ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冬の部屋着はコレ1枚! No.1“着る毛布”とは

2010年に発売してから、毎年改良を重ね着る毛布No.1と言われる『Groony(グルーニー)』

冬の部屋着はコレ1枚! No.1“着る毛布”とは

楽天ランキングでも7冠達成し、大人気の商品なのです。

節電対策として、2011年には沢山のガウン形のフリースや毛布が販売されました。筆者も計画停電や節電対策として、いくつか購入したのですがいまいち暖かくない、ゴミがつきやすい、重い、歩きにくいなど、難点が多い為、お気に入りの品とはいきませんでした。

しかし、この『Groony(グルーニー)ー』。さすが発売2年で5万枚売り上げた実績の通り、今まで感じていた不満を払拭! 機能性の高い着る毛布なのです(ちなみに2012年は10万枚目指しているそうです)。

『Groony(グルーニー)』のどこがいいのか?

冬の部屋着はコレ1枚! No.1“着る毛布”とは

『Groony(グルーニー)ー』は男女兼用。着丈は170cmなので、男性は長めのガウン、女性は足まで隠れる位のサイズです。色は単色と2012年に追加されたチェック柄があります。

冬の部屋着はコレ1枚! No.1“着る毛布”とは

極細マイクロファイバーの分厚い毛布が、とにかくふっかふか! 一般的な着る毛布の倍くらいの厚みがあるのに、重さは0.8kg。多少の差はありますが、バスタオル2枚くらいの重さです。見た目以上にとっても軽くて、着た瞬間に「軽いっ」と驚きます。

体温で温まった空気を逃がさない構造で、ガウンベルトで体にしっかりとフィットさせ、襟元のボタンで首までサポート。毛布で体をくるんでいる状態です。もうこれが気持ちよくって、もっふもふ好きにはたまりません! 自分自身がもっふもふ。肌触りが滑らかで、思わず裸の上に着たくなるほどです。

冬の部屋着はコレ1枚! No.1“着る毛布”とは

ポケットもついているので、携帯なども持ち歩きやすいです。歩くときは裾をガウンベルトに引っ掛けて丈を短くすれば、裾を踏むことなく、安全に歩くことができます。
でも料理をするときは、袖口にコンロの火などがつくと危険ですので、脱いだほうが良いでしょう。

化学製品で世界的に有名なTANATEX社の”静電気防止処理”をほどこしているので、静電気防止なうえ、ホコリなども寄せ付けにくくなっています。これは家の洗濯機でまるごと洗っても、効果は持続します。筆者は、ハウスダストのアレルギー持ちなので、こういったホコリ対策が出来る製品は、とてもありがたいです!

なんと言っても、着る“毛布”ですから、このまま布団に入って寝てもOK。ぽっかぽかの状態のまま、眠ることができます。

一度着たら、毛布の滑らかさと暖かさで手放せなくなります。収納にも便利な専用BOXに入っているので、プレゼントにも最適ですよ。

Groony blanket wear
http://groony.net/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「咲坂らいら」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。