外出が禁じられているニューヨークで社会的距離を守りながらのデート

access_time create folderエンタメ

外出が禁じられているニューヨークでの隔離生活中、ふと窓の外を見ると隣のビルの屋上でダンスをしている女性の姿が目に入ったニューヨークのフォトグラファー、ジェレミー・コーエンさん。彼女が気になったコーエンさんは即行動に出ました。

https://twitter.com/jerm_cohen/status/1244364848231854080
その一部始終を撮影した動画をコーエンさんが公開しています。まずは彼女と連絡先を交換しないとなりません。そこで自分の連絡先を書いた紙をドローンに貼り付けて彼女のもとへと飛ばします。

するとどうでしょう。見事、彼女からメッセージが届きました。彼女の名前はトーリです。

ありきたりですが、次のステップは食事です。初デートということで、コーエンさんもお約束通り体を引き締めたり、身だしなみに時間をかけたり、何を着ていくか悩んだりします。彼女の「(外出できないのに)どうやって?」という問いに対するコーエンさんの答えがこちら。お互いが見える場所にテーブルを置いて、FaceTimeで会話をしながら食事を共にします。

社会的距離を保ちながらも、彼女にもっと近づきたいと思ったコーエンさん。自分が風船の中に入って彼女と直接接触することなく屋外デートに出かけます。

相当楽しかったようで、デート後にはこの笑顔。コーエンさん、あんた最高だよ。

Man Uses Drone to Give Phone Number to Woman on Nearby Roof(YouTube)
https://youtu.be/WSmQvJj_10Y

どんな環境下でも楽しもうとするコーエンさんのニュースはテレビでも取り上げられました。暗いニュースの続くニューヨークから、ポジティブに生きる若者2人の明るいニュースでした。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/jerm_cohen/status/1244364848231854080

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧