ウソみたいな本当の話! ヤクザの立てこもり事件に巻き込まれた指名手配犯

access_time create folder政治・経済・社会

今年2020年の1月、島根県出雲市にある冷凍物流会社に刃物を所持した20代の男が女性事務員を人質に立てこもり、18時間後に監禁容疑で現行犯逮捕されました。

さらに13年前、2007年に愛知長久手町(現:長久手市)で起こった発砲立てこもり事件では、愛知県警、SAT所属の警察官1名が殉職、元山口組系暴力団員の男の元妻とその子供、警察官1名が負傷しました。

そんな立てこもり事件ですが、「対岸の火事」だと思っていてはいけません。なんと、今回お話を聞くことができた大里友康氏(仮名/42歳)は、暴力団員の立てこもり事件に巻き込まれた経験があるのです。

実は、名うての結婚詐欺師として全国指名手配を受けていた彼。逃げ回り、自分の女の部屋でのんびりと過ごしていたのですが、同じマンションの階下でヤクザの立てこもり事件が発生。

戒厳令が敷かれて逃げることはできないわ、銃弾が飛んできて危険だわ、捕まりかけるわ、もう散々な目に遭った彼の話を聞いてみましょう。

結婚詐欺を生業にする男

丸野(以下、丸)「なんで全国指名手配になったんですか?

大里氏「結婚詐欺ですね。関西圏のお見合いパーティーに顔を出しては、外資系の証券マンをかたって女たちを騙していました。モテない女は、小銭を溜め込んでいますから……。母親の商売がうまくいっていない、実は友人の保証人になっていた、なんて適当なことを言って金を引っ張ります。そのあとは、何でもないことでケンカを吹っかけて、ドロンです」

丸「すぐに被害届を出されるんじゃないですか?」

大里氏「出されますね。で、逃げ回って、昔の女を再び口説き落として、某県に安全な場所を確保。広めのコーポの3階に住む役所勤めの女でした。“よりを戻してくれた”と喜ぶのをいいことに、働きもせずにヒモ生活をしていました。(外出時は)いつも目深に帽子をかぶってマスクとサングラスをかけ、そんな状態で暮らしていました。のんびりしたものでしたよ。まだ騙した女の金もあったし」

丸「ヒドいですね

階下から怒鳴り声がいつも聞こえる

大里氏「まぁ、そうですね。当時は時効があったので、数年過ごせばいいか……という感じで。籠の中の鳥の状態でしたが、何とか時効を迎えるまで……と部屋の掃除や洗濯、料理づくりなどして、我慢していました。昼間も夜もボォ~ッと過ごしていると、イヤでも周りの生活音が聞こえてきます。休日になると、右隣の若夫婦の喘ぎ声が1日中聞こえてきたり、左隣の新興宗教にハマった奥さんの読経が聞こえてきたり……と、まぁ時間の過ごし方は何とでもなります。でも、ひとつ気になることが……。階下から、いつも怒鳴り声のようなものが聞こえてくるんですよね

丸「どんな怒鳴り声なんですか?

大里氏「どうもDVをしているらしく、女の悲鳴も聞こえてくるし、“シノギ”や“カシラ”、“オヤジ”なんて言葉が飛び交っているんです

丸「それ、ヤクザじゃないですか

大里氏「ですよね。でも階下なので関係ないか……と特に気にしなかったんですが、ある日事件が起こりました

大音量の音楽と鳴り響く銃声

丸「それでどうなったんです?」

大里氏「ちょっと気になりはじめてから数日後、新聞に目を通していると、【ジャジャジャジャジャーン!!】と耳をつんざくような大音量のヘビメタが聞こえてきました。なんや! どうした! って思っていると、“キャー!”っと女の悲鳴が……。そのあとに、ベランダの扉を勢いよく開ける音がして、“ゲハハハハ! 金色のおっさんが頭の中で暴れとるんじゃ!!”という声が聞こえてきました。その後に続いて、【パン!!】という渇いた音。ウチの照明が弾けて、火花が飛び散りました」

丸「ヤバい! ヤバい!」

大里氏「床に伏せて様子を窺っていたんですが、もう一度渇いた音が……。すると、ちょうど目の前30センチ離れたところのカーペットが爆ぜました。バラバラと天井の破片が降ってきて……。これはマズい! 銃弾だと思い、とりあえず警察に連絡を入れようとしたんですが……。そういえばオレ、指名手配だったな、と!

丸「自爆ですよね、通報なんてしたら……

大里氏「すると、わずか数分でパトカーのサイレンが……。あっという間に、コーポ自体を警察に包囲されました

クスリをやっている男の発砲

大里氏「様子を窺っていたんですが、どうも下の男は薬物でもやっているようで、よくわからないことを言っています。それにパトカーに向かって発砲しはじめたようで、コーポの下は混乱状態でした。もうこうなったら逃げよう、とポケットにナイフを忍ばせて勇んで3階の窓から飛び降りようとしたんですが……僕、高所恐怖症で……。とりあえずカーテンにしがみつき、ブルブルと震えていました」

丸「とんでもないことになってきましたね」

大里氏「案の定、遠くから応援のパトカーが走ってきて、サイレンが重なり合って聞こえてきます。警察はなんとか男を説得しようとしていますが、“……っが、っと……るんじゃ! ごおらぁぁ~! おまえら地獄行きじゃ!”と聞く耳持たずで……。だいぶクスリが効いているような感じでした。すると続いて……」

コーポ上空をヘリが飛ぶ

丸「どうしたんですか?」

大里氏「コーポの上空にヘリがやってきまして、テレビをつけると中継をしていまして……。テレビで中継されて、もう逃げ場なしですよ。本当に参りました……。とりあえずどうしようもないので、女に電話を入れると、“ええぇぇ~! ウソぉぉぉ~!”ともう卒倒しそうな声をあげて……。騒動になってから、6時間が経過。打つ手がないので、テレビの中継に注視しようと思ったんですが、アナウンサーの“何か動きがあったようです”という言葉のすぐ後に、テレビが消えました。電気がつかない、水道も出ない、ガスもダメという兵糧攻め状態に……。すると、さらに階下の男が狂ったように銃を乱射しはじめて……」

丸「大騒動ですね」

大里氏「夏場だったんで、僕シャワー浴びていたんですよ。まず電気が止まったから、クーラーが利かなくて……。水が止まっちゃったので、シャンプーまみれ。おまけにその泡で転倒するし。目にシャンプーが入って痛い。拡声器の声。暑い。腹減った。痛い。拡声器。もう最悪です。この世の終わりを感じながら、夜明けを待っていると、深夜に【ガッシャーン!】という警察突入の音がしました。同時に【プシュ~!】という音が鳴って目の前が真っ白に……。痛い。眼球が飛び出るくらい目が痛い。それって、催涙ガスだったんですよね

丸「痛そう……」

警官突入で絶体絶命!

大里氏「すると、なんと階下から雨どいをつたって、下のヤクザがよじ登ってきたんです。僕は菜箸で思いっきり相手の手を突いて、ヤクザを落としたんです

丸「捕まっちゃいますからね」

大里氏「それからは、押し入れの中で朝まで3時間ほどほとぼりを冷まして、朝6時に雨どいをつたい、住宅街から早朝の街に向けて駆けだしました。何とかなった助かった、とホッと胸をなでおろしたとき、“あなた、何を急いでるの?”と警察官から運悪く呼び止められました」

丸「まさに絶体絶命!」

大里氏「そりゃそうです、シャンプーでコテコテになった頭で、適当に着て出てきたバランスの悪い服、ハダシ、催涙ガスを喰らった赤い目と止まらない咳。立てこもり犯との関係を疑われて、強制連行。正午に緊急逮捕されて、結婚詐欺の罪で懲役3年2ヵ月を喰らいました」

いかがでしたか? このようにひどい目に遭ってしまった大里氏ですが、因果応報、自業自得としか言えません。

いつ巻き込まれるかもしれない立てこもり事件、みなさんもお気をつけください。

(C)写真AC

(執筆者: 丸野裕行)

access_time create folder政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧