新iPhone 12およびiPhone 12 Proのリリース日、価格、スペック等のリーク情報

access_time create folderデジタル・IT

iPhone 12とiPhone 12 Proは、膨大な数のモデル、新しいデザイン、5Gコネクティビティや強力な新しいA14 Bionicプロセッサーに至るまで、Appleのラインナップにここ数年で最大の変更を約束するものです。また、カメラの大幅なアップグレードと、おそらく120HzのディスプレイがProモデルに搭載されます。iPhone 12には4つのモデルが含まれる予定です。5.4インチのiPhone 12。6.1インチiPhone 12 Max; 6.1インチiPhone 12 Pro; および6.7インチiPhone 12 Pro Maxです。新しいiPhone 12デバイスはすべてOLEDディスプレイと5G接続を備え、またiPhone 12 Proシリーズは最大120Hzのリフレッシュレートと3台の背面カメラ、LiDARセンサーに対応します。

また、Appleの新しいデザインへの取り組みも見られ、より四角い外観に変更しており、そして、より小さなノッチもあるようです。さらに、新しいリークにより、iPhone 12 Proには120Hz ProMotionディスプレイが搭載されているようであり、価格は4G専用バージョンで549ドルという安さから用意されている可能性があります。

発売が例年より遅れる可能性があるとされているiPhone 12ですが、2020年6月29日時点の噂やリーク情報によるリリース日、価格、スペックをご紹介します。。

 

iPhone 12のリリース日

新しいiPhoneは通常9月に発売されますが、複数のレポートがiPhone 12の発売遅延を指摘しています。

Wall Street Journalが「大量生産が1か月後退した。」と報告した後、ほとんどのAppleウォッチャーが発売は10月になると予測しました。この噂は、iPhone 12の発売イベントが10月に押し戻されるという噂も巻き起こしました。2011年以来、このイベントが9月上旬に開催されなかったのは初めてです。AppleのサプライヤーBroadcomは、彼らの顧客の1人が「製品の大幅な遅延」に直面していると述べており、これはAppleとiPhone 12を指していると見られています。ある報告では、2020年11月までiPhone 12が発表されない可能性があるとさえ主張しています。一方で、最も楽観的なレポートはWedbushによるもので、アナリストのDaniel Ives氏はiPhone 12は9月下旬に登場し、10月上旬には出荷されると述べています。これが本当だとAppleの通常のスケジュールから数週間遅れるだけです。

iPhone 12が9月に発表されたとしても、最もプレミアムなモデルは後回しになる可能性もあります。2020年4月のあるサプライチェーンレポートによると、標準のiPhone 12シリーズは9月に量産に入るが、噂のiPhone 12 Pro Maxは10月になるとされています。

新しいiPhone 12モデルを動かすモバイルOSについては既に少しだけわかっています。Appleは、毎年恒例の開発者会議(2020年6月)でiOS 14をプレビューし、ホーム画面の再設計やマップやメッセージのアップデートなどの新機能を紹介しました。開発者は既にiOS 14ベータ版を入手しており、パブリックベータ版は7月に登場する予定です。

 

iPhone 12の価格

アナリストのJon Prosser氏は、2台のリアカメラを搭載した5.4インチのiPhone 12の最低価格は649ドルで、iPhone 11よりも50ドル安い価格で販売されるとしています。

WedbushのアナリストであるDaniel Ives氏によると、iPhone 12の驚くべき5番目のモデル、649ドルよりもさらに安価であるものが存在する可能性があると予測しています。実際、Twitterのあるリーク情報によると、4Gのみ対応のiPhone 12は549ドルほどの安さだといいます。

iPhone 12 Proは、3台の背面カメラとLiDARセンサーを備え、価格は999ドルからです。iPhone 12 Proは120Hz ProMotionディスプレイも備えているかもしれませんが、それはまだ確定情報ではありません。iPhone 12 Pro Maxは6.7インチディスプレイを搭載し、価格は1,099ドルの見込みです。

 

iPhone 12のモデル

2019年にアナリストのMing-Chi Kuo氏が出した予測以来、2020年には4つの異なるiPhone 12モデルが登場することがわかっています。1つは5.4インチ、2つ目は6.1インチ、最大のバリエーションは6.7インチです。Kuo氏によると、2020年の4つのiPhoneにはすべて5Gが搭載されるといいます。

これらの4台の電話には、OLEDディスプレイが組み込まれることも期待されています。それ以前のiPhone XRと同様に、iPhone 11はOLEDパネルの代わりにLCDディスプレイを備えています。

 

iPhone 12 のデザイン

Bloombergによれば、iPhone 12はiPhone5のフラットメタルエッジデザインを復活させると見られています。iPhone 12の一連の金型がJinStoreによってTwitterに公開されました。このリークにより、4つのモデルすべてのエッジがより平坦になり、ノッチがわずかに小さくなることが確認されました。

新しい5.4インチiPhone 12は、驚くほどコンパクトなものになる可能性があります。実際、EverythingAppleProによると、電話の寸法は4.7インチであり、iPhone SEよりもさらに小さくなります。

Jon Prosser氏の別のツイートによると、Appleはスピーカーを電話の上部ベゼル部分に移動することにより、iPhone 12のノッチを縮小することができているとしています。

 

iPhone 12 のカラーバリエーション

カラーについては噂があまりありませんが、Appleが前回の2つの発売されたiPhoneと同じパターンに従う可能性が高いのは間違いないでしょう。つまり、安価なiPhone 12とiPhone 12 Maxにはより多くのカラーバリエーションがあり、iPhone 12 Proモデルには、スペースグレーやシルバーなど、より深く、より伝統的な配色が採用されるはずです。

少なくとも1つの噂では、AppleはiPhone 12にブルーを提供することによって、インパクトを与えると言っています。ブルーは、iPhone 11 Proで提供されたミッドナイトグリーンの色に置き換わるもので、新しいProモデルに限定される可能性があります。ConceptsiPhoneは、ネイビーブルーのiPhone 12 Proがどのように見えるかを紹介するビデオを作成し、Svetappleはこの新しい色相でiPhone 12 Proの最新のモックアップを公開しました。

 

iPhone 12へのUSB-C採用

AppleはiPhone5の時からiPhoneに独自のLighting portを提供しています。しかし、時代は変化しており、最新世代のiPad Proは世界中の他のすべてのポータブルデバイスメーカーと同じようにUSB-Cを使用しています。

EUは最近、消費者の利便性を高め廃棄物を減らすために、メーカーにUSB-Cを使用させる表決を行いました。Appleはこの決定に異議を唱えましたが、それについては選択の余地はなく、最終的には対応することになるだろうと予測されています。問題はそれがいつか、ですが、Appleは2021年のiPhone 13までUSB-Cに切り替えない可能性が高く、それからもAppleは強制的な変更を停止する方法を模索していく可能性があります。

 

iPhone 12と5G

日経のレポートによると、すべてのiPhone 12モデルは5Gネットワークをサポートして出荷されますが、5Gのタイプはモデルによって異なる可能性があるそうです。

AppleのアナリストJon Prosser氏も、4つのiPhone 12モデルはすべて5Gネットワーク対応で出荷され、5.4インチiPhone 12および6.1インチiPhone 12は、最速のダウンロード速度を提供するmmWaveテクノロジーをサポートしない代わりに、サブ6GHz 5Gのみをサポートするとしています。

この低帯域の5Gは、最大2Gbpsに達することができるmmWaveテクノロジーよりも長距離をカバーしますがデータレートは遅くなります。iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro MaxはmmWaveとサブ6GHz5Gを提供すると伝えられており、顧客に世界で最高のものを提供します。

Digitimesからのフォローアップレポートは、iPhone 12およびiPhone 12 Maxがサブ6GHz5Gを提供し、iPhone 12 ProモデルがmmWaveとサブ6GHzの両方を提供することを確認しています。

Appleが2019年にIntelのモデム事業を買収したため、A-シリーズプロセッサの時と同じように、Appleが最終的にクアルコムからの5Gモデムの入手を停止し、社内で独自のモデムを設計すると推測されます。しかし、それは新しいiPhone 12には間に合いません。Apple製のモデムを搭載したiPhoneが登場すると予想される最も早い時期は2021年ですが、現実的にはお​​そらく2022年よりも後になるはずです。

 

iPhone 12のカメラ

Digitimes のレポートによると、iPhone 12とiPhone 12 Maxには2つの背面カメラがあり、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxには3つの背面カメラと新しいLiDARセンサーがあることが確認されています。

iPhone 11 ProおよびiPhone 11 Pro MaxがAppleのハードウェアで初めてトリプルレンズリアカメラを搭載したことを考えると、2020年バージョンのPro iPhoneについても継続すると予想されます。

新しいiPhone 12が新しいレンズ、つまりLiDAR飛行時間センサーを追加することも広く期待されています。アナリストのMing-Chi Kuo氏は、少なくとも2つのiPhone 12モデル(おそらくProバージョン)にこのような機能が追加されることを期待しています。iPhone12仕様に関するその後のレポートはその主張を裏付けていますが、YouTuber EverythingAppleProによってリークされた一連のCAD回路図はLiDARセンサーを備えたMaxバリアントのみを示しているため、結局そのモデルに制限される可能性があります。

リークしたiPhone 12 Proの回路図によると、飛行時間型レンズがiPhone 12 Proのカメラアレイでどのように見えるか、およびAppleの現在のiPhone Proモデルにあるメインの望遠レンズおよび超広角レンズと一緒に適合する場所を示しています。センサーが、スマートフォンと撮影対象のオブジェクトとの間の距離をより正確に判断することができるようになるため、より良いポートレートショットが得られるだけでなく、Appleが非常に熱心なARアプリで、より正確なオブジェクトトラッキングとエフェクトが可能になります。

ユーザーがiPhone 12をApple StoresやStarbucksのアイテムに向けると、デジタル情報が電話のディスプレイに表示される使用法が1例として予測されています。

特許申請にから予測すると、Appleはまた、以前のiPhoneよりも長いズーム範囲を提供するペリスコープのような望遠レンズにも取り組んでいます。Appleは、プリズムを使って光を反射することにより、5レンズと3レンズの配列を小さなスペースに収めようとしているようです。

DigiTimesは、次のiPhoneがカメラに新しい種類の画像安定化技術である「センサーシフト」を使用するという主張を発表しました。この技術は、電話の動きを検出し、小さなアクチュエータを使用してカメラのセンサーを反対方向に動かし、画像を安定させます。これは、センサーではなくレンズを動かす他の最新のスマートフォンカメラでよく使われている光学式手ブレ補正(OIS)とは異なり、Appleが手ぶれでも高品質のショットを生成するのに効果的であると期待されています。

2019年11月、SonyはiPhone 12に搭載できる次期フラッグシップのIMX686イメージセンサーの一部を公表しました。このセンサーは64メガピクセルをキャプチャしますが、Quad Bayer ピクセルビニングにより光感度を改善して最適化された16メガピクセルショットを提供することもできます。3つのiPhone 11モデルすべてに採用されているイメージセンサーはSonyによって製造され、定格は12メガピクセルとなっています。

2019年6月の初めに、2018年のAppleの特許が明らかになり、理論的には1台のiPhoneが他のiPhoneと異なる自撮り写真をつなぎ合わせて、一種の合成グループ自撮り写真を作成できるようになることがわかりました。この特許はPatently Appleによって発掘されたものであり、それをiPhone 12に結び付ける証拠は何もありませんが、社会的距離が必要とされる状況において、AppleがiPhone 12でのリリースを促進する可能性があるます。

 

iPhone 12のパフォーマンス

iPhone 12シリーズはAppleの次世代Aシリーズチップを搭載します。シリコンがどれほど強力になるかはまだわかりませんが、リークされたGeekbench5スコアカードは、2020年に発売予定のiPhoneが競合するAndroidフラッグシップでフロアを一掃するだろうと示唆しています。

リークされたスクリーンショットによると、iPhone 12はマルチコアスコアのピークである4,612ポイントに達する可能性があります。もし本当なら、それはSamsungのGalaxy S20ウルトラよりおよそ1,500ポイント高くなります。

これらの数値は非常にエキサイティングですが、リークされたベンチマークは非常に簡単に偽造できるため、結果を裏付けるためにさらにリーク情報が出るのを待つ方必要があります。

 

iPhone 12のディスプレイ

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxはどちらも120Hz ProMotionディスプレイを搭載する予定で、通常のiPhone 12とiPhone 12 Maxはおそらく60Hzディスプレイが提供されます。新しいiPhone 12 Proのディスプレイは、スマートフォンの画面を大幅に改善すると予測されています。120Hzのリフレッシュレートを備えたiPhone Proでは、スムーズなスクロール、より滑らかなビデオ再生とスムーズなゲームプレイができるようになるはずです。

 

iPhone 12のバッテリー寿命と充電

また、複数の噂によると、AppleはiPhone 12モデルに充電アダプターを付属して販売しないそうです。従来の5ワットの充電器すらありません。

Appleは同社の既存の18ワットソリューションに代わる20ワットの充電器を開発していますが、実際には新しい電話には同梱されません。つまり、購入者は、iPhoneと互換性のある充電器をまだ持っていない場合は、充電器を購入する必要があります。18ワットのApple充電器とLightning-to-USB-Cケーブルの現在の価格は合わせて48ドルします。

4つのiPhone12モデル内のバッテリーの大きさは正確にはわかりませんが、Twitterのリーク情報によると、少なくとも以前のモデル内のバッテリーよりも大きくなるとのことです。5G接続、特にミリ波ネットワークのサポートは、既存のiPhoneのLTEよりもはるかに多くの電力を消費するため、これは朗報です。

 

iPhone 12 とTouch ID・Face ID

iPhone 12の少なくとも1つのモデルでは、ディスプレイ下で超音波指紋センサーを提供し、これにより、Touch IDが新しい方法で復活するそうです。これはEconomic Daily Newsのレポートによる情報で、Ross Young氏はその後、すべてのiPhone 12モデルがY-OCTA統合タッチを搭載すると発表しました。

BarclaysのアナリストがMacRumorsに提供した情報によると、最新レポートでAppleはディスプレイ上のどこでも指紋認識を有効にすると発表したそうです。

ただし、Ming-Chi Kuo氏によると、2021 iPhoneにFace IDとTouch IDの両方を搭載する可能性があるそうで、それは、ディスプレイ内指紋センサーの搭載を2021年まで待たなければならないことを意味します。

現在、Face IDは、スマートフォンのロック解除、アプリの購入の承認、パスワードの入力、Apple Payでの支払いの確認に使用されていますが、もう1つの用途が追加される可能性があります。AppleInsiderによって報告されたように、Appleは非常に便利なアプリケーションを導入するFace IDの特許を取得しています。 この特許は、Face IDを使用して、電話に対するユーザーの顔の位置を特定するものです。つまり、テーブルの上に平らに横たわっているときに携帯電話とやり取りしている場合や、iPhone 12を横または頭の上に置いている場合でも、デバイスは画面の向きを正確に把握することになります。

この機能はiOS 14の一部として発行され、iPhone 12だけでなく、Face IDをサポートするすべてのiPhoneに適用される可能性があります。

 

iPhone 12のアクセサリ

iPhoneは通常、イヤフォンと充電器のセットで出荷されます。(iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの場合、それは18ワットの高速充電器です。)しかし、AppleはiPhone 12に対して異なる計画を持っているようです。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、AppleがEarPodsがiPhone 12には同梱されないと予測しています。KuoはAppleが次のiPhoneを初めてイヤフォンなしで出荷することによって、顧客がワイヤレスAirPodsにアップグレードすることを促進しようとしているのだろうと述べています。Kuo氏の最初の発表から数週間後のアナリストDan Ives氏のレポート(9to5Mac経由)も、EarPodsの付属がないことを裏付けています。

 

iPhone 12とiOS 14

AppleのiOS 14が2020年秋にiPhone 12でデビューし、iPhoneの使い方を変える多くの新機能が搭載されるだろうと予測されています。iOS 14は、新しいマルチタスクスイッチャー、ホーム画面の新しいリストビューオプション、少なくとも1つの新しい拡張現実アプリ、およびアプリストアからアプリをダウンロードせずに試す方法を提供すると伝えられています。さらに、初めて、さまざまなアクティビティに独自のデフォルトアプリを選択できるようになります。

 

iPhone 12の展望

iPhone 12を取り巻く噂に基づくと、Appleの2020年のアップデートはエキサイティングなもののように聞こえます。Appleがすべての新しいiPhone 12モデルをリリースできる時期が早く明確になることを期待せずにはいられません。

最大の改善点は、5G接続と、一部のiPhone 12モデルで予定されている飛行時間センサーを備えた拡張現実アプリのサポートの領域にあるようです。ただし、5Gの重要性は、iPhone 12が出荷されるまでにワイヤレスキャリアが5Gカバレッジをどの程度構築しているかに大きく依存します。

毎日のようにiPhone 12のリーク情報が出ても、Apple初の5G iPhoneについて私たちがわからないことはまだまだたくさんあります。発表までの今後数ヶ月に渡り、浮上する新しい情報に注目が集まります。

(画像引用:https://twitter.com/EveryApplePro/)

Copyright © 2020 iedge All Rights Reserved.


関連記事リンク(外部サイト)

次世代スマートホームに必須!クラウド型スマートリモコン「surco」とは?
Googleアシスタントが使える!Chromebookのおすすめ端末を紹介!
母の日や父の日、誕生日などプレゼントに最適なスマート家電まとめ!

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
iedge

iedge

最新IOTテクノロジーを用いた防犯セキュリティーシステムや家電設備を搭載したスマートホーム(スマートハウス)情報をお届け。まだ日本では未発表のアプリやデバイス/ガジェットも全公開します。

ウェブサイト: https://www.iedge.tech/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧