MITのセキュリティ・インシデント共有プラットフォーム! 秘匿計算で企業をセキュアに

access_time create folderデジタル・IT

大企業のセキュリティ侵害が後を絶たない理由の1つに、被害の詳細が共有されないことがある。サイバー攻撃を許したとなれば、企業のイメージが傷つくうえに、機密データに触れずに攻撃の手口詳細を共有するのはむつかしい。

これを秘匿計算技術で解決すべく、MITのComputer Scienceand ArtificialIntelligence Laboratory(CSAIL)の研究チームが立ち上がった。

機密データに触れることなくセキュリティ・リスクを定量化

研究チームが開発のプラットフォーム「SCRAM(Secure CyberRisk Aggregationand Measurement)」では、機密データに触れることなく企業のセキュリティ・リスクを定量化することを目指す。

SCRAMでは、攻撃に関わるデータを使用してセキュリティ・リスクを定量的に測定。企業の施すセキュリティ対策の安全性はどの程度か、コストは最適か、優先順位が正しいかなどを評価する。

その際、マルチパーティコンピューティング(MPC)と呼ばれる手法により、データを読み取ったりロックを解除したりせずにデータを分析。これにより、企業は匿名性と機密性を保ったままの情報提供が可能になる。

50種類のセキュリティ・インシデントを分析

過去のセキュリティ・インシデントから学ぶことができれば、さらなる被害を防ぐことができるだろう。実際研究チームは、7つの大企業と契約し、50種類のセキュリティ・インシデントに関わるデータを分析した。

匿名性と機密性を保ったままの分析により、企業が最もリソースを割くべき手口3つが明らかになったという。マルウェア攻撃、ポートスキャンによる侵入および、セキュリティログ管理の失敗がそれだ。どの企業も対策は施していたにも関わらず、セキュリティ侵害を許している。SCRAMにより、さらなる対策強化方法が示される。

次のステップとして研究チームは、電力、金融、バイオテクノロジーなどさまざまな分野の代表的な企業に参加を呼び掛ける計画だ。
参照元:Helping companies prioritize their cybersecurity investments/ MIT News

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧