開きっぱなしの死んだ橋 羽田空港そばに佇む「決して密にならない」珍スポットとは?

access_time create folderエンタメ
開きっぱなしの死んだ橋 羽田空港そばに佇む「決して密にならない」珍スポットとは?

コロナウイルスの感染拡大も、日本ではようやく収束の兆しが見え始めてきました。とはいえ、まだ大々的な外出は、諸手をあげて行える雰囲気ではありません。この連載で紹介しているスポットは、その多くがあまり人の集まらない場所ではありますが、今回はそんな中でもとりわけ人に会わないスポットを紹介いたしましょう。



 

東京都大田区、大森第一中学校の裏側にそれはあります。途中で途切れた橋。他ではなかなか見られない風景に、ゾクゾクすることができます。

こちらは「羽田可動橋」と呼ばれる橋で、海老取川が東京湾に流れ込む河口付近にかかっています。橋の下を高さのある船が通るために可動式になっていますが、可動式になっている橋といえば、跳ね上げ式のものが多い中で、空港が近いために跳ね上げによって高さが出てしまう可動橋は作れず、日本でも珍しい旋回式の可動橋になりました。

羽田トンネルの慢性的な渋滞解消を目的につくられた首都高速羽田線の道路で、1990年に使用が開始されましたが、湾岸線ができたことで交通量が減り1998年に使用が打ち切られています。しかし何故か解体されることなく、それから22年。開きっぱなしの「死んでる橋」が、そこにただ存在しているのです。

 

 

眺めていると、自分がその先端に立つことを想像して、高所に立った時の股のあたりがザワザワするあの感じに襲われます。

 

参考記事:酒飲みで貧乏…そんな“どうしようもない僕らのための寿司屋”を西東京で発見! 廻らない寿司をこんな値段で頂けるなんて|Mr.tsubaking連載 | TABLO

 

来訪にオススメの時間帯は夜明けの時刻。死んだ橋の向こうにオレンジ色の朝日が昇ってゆく景色は、時間を忘れて眺めてしまいます。遠くの対岸には羽田空港が見え、朝日に照らされ並ぶ飛行機も鋼鉄のボディをキラキラと無骨に輝かせます。

 

 

場所は羽田モノレールの昭和島を降りて少し歩きます。羽田空港利用者が目もくれない、昭和島駅は人も多くありません。また、珍スポットといっても店主などがいるお店などと違い、公共の建築物なので受付の人などもおらずほとんど人に会うことはありません。

開きっぱなしで死んでしまったように見える羽田可動橋は、首都高速道路株式会社の担当者によれば、撤去費用と今後の利用可能性を考えて解体しないままにしているとのこと。もしかすると、近い将来にこの羽田可動橋が数十年ぶりに動いて、連結される日がくるのかもしれません。

ただし、アクアラインや湾岸線の開通によって、渋滞は解消されているため、東京オリンピック時にも渋滞が発生しなければ、おそらく解体されることになるでしょう。

いずれにしても、水鳥の巨大な止まり木となって、ディストピア感を漂わせるこの風景が見られるのも、そう長くないと思われます。

 

 

まだ人混みは気がひけるこの時期にもマッチしますし、誰にも邪魔されずこの風景の中に身を置けるのも魅力的です。(Mr.tsubaking連載 『どうした!?ウォーカー』 第59回)

 

あわせて読む:ここはラブホテル!? いや、パン屋だ!! ありえない振り幅の居抜き物件を北九州で発見したぞっ!|Mr.tsubaking | TABLO

 


関連記事リンク(外部サイト)

日テレ24時間テレビに重大なヤラセ疑惑 タイで行った“東日本大震災の死者を弔う祭り”は金を払って人々を集めたデッチ上げだった!
タピオカ・ミルクティーを飲み続けた結果、死を覚悟した女性 今から恐ろしい話をします
加藤紀子(46)の美しい水着姿に明石家さんまも感嘆 なぜこんなにすごいスタイルを維持できるのか? と話題

access_time create folderエンタメ
local_offer
TABLO

TABLO

[TABLO]は「偉そうなヤツ、だいたい嫌い」をキャッチコピーとした反権力ニュースサイト、久田将義責任編集。芸能・社会・政治・カルチャー・オカルトなど完全オリジナルの記事を毎日配信。

ウェブサイト: https://tablo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧