ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

向井理「今の自分を見つめ直した」直木賞受賞作を堤幸彦が舞台化『悼む人』

人気作家、天童荒太の直木賞受賞小説『悼む人(いたむひと)』が、堤幸彦さん演出、向井理さん主演で舞台化。19日に東京・渋谷パルコ劇場にて上映を開始し、18日に最終舞台稽古が公開。小西真奈美さん、手塚とおるさん、真野恵里菜さん、伊藤蘭さんが登壇しました。

『悼む人』は、全国を放浪し、死者を悼む旅を続ける主人公を巡り、その悼む旅に随伴する、かつて夫を殺した女、人間不信の雑誌記者、末期癌の母、子供を身ごもる妹らのドラマを描いた物語。

かねてより『悼む人』に熱いラブコールを贈り、今回の演出が実現した堤さんは「原作を読んですぐに向井君の顔が浮かんだ」とコメント。向井さんは「自分が演じる役にまだ迷っている部分もあり、舞台はある意味ギャンブルだと思う。けれど精一杯演じたいです」と意気込みを語りました。

「今回の舞台出演をきっかけに(死について考えるという意味で)道に手向けられている花が気になる様になりました。悼むとはどういう事なのか、今の自分を見つめなおすことが出来る作品です」と作品について話しています。

共演の小西さんは本作が本格的な舞台は約8年ぶり。「女性の声も男性の声も出さないといけない役柄なのでとても難しかった」と話し、舞台での小西さんの熱演ぶりにも注目です。

舞台『悼む人』は渋谷・パルコ劇場での公演を皮切りに、この秋全国11ヶ所で公演。向井さんは「地方の食べ物とお酒を楽しみたい」と笑顔を見せました。

悼む人
http://www.parco-play.com/web/play/itamuhito/

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。