「象が踏んでも壊れない」あの伝説のCMがふたたび! 今度のメガネはその試練に耐えられるのか!?

access_time create folderエンタメ

久々に衝撃的なCMが誕生した。そのCMを見て、多くの中高年が「ずいぶん懐かしいCMのリバイバルだ」と騙されてしまったのではなかろうか。まさかメガネチェーン大手の「OWNDAYS(オンデーズ)」の新しいCMだったなんて!

1965年に発売されたサンスター文具の「アーム筆入」。当時壊れやすかった筆箱の概念を「象が踏んでも壊れない」というキャッチフレーズのCMで見事に打ち破り、お茶の間を席巻した。

モノクロの画面に子どもと象が登場し、筆箱を落としたり踏んづけたりと、とにかく強度をアピールする。そして現在OWNDAYSから発表された新ブランド「メモリーメタル」のCMとして放送されているのが、まんまこの形なのだ。ふたつを比べてみてほしい。

サンスター文具×OWNDAYS Memory Metal | アーム筆入リバイバルCM(YouTube)
https://youtu.be/um7brp9qdqE

そしてお次は50余年前のアーム筆入のCM。13秒あたりからと見比べてほしい。

サンスターアーム筆入 TVCM集(YouTube)
https://youtu.be/JGF40j7H9rw


(C)サンスター文具

そう、メモリーメタルのCMは「オマージュ」なんていう言葉では濁せないほどにアーム筆入のCMと「同じ」なのだ。

今回のCM放送をきっかけに知ったのは、発売から55年の時を経て、アーム筆入は今も現役だということ。つまりOWNDAYSは他社の、しかも現行品のCMをリバイバルしたことになる。これには二度驚いた。

OWNDAYSといえば、破綻寸前の状態から急成長へと導いた現・代表取締役社長 田中修治氏の敏腕ぶりが有名だが、今回の前代未聞のCM起用はさすがというべきだろう。

またサンスター文具から提供された映像を一部そのまま使用し、この常識破りのCMを製作したのは、なんとOWNDAYSの社内クリエイティブチームだという。内製しているからこそ生まれた自由な発想だったのかもしれない。

筆者はアーム筆入のCMをリアルタイムで見ていた世代ではない。それでも小学生時代この筆箱を持っていた同級生が、踏んだり落としたり、クラスメイトと実験を繰り返していたことを記憶している。

田中社長はSNSで1週間前に「伝説のCMにOWNDAYSが挑む」と予告し話題になっていた。「象が踏んでも壊れない」のフレーズは、当時の子どもたちを夢中にさせたように、子どもたちへの挑戦状になったのかもしれない。

フレームにニッケルとチタンを混ぜたNT合金という形状記憶の特性を持つ素材を使用し、象に踏まれても180度折り曲げても大丈夫だというメモリーメタル。8つのデザインはどれも華奢で洗練されており、視覚的には剛健さとはまったく結びつかない。はたしてアーム筆入のようにロングセラー商品となり得るのか。

リモートワークでメガネ時間が増えている。とりあえずスペックだけ見れば、軽量で長時間かけていても疲れず、丈夫で子どもに触られても安心。それでいてレンズ代込みで1万980円というのだから、至れり尽せり感がハンパない。

メモリーメタルは7月17日から販売開始。OWNDAYS店頭では購入者に初回数量限定でアーム筆入がプレゼントされるという。そこはアーム筆入型のメガネケースであってほしかったと思わなくもないが、半世紀のロングセラーを掲げてきたアーム筆入のプライドなのかもしれない。なんだか無性に手に入れたくなってきた。

CM概要

タイトル:「象が踏んでも壊れない。メモリーメタル眼鏡」
WEB動画(25秒):https://youtu.be/um7brp9qdqE[リンク]
CM本編(15秒):https://youtu.be/dS10uHEAmf4[リンク](沖縄エリアのみ放映)
特設サイト:https://www.owndays.com/jp/ja/news/memorymetal

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧