ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロフェッショナルインタビュー:岸 勇希(前編)

プロフェッショナルインタビュー:岸 勇希(前編)

この記事は『LinkedIn navi』の『プロフェッショナルインタビュー』から寄稿いただきました。

プロフェッショナルインタビュー:岸 勇希(前編)

広告業界に新しい概念「コミュニケーション・デザイン」を提唱し、業界内外からもその動向が注目され続ける岸さん。いわば革命者であり開拓者でもある彼が手がける仕事は、企業広告はもとより、商品開発や事業デザイン、アーティストのプロデュースなど多岐にわたります。旧来の“広告”に対する考え方に一石を投じた“コミュニケーションをデザインする”という発想の源泉や、異端児とも称される所以を探ります。

プロフィール

岸 勇希(きし ゆうき)
1977年 名古屋生まれ。東海大学海洋学部水産学科卒業。早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了。中央大学研究開発機構(専任研究員)を経て2004年電通に入社。中部支社雑誌部、メディア・マーケティング部を経て、2006年より東京本社インタラクティブ・コミュニケーション局クリエーティブ室勤務。2008年から、新設されたコミュニケーション・デザイン・センターにて現職。同年に執筆した電通刊『コミュニーケションをデザインするための本』が話題を呼ぶ。国際的な評価も高く、2010年にはカンヌ国際広告祭審査員を務めた。また開発した『PhoneBook』はMOMAの収蔵作品となる。近年は東京大学の講師なども兼任。

ウェブサイト「メモ帳ブログ」: http://yukix.com/memo/[リンク]
近日刊行予定『こころを動かす。の見つけ方』特設サイト:http://kokorougokasu.jp/[リンク]
Twitter: @yukixcom[リンク]

第1章
クライアントがもつ課題を解決し、人の心を動かす
“コミュニケーション・デザイン”が注目される理由。

―岸さんは『トヨタ自動車 アクア』や『永谷園 生姜部』などの画期的な広告制作だけでなく、話題の商業施設『東急プラザ表参道原宿』のプロデュースなどにも関わっていらっしゃいます。いったい何者? と感じる活躍ぶりですが、実際の仕事内容について教えてください。

仕事の内容は多岐に渡っています。共通していることは、“伝える”だけでは解決できないような課題を対象としている点でしょうか。そもそも業種や分野で自分の仕事を規定していないので、周りから見ると何屋かカテゴライズしにくいのだと思います(笑)。最近は特に、誰に相談していいかわからないような案件や、領域を横断するような仕事のご相談を頂くことが多いです。

そもそもの専門は広告コミュニケーションなわけですが、積極的にこれを超えていきたいと思っています。「広告」は基本的に“伝える”ことに重きを置いて進化してきたものです。実際これまでは、より広くの人に告げることで商品が売れたわけです。“伝える”が、課題解決の最良の方法だったわけですね。ただ残念なことに最近では、ただ伝えるだけでは解決しないような課題もたくさん増えています。僕は広告を作るというよりは、課題解決のプロでありたい。 “伝える”に固執せず、それ以外の方法、主に世の中にある様々なコミュニケーションについて思考、駆使していきたいと考えています。

―なんだか難しそうにも感じる”コミュニケーションをデザインする”という考え方ですが、もう少し詳しく聞かせていただけますか。

やや抽象的な話になりますが、まず僕にとってコミュニケーションとは、皆さんが日頃使うコミュニケーションという言葉よりは少し広義なものとして使っています。広く解釈したほうが、自分の仕事を広げるうえでも都合がいいですしね(笑)。あらゆる2点以上の点の間に存在しえるものがコミュニケーションであり、そこが僕の仕事の場だと思っています。例えばAさんとBさんの間。あるいは企業と社会の間、国と国の間、場合によれば建物と人、商品と消費者、どんなものの間でも構いません。何かしらの関係性が存在する間には、少なからず各々の意図があり課題があったりします。

こうしたあらゆる間に存在するコミュニケーションに介在すること、つまりデザインすることで、課題解決していくことが僕の仕事なんです。ここで大切なのが いかにして“人のこころを動かすか”ということです。どうしてもビジネスは“仕組み”や“モデル”が先行しがちですが、人は往々にして仕組みだけでは動いてくれません。「仕組みではなく、人の気持ちをデザインすること」が最も大切だと考えています。そしてこの人の気持ちを動かすというやり方は、あらゆる領域において通用する普遍的なことだと思っています。「どうやったら人の心が動くのか」という点を軸においているからこそ、コミュニケーション・デザインの領域は、どんどん広がっていると思います。

プロフェッショナルインタビュー:岸 勇希

―伝えて気持ちを動かすのと、具体的に違う点などはあるのでしょうか?

少し抽象的すぎたので例え話で補足しましょう。僕がよく使う例え話ですが、ある人にカレーを食べてもらって「おいしい」と言ってもらうことがゴールだとしましょう。普通であれば、当然の方法として最高のカレーを作ろうとします。つまり“伝える内容”、この例で言えば、味を追求することがその最良の方法だからです。もちろんこの方法は間違っていません。美味しいカレーをつくれば、相手は「おいしい」と言ってくれるでしょう。課題解決です。しかし、ここで重要なことは、カレーをおいしいと思わせる方法は、味以外にも存在するということです。

例えばこういうのはどうでしょう? おいしいと言わせたい相手が、1年間一度もカレーを口にしないよう、あらゆる方法で邪魔をしてみたら? 周りの友人、家族にワイロを送って、とにかくカレーを断絶させて欲しいと(笑)。散々邪魔した後、1年くらいしてから、その人にカレーをご馳走します。きっと特別なカレーでなくとも、彼は心から美味しいと言ってくれるでしょう。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。