ディープフェイク動画の次はディープフェイク音楽 AIが作り出す著名アーティスト風サウンド

access_time create folderエンタメ

映像だけでなく、音楽の分野も侵食しつつあるディープフェイクという名のテクノロジー。

マーティがトム・ホランドでドクがロバート・ダウニー・Jrの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』……ディープフェイクです
https://getnews.jp/archives/2408559[リンク]

人工知能によるラップソング「Jack Park Canny Dope Ma」 アーティスト名はトラビス・スコットの曲を機械学習したトラビス・ボット
https://getnews.jp/archives/2408557[リンク]

設立者の一人にイーロン・マスクが名を連ねるNPO団体のOpenAIは、様々なジャンルやアーティストのスタイルに合わせて音楽を自動生成する「Jukebox」のソースコードを公開しました。同時にサンプルとして、「Jukebox」が自動生成したフランク・シナトラ、エルヴィス・プレスリー、ケイティ・ペリーといったアーティスト風の曲をSoundCloudで公開しています。

https://soundcloud.com/openai_audio/jukebox-265820820


フランク・シナトラ風のクラシック・ポップ。

https://soundcloud.com/openai_audio/rock-in-the-style-of-elvis-4


エルヴィス・プレスリー風のロック。

https://soundcloud.com/openai_audio/jukebox-novel_lyrics-78968609


ケイティ・ペリー風のポップ。

その他にもイーグルス、UB40、セリーヌ・ディオン、2PAC、プリンス、ビヨンセ、ボン・ジョヴィといった著名アーティストの曲っぽいサンプル曲が公開されています。視聴してみたい方は以下のリンクから。

Jukebox: A Generative Model for Audio
https://jukebox.openai.com/[リンク]

作詞家や作曲家が失業してしまう時代もそのうち来るのでしょうか。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/OpenAI/status/1255888755207991296

※ソース:
https://openai.com/blog/jukebox/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧