ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【ネギマガ】元気が出るボカロ曲『ふわりクレヨン』 これを聴けば晴れた気持ちになれる!

今回紹介するのはボカロ曲。『ニコニコ動画』に投稿されている数あるボカロ曲の中で気になった物をネギマガで紹介したいと思う。その楽曲はふわりPさん(@fuwari_p)が作曲した『ふわりクレヨン』という曲。

ふわりPさんの曲は前向きでわくわくさせるという特徴と持っており、聴いていると元気になれる特効性がある。そんな不思議な力があるふわりPさんの数々の楽曲から今回は『ふわりクレヨン』を紹介。

『初音ミク』が歌う同楽曲は例外ではなく、純粋に「かわいい」「元気になる」「和む」というコメントが動画に投稿されている。動画のPVはねこむらさん(@nekomura_otako)による物。ふわりPさんとねこむらさんは『ゆめのかたち』という楽曲でもコラボしている。PVをねこむらさんが担当し、楽曲製作をふわりPさんが担当である。

そんな投稿された動画に対して数多くの「歌ってみた」動画が登場するのは当然のことである。今回はあわせてそんな「歌ってみた」動画も紹介。ピアノえほん@ろきさんが歌った『ふわりクレヨン』は曲調にピッタリの声。初音ミクのボーカロイドの声も良いが、生の人間が歌う声も実に良い物である。

作曲者のふわりPさん、イラストのねこむらさん、そして「歌ってみた」数々の歌い手によるコラボ。こうしたコラボレーションが『ニコニコ動画』では行われている。こんな『ふわりクレヨン』を作曲したふわりPさんから次のようなコメントを頂いた。

この『ふわりクレヨン』という音楽は、ぼく、ふわりPが、みなさんからお名前をいただいた、とても思い出のある音楽です。当時、今よりさらにニコニコ動画のことをよく知らないまま、知人から「P名」という存在を聞いて、ニコニコ動画のコメント上で、みなさんにお名前をつけてもらったことを、とてもよく覚えています。みなさん、いつもあったかくしてくださって、本当に本当にありがとうございます。

「~P」という呼称を知らずにニコニコ動画にやってきた彼は、この楽曲が元で“ふわりP”と名付けられた。そのことは『ニコニコ大百科』にも書かれている。その後もふわりPは意欲的にボカロ曲の作曲活動を続け、現在はJOYSOUNDでの配信やCDリリースが行われている。2011年1月にリリースされた『EXIT TUNES PRESENTS Vocalonexus (ボカロネクサス) feat. 初音ミク』では、トリの楽曲を務めているほどだ。

『ふわりクレヨン』は嫌な事があったとき、良い天気に外に出かけるとき、何か良いことがあったときに聴くと晴れた気分になれるそんな楽曲である。是非オススメ。もちろん『ニコニコ動画』で聴く分には無償なので存分に聴き放題。

ネギマガ(ガジェット通信)では今回のようにボカロ曲や動画、ミク関連のオモシロ動画を紹介していきます。自薦他薦問いませんので、ご連絡ください。
ネギマガのツイッター@negimaga

【ニコニコ動画】【初音ミク】ふわりクレヨン【オリジナル】(ふわりP)
【ニコニコ動画】【歌ってみた】ふわりクレヨン【えほん】(歌ってみた)

※画像はニコニコ動画より引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき