「檸檬堂」の裏メニュー「檸檬堂 うらレモン」を飲んでみた! お店じゃ買えないスペシャルな味

access_time create folderグルメ

日本コカ・コーラ初のアルコール飲料として2018年に九州限定で発売し、2019年10月からは全国で販売しているレモンサワー専門ブランド「檸檬堂」。家飲みの機会が増えたことで、手に取ってみたことがある人も多いでしょう。

そんな「檸檬堂」が“常連さん”に向けた嬉しいキャンペーンを開始しました。

5000名に“裏メニュー”が当たる

8月24日(月)からスタートしたのは、抽選で合計5000名に「檸檬堂 うらレモン」(6本セット)が当たる、「家飲みの常連さん」キャンペーン。ラベルに「うらぬ」の文字があるとおり、「檸檬堂 うらレモン」は同キャンペーンのために特別に作り上げた、お店では買えない非売品です。

11月30日(月)までの期間中に「檸檬堂」製品を購入し、キャンペーンサイトで製品のバーコードを読み取ると獲得できる “常連さんのはんこ”を5個集めることで応募が可能。まさに常連さんに向けた“裏メニュー”と言えますね。

麦焼酎ならでは味わい

「檸檬堂」といえば、丸ごとすり下ろしたレモンをあらかじめお酒でなじませる“前割りレモン製法”が特徴。その日の気分で自由に選べるように、現在は4種類がラインアップされています。

今回はキャンペーンに先がけて特別に「檸檬堂 うらレモン」を入手。同じアルコール分5%、レモン果汁10%の「檸檬堂 定番レモン」と飲み比べてみると、レモンの爽やかな酸味はそのままに、口当たりの良い甘みが感じられました。

原材料を見ると、「うらレモン」は麦焼酎を使って仕込んでいるみたいです(「定番レモン」にはスピリッツとしか表記されていません)。まろやかな旨みとレモンの酸味が絶妙に溶け合い、お酒好きもニッコリな本格派のレモンサワーでした。

日頃から「檸檬堂」を愛飲している常連さんは、このキャンペーンをお見逃しなく!

「檸檬堂」キャンペーンサイト:
https://www.lemondo.jp/campaign/jourensan/

access_time create folderグルメ
よしだたつき

よしだたつき

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧