タトゥーで錯視 「文字通り、頭おかしいでしょ」「この人の頭が陥没してるわけではないんだよね」

access_time create folderエンタメ

米ユタ州セントジョージでタトゥーショップを経営するマット・パーソンさんが友人の頭に入れたタトゥーが話題です。

この投稿をInstagramで見る Matt Pehrson(@mattpehrsontattoos)がシェアした投稿 – 2020年 4月月24日午後1時48分PDT

https://www.instagram.com/p/B_YKm7-Dwt4/
ジオメトリックタトゥー(幾何学模様のタトゥー)を得意とするパーソンさん。こちらのタトゥーは幾何学模様を通り越してもはや錯視です。どこからどう見ても頭蓋骨が陥没しているようにしか見えません。さらに驚きなのは、これがまだ未完成のタトゥーだということ。完成形はどうなってしまうのでしょうか。

Instagramのコメント欄には、「怖すぎる」「信じられない」「ヤバすぎ」「めっちゃええやん」「バカなの?」「タトゥー入れる前の写真はないの?」「違う角度の写真も見てみたい」「フォトショップで加工してるんだよね」「滅茶苦茶クリエイティブ」「これはやりすぎ」「錯視ってやつだよね」「渦巻き錯視」「この人の頭が陥没してるわけではないんだよね」「文字通り、頭おかしいでしょ」といった声が多数集まっています。

ジオメトリックタトゥーを中心としたパーソンさんの作品は以下のリンクで閲覧可能です。

mattpehrsontattoos
https://www.instagram.com/mattpehrsontattoos/[リンク]

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/B_YKm7-Dwt4/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧