Craft Cuiosity Issue : 「モールは表面的には可愛くてキャッチーなイメージですが、集合体になり作品になることで可愛くてキャッチーなイメージを残したまま異質感や毒々しさなどいろいろな感情に変化します。その変容ぶりが面白い」藤崎琢磨/Interview with Takuma Fujisaki

access_time create folder生活・趣味

 
フィジカルな距離を求められる今、オンラインに没入する時間が増加傾向にある。情報収集や人との繋がりはもちろん大切だが、同時に自身を落ち着いたオフラインの環境に置くこともまた重要だ。自分が求めるものや喜びを感じるものを、己の手を動かして創り上げる時間は、長期戦が見込まれるこのニューノーマルを生き抜くための術でもある。NeoLではハンドメイドのアートで人々を魅了する作家の作品を紹介するとともに、ものづくりの時間へ誘う。
モールという素材に着目し、ポップでどこかノスタルジーを感じさせるキャラクターたちを次々と生み出している藤崎琢磨。頭の中で動いているというキャラクターたちに形を与え、手を動かす中でさらに躍動する息吹を落とし込む、その制作の過程について、新たな形でのアートとの触れ合いの場を作ろうと模索する今について聞いた。

 

ーーモールを用いた創作を始めたきっかけを教えてください。

 
藤崎「グラフィックデザインの仕事でモールを使った店舗装飾企画を提案した時、デスクにモールを置いていて、暇な時にちくちくいじっていたら、何か面白そうなものが作れそうと思い、そこからモールを大量に買って色々作り始めたのがきっかけです。
特にこれで作品作ろうとはおもわず遊びみたいな感じで始めました。
その後グループ展に誘われたとき、実験的に作品を展示してみたら意外と反響があって、そこからのめり込んでいきました。それが10年前です」

 

ーーモールの魅力をどのように捉えられていますか。

 
藤崎「モールは表面的には可愛くてキャッチーなイメージですが、集合体になり作品になることで可愛くてキャッチーなイメージを残したまま異質感や毒々しさなどいろいろな感情に変化します。その変容ぶりが面白いと思います。そして自由自在に形を変えられるのでどんどん創作のイメージが広がります」

 

 
ーー基礎知識/技術はどのようにして習得されましたか。

 
藤崎「全て独学です。いろいろ考え、学びながら作業しモールの可能性を常に探っています。モールを使って10年が経ちますが、モールの使い方に関しては常に様々な発見があります」

 

ーー最初に作った作品はどのようなものでしたか。また今振り返って自身にどのようなアドバイスをしたいですか。

 
藤崎「今見ると粗々な作品でした。こんなものをよく作品と言っていたなとも思います。でもその中にも何か味があって、それは今の制作スタイルでも出せないものだったりします。きっとそれぞれの過程でベストなものを作れていたと思います。アドバイスは、質のいいモールを使った方がよいということですかね」

 
ーー作品の中にご自身の“核/個性”をどのような形で表現されていますか。

 
藤崎「特に意識したことはないでが、モールを使って表現することが核/個性になってると思います」

 
ーーその“核/個性”を作り上げたプロセスを教えてください。

 
藤崎「カラフルでポップなものが好きで、そういうものにはかなり影響を受けてきました。その中で自分独自のモールアートという表現を見つけたという感じです」

 
ーー制作のプロセスで一番難しい箇所は?

 
藤崎「集中できる作業時間を確保すること。アイデアを新鮮なままモールアートに抽出できるかどうか。作品のイメージを頭の中で完結させないことを目指しています」

 

 
ーーグラフィックからモールという立体にはまっていったプロセス、そして培ったグラフィックの技術や知識の活かし方を教えてください。

 
藤崎「もともと模型制作が好きだったので、グラフィックをいかに立体として表現できるかは常に考えていました。粘土などでも作っていましたが、モールが表現したい表情をいちばんうまくコントロールできたと思います。
作品を見てもらう場として半分以上はSNSやwebなので、ここは1枚絵になるグラフィックの要素が強いと思います。そこで見てくれる方のために写真の出来栄えやデザインをどうするかいつも考えています」

1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer

NeoL/ネオエル

都市で暮らす女性のためのカルチャーWebマガジン。最新ファッションや映画、音楽、 占いなど、創作を刺激する情報を発信。アーティスト連載も多数。

ウェブサイト: http://www.neol.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧