『事故物件 恐い間取り』原作者・松原タニシが思うこと「世間で言う良質ではないところでの人間ドラマが今回の映画であり、事故物件に関わることなのかなと」

access_time create folder映画

「事故物件」…それは殺人・自殺・火災による死亡事故等があった“いわくつき”の部屋。そんな事故物件に住み続けている1人の芸人がいる……彼の名は松原タニシ。として活動するタニシ氏の実体験による著書で、「恐すぎて部屋に 入れない」読者が続出したベストセラーノンフィクション「事故物件怪談 恐い間取り」が映画化。映画『事故物件 恐い間取り』が、 8月28日(金)より全国公開となります。

主演はKAT-TUNのメンバーとして絶大な人気を誇り、数々のドラマ・映画にも出演する亀梨和也さん。売れない芸人・山野ヤマメ役とし て、ホラー映画には本作で初出演となる。監督を務めるのは、『リング』(98)で日本映画界のホラーブームを牽引しその後も数々 のヒット作・話題作を生み出し、『スマホを落としただけなのに』(18)の大ヒットも記憶に新しいホラー映画の巨匠・中田秀夫監督です。

前回の亀梨さんとの2ショットインタビューに続き、松原タニシさんにさらにお話を伺います!

【関連記事】『事故物件 恐い間取り』主演・亀梨和也&原作・松原タニシに聞く「夜中にJr.の子たちの騒ぎ声が……」恐怖エピソードも
https://getnews.jp/archives/2696356

●前回のインタビューで「自分はオカルトどっぷりの人間ではない」と言われていたことが印象的でしたが、そうであれば映画が大ヒットすれば、ある意味で事故物件にもう住まなくてもよくなるかも知れない、などと思ったりもしているのでしょうか?

松原:いや、それは特にないですよ。今やっていることって実は楽しくてですね。それはオカルトを背負うとか、怪談芸人とか、そういうことではなくて、純粋な興味なんですよね。

●興味?

松原:はい。事故物件に住み、何が起きるのかもそうなのですが、事故物件になるまでの人間ドラマがあるんですよね。そこには悲しい話がすごく多いのですが、そうならざるを得なかった状況であるとか、自殺しなければならなかった背景、殺されてしまった悲運、誰にも看取られなかった孤独死など、いろいろとあるのですが、そういうものってけっこうみなさん目をそらしてしまうので、あまり語られないじゃないですか。

●確かにそうですね。

松原:そういうところに僕が今まで見てこなかった部分がたくさんある気がして。ヒットの延長がホームランじゃないですけれど、人の死の延長が怪奇現象なのかなと。そういう感じで興味がありますね。だから、今までもこれからも、やりたいことに変わりはないのかなという気がしています。

●映画やドラマで良質な人間ドラマを観ると感動するものですが、そういう感覚に近いのでしょうか?

松原:そうですね。それを言うと何をもって良質なのか?という話はあると思いますが、たぶん僕が興味を持っている対象は、世間一般で感じる良質ではないですよね。僕自身が売れないといけないという欲望も否定できないなか、そこには亡くなった人たちの人生もあるわけで、誰もが感動できるようなエピソードがあった上で亡くなったわけではないんですよね。そういう場所だったりする。世間で言う良質な人間ドラマがないところでの人間ドラマが今回の映画であり、事故物件に関わることなのかなと。今言われたので、改めてそう思っています。

●事故物件は家賃が安いので、芸人さんたちが住みたがることもあると聞いたのですが、その後続の後輩たちについてはどう思いますか?

松原:僕が暮らした後だからバズるから住もう、みたいなことですよね?安いから暮らすことは、それはもう致し方ないことだと思うんです。僕の場合は事故物件に住みますということで周囲の人たちに興味を持ってもらえたので、そこで集めたエピソードが人々に興味を持ってもらえたことに気づけたことはありますね。だから安いから事故物件に住まなくてはいけないという若手芸人の人たちも変な現象を溜めて、体験を溜めて、どこかで発表するということが、何かのきっかけ、チャンスにはなると思います。今からYouTube始める方も、いろいろな検証の方法があると思うので、そういうもので誰も観たことがないパターンや現象を見つければ、興味を持たれるチャンスだとは思います。

●人気ありそうですね。動画。

松原:YouTubeはかなり再生数を稼ぐんですよ。でも僕は7年間やっているのでわかるんですけど、何も起きないです基本は(笑)。1日撮ったからといって何が起きるってことでもないから、実はけっこうみなさんネタ切れになってしまうんですね。3日目、4日目と変化がないと、そこであきらめる人は多いと思います。やるなら半年、1年。何かが起こるまで、自分で探したほうがいいですね。動かないといけない。

●7年って長かったですか?

松原:最初は普通の芸人を10年間、10年目に事故物件住みます芸人になり、この7年間はすごく短かったです。僕が1年ごとに物件を変えているということもあるのですが。

●何件も検証するわけですよね。

松原:そうですね。1年ごとに検証する物件を変えていますので、7年間がすごく短く感じましたね。

●最近は何かエピソードはありましたか?

松原:いま4件借りていまして、大阪、東京、沖縄に2件。4件借りているのですが、コロナの影響で沖縄にはしばらく行けていないので、無駄に借りていることになっていますけど、そこは面白くて。僕は沖縄の土地に縁がないのですが、独特の風習があるんですよね。入ってはいけない場所がある、お墓がでかいとか、お墓があった場所にマンションを立ててはいけないとかがある。それでお墓があった場所に立っているマンションをいま借りているところなんですね。

●それは別な意味で事故物件ですね。

松原:そこではやはり、本土では味わえない風習、現象がある。お墓があった場所に立ててはいけないという理由であるとか、それは事故物件を実際に借りたことで知り得たことなんです。その面白さ、興味ですね。

●映画が公開されたことで、そういうことが広まればいいですよね。

松原:そうですね。いや僕はどっちでもいいですかね(笑)。すみません。事故物件って難しいというか、叩かれやすい題材ではあるんですよ。人の死を飯のタネにするなとか、まあまあ言われますよ。でもそれは、仕方がないことですよね。みなさんそれぞれの死に対する思い、死者に対する想いがあると思うので、広まるといいねというよりは、みなさんが避けがちな死というものに実際に近づいてみて、あ、こういうことなのかとか、あ、だからこうしてみなさんフタをするのだなとか、自分が理解したいだけなんですよね。だから世の中を変えよう、理解を得ようとはまったく思っていないので、そこもやっぱり仕方ないことなのかなと(笑)。

『事故物件 恐い間取り』
■原作: 松原タニシ「事故物件怪談 恐い間取り」(二見書房刊)
■出 演: 亀梨和也
奈緒 瀬戸康史
江口のりこ MEGUMI 真魚 瀧川英次 木下ほうか
加藤諒 坂口涼太郎 中田クルミ 団長安田 クロちゃん バービー 宇野祥平 高田純次 小手伸也 / 有野晋哉・濱口優(友情出演)
■監 督: 中田秀夫
■脚 本: ブラジリィー・アン・山田
■音 楽: fox capture plan
■企画・配給: 松竹
■公式HP: movies.shochiku.co.jp/jikobukken-movie
■公式Twitter/Instagram: @jikobukken2020
■クレジット:(C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

(執筆者: ときたたかし)

access_time create folder映画
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧