ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コースデビューは恐くない! 初心者ゴルフ女子の為の徹底ナビ~実践編~

「ゴルフをはじめたいけど何を準備して良いか分からない」という、初心者ゴルフ女子の為に、持ち物からコース上でのマナーについて徹底ナビする企画。前回は、準備編をお届けしました。

今回は、コースでのプレーのポイントやマナーなど実践編をご紹介します。もちろん今回のナビゲート役も日本最大級のゴルフポータルサイト「GDO(ゴルフダイジェスト・オンライン)」の向井編集長。さあ、いよいよコースデビューです!

【関連記事】初心者ゴルフ女子の為の徹底ナビ~準備編~
http://otajo.jp/p/9252

5:カートについて

コースを移動する乗り物、カート。全自動のタイプから、半自動までゴルフ場によって様々ですが、初心者の場合、運転は経験者の方におまかせしましょう。前方や後方にバスケットの様な持ち物入れがあるので、準備編でご紹介したミニバッグを入れておいてくださいね。

6:ドキドキのティーショット

さあ、ついに来ましたコースデビュー。女性は「レディースティー」と呼ばれる位置からティーショットを打ちます。筆者も経験がありますが、第一打はとてつもなく緊張します。けれど最初は上手に打てなくて当然。当たってラッキーくらいの心構えでいきましょう。

慣れてくればグリーンまでの角度や風向きなどでティーを刺す位置を調整しますが、最初は大体真ん中でOK。

いきなり本当にボールを打つのでは無く、手前で一度素振りをしてから心の準備。向井さんからのアドバイスとしては、ここで何度も何度も素振りしないこと。モタモタしていると、後ろのプレーヤーに迷惑がかかりますし、プレー自体も美しくありません。素振りは一度まで。そこはいさぎよくいきましょう!

7:グリーンまでの道のりはとにかくスピーディーに!

ティーショットを終えた後は“グリーンから遠い人”から順番に打ち始めます。その都度、適正なクラブを選んで打ちながらグリーンを目指すわけですが、はじめの頃はちょこちょこ打って走って、打って走っての繰り返しになると思います。ティーショットの時にも触れましたが、ゴルフはスマートプレーが基本。ぺちゃくちゃおしゃべりに夢中になって打つ準備が遅くなったり、ダラダラ歩いたりするのはNGです。

初心者が最も使いやすいと言われる7番アイアンを中心に、フェアウエイウッドの5番やユーティリティを用意しておいて、一緒に持ち歩きましょう。

打つ時には横に置いておけばOK! 打ち終わったら、クラブを持って行くことを忘れずに。意外に経験者でも置き忘れクラブは多いです。グリーンが近づいてきたらフェアウエイウッドなどはゴルフバッグに戻して、パターを持っておきましょう。コースをまわっている間は「自分が何打打ったのか」をきちんと数えておきます。

8:グリーンは走らない!

ここまで、打っては走り、打っては走りでスピーディに進みましょう! と言ってきましたが、グリーンの上で走るのは厳禁。

一発でカップイン! となれば良いですが、プロゴルファーではないので、なかなか難しいもの。こちらも少しずつ打ってカップに近づけることになりますが、ボールをそのままにしておいては、ビリヤードの様にボールがぶつかってプレーの妨げになってしまいます。その時にマーカーの出番。

グリーン場でボールを拾う際は、ボールとカップを結んだライン上の、ボールの後ろにマーカーを、ボールに触れずに置きます。打つ際はその逆。

フラッグは一番最初にグリーンに近づいた人が抜きますが、ローカルルールも多く存在するポイントですので、その時の同行者の方に聞くと良いでしょう。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。