ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タブレットにもなる! 東芝が3スタイルで使えるウルトラブック『dynabook R822』など発売

東芝ウルトラブック『dynabook R822』

タブレット、液晶を水平にしたスタイル、ノートパソコン。東芝は、2012年秋冬モデルの新製品として、3スタイルで利用できる12.5型ウルトラブック『dyna book R822』とタッチパネルを採用した14型ノートパソコン『dynabook T642』を2012年10月26日より発売します。

『dynabook R822』は、液晶をキーボード上でスライドできる同社独自の『スライド&チルト機構』を装備。タッチ操作に適した「タブレットスタイル」、液晶を水平に開くことで対面の相手と一緒に画面を見やすい「フラットスタイル」、そして「ノートパソコンスタイル」の3スタイルを実現しました。

それぞれのスタイルに合わせたソフトウェアを搭載。「タブレットスタイル」に適した画像編集ソフトを用いて、タッチペン(スタイラスペン、別売)で画像切り抜きや合成を行えるほか、「ノートパソコンスタイル」に適した録画ソフトで『Skype』でのビデオ通話を保存することもできます。

『dynabook R822』フラットスタイル

本体とタッチパネルには、軽くて強いマグネシウム合金と強化ガラスを採用。「タブレットスタイル」で使うときも、片手で持ちながらタッチ操作可能です。「フラットスタイル」では、タッチパッドに3本指で触れると画面表示を反転させて対面の相手に見てもらえるため、打ち合わせや商談のときもスムーズな情報共有を行えます。

『dynabook T642』は、通常のキーボード操作のほかタッチ操作でアプリケーションの起動や画面の拡大・縮小が可能。また、画面の縁に段差がない「フルフラットタッチパネル」を採用しました。

東芝が国内メーカーとして初めてウルトラブックを発売したのは2011年11月。約1年でウルトラブックはノートパソコンの新カテゴリーとして成長を続けています。シーンに合わせて3スタイルを切り替え可能な『dynabook R822』で、同社は多様化するユーザーのニーズに応えシェアの拡大を図ることに意欲を見せています。

『dynabook R822』主な仕様
画面:タッチパネル付き12.5型ワイドHD IPS液晶(省電力LEDバックライト)1366×768ドット
OS:Wndows 8(64bit)
CPU:インテルCore i5-3317U(1.70GHz)
SSD/メモリ:128GB/4GB
キーボード:バックライト付きタイルキーボード
ポインティングデバイス:ジェスチャーコントロール付きクリックパッド(タッチパッド)、静電容量式タッチパネル
ウェブカメラ:有効画素数約100万画素(前面)/有効画素数約300万画素(背面)
主なインターフェース:USB3.0×2、HDMI出力端子×1、ブリッジメディアスロット
駆動時間:約6.0時間
サイズ:W326.5×D213.0×H19.9mm(突起部含まず)
重さ:約1.49g

『dynabook T642』主な仕様
画面:タッチパネル付き14型ワイドHD IPS液晶(省電力LEDバックライト)1366×768ドット
OS:Wndows 8(64bit)
CPU:インテルCore i5-3317U(1.70GHz)
HDD/メモリ:750GB/4GB
ODD:DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R2層書き込み対応)
キーボード:抗菌タイルキーボード
ポインティングデバイス:ジェスチャーコントロール付きクリックパッド(タッチパッド)、静電容量式タッチパネル
スピーカー:harman/kardon ステレオスピーカー
ウェブカメラ:有効画素数約100万画素
主なインターフェース:USB3.0×3、HDMI出力端子×1、LAN(RJ45×1)、RGB(15pin ミニD-sub3段)×1、ブリッジメディアスロット
駆動時間:約5.5時間
サイズ:W349.5×D234.0×H25.8~30.8mm(突起部含まず)
重さ:2.2 kg
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。