ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

Sony MobileのデュアルSIM対応スマートフォン『Xperia tipo dual ST21i2』開封の儀

Sony Mobileの低価格&デュアルSIM対応スマートフォン『Xperia tipo dual(ST21i2)』を入手したので早速開封の儀を執り行います。

『Xperia tipo dual』は今月上旬に発売されたコンパクトサイズのローエンド端末『Xperia tipo』のデュアルSIM対応モデルです。多くのスマートフォンにはSIMカードスロットが1つしか設けられていませんが、『Xperia tipo dual』では2つの設けられています。2回線分の通話やSMSが1台で利用できるというわけです。

では早速開封していきます。まずは箱。『Xpeira tipo dual』の箱は他の『Xperia』と比べてかなり小さく、また、付属品をそのまま詰めた簡素なパッケージングとなっています。低価格モデルでもありますし、特に問題ではありません。

付属品は、『Xperia tipo dual』本体、リチウムイオンバッテリー(BA700、Xperia SX、neo、neo V、proと同じ)、1500mAh)、USBケーブル、ステレオヘッドセット、取扱説明書などの書類です。箱にはこれらがそのまま詰め込まれていました。

カバーとバッテリーは簡単に取り外せます。カバーを外すと、SIMカードスロットが2つ。マイクロSDカードスロットが1つあります。挿せるSIMカードの規格は通常サイズのものだけです。microSIMカードの場合はアダプタに装着する必要があります。

SIMカードスロットはカメラレンズ右側に上下2段で設けられており、トレーに乗せることなくそのまま挿し込みます。

『Xperia tipo dual』は画面サイズ3.2インチ(解像度は480×320ピクセル)、質量99.4gの軽量コンパクトな端末。低価格モデルということで、『Xperia』スマートフォンの中ではスペックが低く、ライトセンサーやデジタルコンパス、撮影用フラッシュ、シャッターキーはなく、カメラではオートフォーカスに対応しないなど、他のモデルのほとんどに見られる一部のハードウェアや機能が削られていたりします。フルスペックはこちら

バックカバーの表面はソフトタッチ仕上げでしっとりとした感触があります。背面は全体的に丸みが持たせてあり、かなり手にフィットします。

3.7インチ画面の『Xperia sola』を左側に、3.0インチ画面の『Xperia active』を右側に並べてみました。

背面の形状は『Xperia active』とほぼ同じです。サイズもほぼ同じなので手にした感触はかなり似ています。

1 2 3次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき