auの5G対応スマートフォン7機種が3月26日以降順次発売へ 端末スペック詳細と判明している販売価格まとめ

access_time create folderデジタル・IT

KDDIは3月26日から開始する5Gサービスに対応するスマートフォン7機種を発表。3月26日から順次発売されます。各端末のスペックと、判明している販売価格を発売日順にまとめました。販売価格は、毎月の支払額を低く抑えて25か月目に端末を回収することにより最終回の支払いが不要になる「かえトクプログラム」を適用した実質支払い金額も併せて記載します。

3月26日発売:Galaxy S20 5G

5Gサービス開始時に利用できるのは「Galaxy S20 5G」。クラウド ブルー、コスミック グレー、クラウド ホワイトの3色をラインアップします。販売価格は11万7480円(税込み)で、かえトクプログラム適用により実質6万8425円(税込み)。

約6.2インチ Quad HD+ディスプレイを搭載し、本体サイズは約W69×H152×D7.9mm(最厚部9.2mm)、重量は約163g。OSはAndroid 10、CPUはQualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platform 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4、12GB RAMと128GBストレージ、4000mAhバッテリーを搭載。IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防じんに対応します。通信速度は受信時最大3.4Gbos、送信時最大183Mbps。IEEE802.11a/b/g/n/ac/axのWi-Fi、Bluetooth 5.0に対応します。

メインカメラは超広角の約1200万画素、広角の約1200万画素、望遠の約6400万画素を搭載するトリプルカメラ。8K動画撮影に対応し、約30倍の“スペースズーム”機能を搭載します。インカメラは約1000万画素。

3月27日発売:AQUOS R5G

第2弾で発売されるのが「AQUOS R5G」。アースブルー、オーロラホワイトの2色をラインアップします。販売価格は12万9145円(税込み)で、かえトクプログラム適用により実質7万4405円(税込み)。

約6.5インチ Quad HD+ディスプレイを搭載し、本体サイズは約W75×H162×D8.9mm(最厚部10.3mm)、重量は約189g。OSはAndroid 10、CPUはQualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platform 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.8GHz/4、12GB RAMと256GBストレージ、3730mAhバッテリーを搭載。IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防じんに対応します。通信速度は受信時最大3.4Gbos、送信時最大183Mbps。IEEE802.11a/b/g/n/ac/axのWi-Fi、Bluetooth 5.1に対応します。

メインカメラは標準の約1220万画素、超広角の約4800万画素、望遠の約1220万画素、ToFカメラを搭載するクアッドカメラ。8K動画撮影に対応し、AIが被写体を追いかけてズームするフォーカス再生に対応します。インカメラは約1640万画素。

5月発売:Xperia 1 II

5月に発売を予定している「Xperia 1 II」。ブラック、ホワイトの2色をラインアップします。販売価格は13万3600円(税込み)で、かえトクプログラム適用により実質7万9120円(税込み)。

約6.5インチ 4Kディスプレイを搭載し、本体サイズは約W72×H166×D7.9mm(最厚部9.1mm)、重量は約181g。OSはAndroid 10、CPUはQualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platform 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.8GHz/4、8GB RAMと128GBストレージ、4000mAhバッテリーを搭載。IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防じんに対応します。通信速度は受信時最大3.4Gbos、送信時最大183Mbps。IEEE802.11a/b/g/n/ac/axのWi-Fi、Bluetooth 5.1に対応します。

メインカメラは標準の約1220万画素、超広角の約1220万画素、望遠の約1220万画素、3D iToFカメラを搭載するクアッドカメラ。ZEISSレンズを搭載し、20fps AF/AE追従高速連写や低照度撮影、瞳AFに対応するのが特徴です。インカメラは約800万画素。

5月下旬以降発売:Galaxy S20+ 5G

5月下旬以降に発売を予定しているのが「Galaxy S20+ 5G」。コスミック グレー、クラウド ブルーの2色をラインアップします。販売価格は13万3280円(税込み)で、かえトクプログラム適用により実質7万6475円(税込み)。

約6.7インチ Quad HD+ディスプレイを搭載し、本体サイズは約W74×H162×D7.8mm(最厚部9.1mm)、重量は約186g。OSはAndroid 10、CPUはQualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platform 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4、12GB RAMと128GBストレージ、4500mAhバッテリーを搭載。IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防じんに対応します。auのラインアップで唯一ミリ波に対応し、通信速度は受信時最大4.1Gbos、送信時最大481Mbps。ミリ波へは夏以降のアップデートで対応を予定しています。IEEE802.11a/b/g/n/ac/axのWi-Fi、Bluetooth 5.0に対応。

メインカメラは超広角の約1200万画素、広角の約1200万画素、望遠の約6400万画素、ToFカメラを搭載するクアッドカメラ。8K動画撮影に対応し、約30倍の“スペースズーム”機能を搭載します。ToFカメラにより深度を測位し、ボケ表現に対応。インカメラは約1000万画素。

7月以降発売:OPPO Find X2 Pro

7月以降に発売予定の「OPPO Find X2 Pro」。メタリックな光沢のブラック、高品質合成レザーを使用したオレンジの2色をラインアップします。販売価格は未定。発表会では購入しやすい価格帯のモデルとして発表されています。

約6.7インチ Quad HD+ディスプレイを搭載し、本体サイズはブラックが約W74×H165×D8.8mm(暫定値)、オレンジが約W74×H165×D9.5mm(暫定値)、重量はブラックが約217g(暫定値)、オレンジが約200g(暫定値)。OSはAndroid 10ベースのColorOS 7.1、CPUはQualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platform 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.8GHz/4、12GB RAMと512GBストレージ、4260mAhバッテリーを搭載。IPX8の防水、IP6Xの防じんに対応します。通信速度は今後公開予定。IEEE802.11a/b/g/n/ac/axのWi-Fi、Bluetooth 5.1に対応します。

メインカメラは標準の約4800万画素、超広角の約4800万画素、望遠の約1300万画素のトリプルカメラ。10倍ハイブリッドズームにより、最大60倍までのズームに対応します。インカメラは約3200万画素。

7月以降発売:ZTE a1

7月以降に発売を予定している「ZTE a1」。本体カラーはブラックのみ。販売価格は未定。発表会では購入しやすい価格帯のモデルとして発表されています。

約6.5インチ FHD+ディスプレイを搭載し、本体サイズは約W77×H164×D9.0mm(暫定値)、重量は約185g(暫定値)。OSはAndroid 10、CPUはQualcomm Snapdragon 765 5G Mobile Platform 2.4GHz/1+2.2GHz/1+1.8GHz/6、6GB RAMと128GBストレージ、4000mAhバッテリーを搭載。通信速度は受信時最大2.1Gbps、送信時最大183Mbps。IEEE802.11a/b/g/n/acのWi-Fi、Bluetooth 5.0に対応します。

メインカメラは約4800万画素、約800万画素、約200万画素、ToFカメラのクアッドカメラ。インカメラは約3200万画素。

7月以降発売:Mi10 Lite 5G

Xiaomiの「Mi10 Lite 5G」は、詳細な情報がまだ公開されていません。

料金プラン、対応コンテンツについてはオンライン発表会のレポート記事をご確認ください。

auの5Gサービスは3月26日スタート データ使い放題月額8650円やNetflixバンドルなど料金プランと対応スマートフォン7機種を発表
https://getnews.jp/archives/2460969

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧