ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ハガレン”声優の朴ロ美さんが声帯ポリープ手術で休業 そもそも声帯ポリープってなんだ?

ぱくろみさんブログ

『鋼の錬金術師』エドワード・エルリック役などで活躍中の声優朴ロ美さん(ロは玉に路)が、声帯ポリープ手術のため三週間ほど休業することを自身のブログで発表した。

タイトルに『ご報告です』と書かれたブログでは

ぱくろみ声帯ポリープの手術のため、
今日から三週間ほどお休みをいただく事になりました…。

と報告。関係各者にご迷惑をおかけすることをお詫びしつつ、しっかりと完治させて復帰する宣言をしている。

声帯ポリープとは?

人間は、声を出すときに喉にある“声帯”という部分を震わせて音を出している。声を出しながら喉に手を当ててみると、震えているのがわかるだろう。この声帯に激しい刺激が与えられると、腫れが起きてしまうことがある。これが声帯ポリープだ。ちなみにポリープとは、皮膚や粘膜に生じる突起のこと。喉にポリープができると、声の通り道がふさがった状態になってしまうので声がかれてしまう。そのまましゃべり続けると悪化してしまうため安静に過ごすことが必要だと言われている。

声帯ポリープは、声優だけでなく歌手や教師などといった声を出す職業の人にできやすく、カラオケで熱唱したり、怒鳴ったり、大声で演説をする人にもにできやすいそうだ。ストレスを感じてカラオケで騒いだあと、喉に違和感を感じたりしたら、喉を刺激するタバコやアルコールを控えた上でなるべく声を出さないように気をつけよう。

できたポリープは切除するため手術、入院が必要だ。手術自体は時間のかかるものではないが、手術後も声を出してはいけない期間が一般人では1週間ほど、声を使うプロの場合は1か月ほどあるためほとんどの場合は入院するそうだ。術後も、定期的な通院をしていけば今まで通りに声を出せる場合が多いので、ポリープかな? と思ったら悪化する前に手術をしたほうがいいだろう。気になった方は、声帯ポリープ手術を受けた方のブログがたくさんあるので巡回してみるといい。

芸能界にも多い声帯ポリープ

声を使う職業といえば、やはりテレビやラジオの出演者である。今年の3月に、くりぃむしちゅーの上田晋也さんが声帯ポリープのため休業していたのを記憶している方も多いのではないだろうか。過去には2010年に皆藤愛子さん、RHYMESTER宇多丸さんなど患者の多い声帯ポリープ。また、朴ロ美さんと同じ声優の大原さやかさんは、今年7月に声帯ポリープと声帯結節という病気をダブルで発症したが、現在では無事仕事に復帰している。

過去に発症した芸能人の方々も皆無事に復帰しているので大きな病気ではないが、我々にも起こる可能性がある病気なので十分に気をつけたい。

朴ロ美さんブログ
PARK ROMI OFFICIAL BLOG 「ご報告です」[リンク]

srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。