暴走行為の結末

access_time create folder政治・経済・社会
暴走行為の結末

今回は李幸龍先生さんのブログ『李幸龍先生のページ』からご寄稿いただきました。

暴走行為の結末

今日は真面目なブログです。

画像のスカイラインですが、これはタイトルの暴走行為をした本人ではなく、被害者になった車輌です。(このブログを載せることは本人にも了承頂いております)

この車のオーナーは先日、友人と車で出かけ、峠道に差し掛かった時、悲劇が起きました。

対向車線を走る車が猛スピードで突っ込んできて、コントロール不能になったまま、このスカイラインに激突してきたのです。

幸い、ドライバーと同乗者は命に別条ななく、軽傷でしたが、車は全損。

さらに暴走行為で事故を起こした加害者は無保険の大学生(収入無し)。

今後、法廷での話し合いになるそうですが、相手に支払い能力がない場合、この車のオーナーは怪我を負ったばかりか、大事な愛車を失うことになります。

車は便利で楽しい乗り物であって、決して凶器にしてはいけません。

一般公道での暴走行為は大変危険です。自分ばかりか、他人まで巻きこんで、不幸にしてしまします。

走りたければ、サーキットに行けば、法に触れることもなく、思いっきり走れます。

また、自分の運転技術を磨くこともできます。

確かに走行料金はかかりますが、このような事故を起こすことを考えれば安いものです。

無謀な運転で不幸な出来事をなくすためにも、一般公道での暴走行為は絶対にしないでください。

これは車に携わる全ての人の願いです。

みんなでこのような悲惨な事故をなくすよう努力し、車社会をもっと楽しく、盛り上げていきましょう!!

長文、乱文失礼しました。

執筆: この記事は李幸龍先生さんのブログ『李幸龍先生のページ』からご寄稿いただきました。

access_time create folder政治・経済・社会

寄稿

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧