を弟子である道士・太公望に命ずる。
元々怠け者であった太公望だが旅をするなかで苦しむ民の姿に直面する。
天才道士の楊戩や哪吒、天化ら力強い仲間と共に少しずつ仙道のいない平和な世を実現させようと
「封神計画」を実行していくのだった…。
太公望の活躍により、やがて世界は大きく動き始めた。
殷を恐れ、争いを避けていた国々が殷へ反旗を翻しはじめたのだ。
また西岐も国名を「周」とし、独立することを決める。
太公望は周の軍師となり、打倒・妲己(殷)を掲げるのであった。
しかし、妲己側は新たな策で太公望を追い詰めようとする…。
新たに太公望に差し向けられたのは妲己や「殷」の太師である聞仲と揃って金鰲三強とうたわれた趙公明だったーーーー。

「ミュージカル封神演義-開戦の前奏曲(プレリュード)-」公演概要

【公演日程】
東京:2020年10月23(金)~11月2日(月)(全15回)品川プリンスホテル ステラボール
大阪:2020 年 11 月 6 日(金)~8 日(日)(全4回)COOL JAPAN PARK OSAKA WW ホール

【料金】13,500円(税込・全席指定)
全チケット特典付(「オールキャスト集合!封神会議」限定配信シリアルコード配付&メモリアルポストカード)
※未就学児入場不可。 ※営利目的の転売禁止
※特典は、劇場来場時に配布致します。それ以外の配布方法はございません。予めご了承下さい。
※感染対策の一環として、前後左右1席空けた座席配置を予定しております。
※感染対策の一環として、プレイガイド等からお客様のお名前及びご連絡先を提供いただく場合がございます。
※公演中止以外の払い戻しはいたしません。
※会場での感染予防対策の詳細は、随時公演公式サイトにてご案内いたしますので、ご確認ください。
【チケット発売】オフィシャル最速先行:2020年9月11日(金)19:00~9月16日(水) 23:59
URL:https://eplus.jp/he2-official/[リンク]

【出演】
太公望:橋本祥平、楊戩:安里勇哉、哪吒:輝山立、黄天化:太田将熙、武吉:宮本弘佑
黄飛虎:宮川智之、太乙真人:荒木健太朗、四不象(操演):吉原秀幸
妲己:石田安奈、殷郊:長江崚行、殷洪:田口司、姫発:松井健太
申公豹:大平峻也/趙公明:平野良/聞仲:畠中洋
アンサンブル:佐藤優次、山﨑翔太、浅川文也、千大佑、平澤佑樹、安久真修、熊田愛里、若松春奈

【スタッフ】脚本:葛木英、演出:吉谷光太郎、音楽:tak、音楽監督・歌唱指導:水野里香、振付:MAMORU、
アクション監督:奥住英明(T.P.O. office)、美術:松本わかこ、照明:吉川ひろ子、音響:山本浩一、
衣裳:新朋子(COMO Inc. )、ヘアメイク:西村裕司(earch)、演出助手:國重直也、舞台監督:松下清永、
宣伝美術 : DAIGO、宣伝写真: 岩崎真平
主催:「ミュージカル封神演義‐開戦の前奏曲‐」製作委員会
【公式ホームページ 】
https://musical-houshin-engi.com[リンク]
(C)安能務・藤崎竜/集英社
(C)「ミュージカル封神演義‐開戦の前奏曲‐」製作委員会

関連記事:
『封神演義』がミュージカル化!脚本・丸尾丸一郎×演出・吉谷光太郎 太公望は橋本祥平
https://otajo.jp/74586

access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧