全高25cmの可動フィギュア「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」予約開始!蓄光塗装・顎開閉やエントリープラグ挿入再現可能などこだわり満載

access_time create folderエンタメ

グッドスマイルカンパニーからthreezeroのアクションフィギュア「ロボ道」シリーズ第2弾として、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』より全高約25cmの「エヴァンゲリオン初号機」可動フィギュアが2月18日(火)より予約開始。

「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」は、亜鉛合金ダイキャスト製のフレームの採用により48ヶ所の可動ポイントを実現した、全高約25cmのノンスケール可動フィギュア。

素材にはABS、PVC、POM、亜鉛合金を使用。threezeroの得意とする精密な塗装を施すことにより、ハイディテールな造形を際立たせています。また、フィギュアのグリーンの部分や目には蓄光塗装が施されており、暗闇で発光します!

「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」にはプレイアビリティを向上させる様々なギミックも搭載。ヘッドパーツは2種類付属し、通常のものと、覚醒状態のものとの交換式です。

通常のヘッドパーツは顎が開閉可能!

左肩パーツも2種類付属し、通常のものと、プログレッシブナイフ・ホルダー展開状態のものとの交換式です。

エントリープラグのカバーは開閉可能で、中のエントリープラグを露出できるのも嬉しい! さらにエントリープラグは2種類付属し、挿入時を再現するための短いエントリープラグと、抜き出した状態を再現するための⻑いエントリープラグとの交換式という、至れり尽くせりのセット内容。

アンビリカルケーブルは背中のソケットに着脱可能。装備としてプログレッシブナイフとパレットライフルが付属します。

また、ポーズの異なる各種手首パーツ(リラックスしたポーズの手1対、大きく開いたポーズの手1対、拳1対、パレットライフル保持用の手1対、プログレッシブナイフ保持用の右手)が付属し、劇中の様々なシーンを再現できます。そして、ロボ道共通アクションスタンドも付属。

「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」で様々なシーンを楽しみ尽くしてください!

商品情報

商品名 : ロボ道 エヴァンゲリオン初号機
作品名 : ヱヴァンゲリヲン新劇場版
発売月 : 2020 年 9 月
価格 : 16,000 円(税抜)/17,600 円(税込)
仕様 : ABS&PVC&POM&亜鉛合金製塗装済み可動フィギュア ・ノンスケール
付属品 : 交換式の通常のヘッドパーツ(顎が開閉可能)、交換式の覚醒状態のヘッドパーツ、プログレッシブナイフ、パレットライフル、交換式の短いエントリープラグ(挿入時再現用)、交換式の⻑いエントリープラグ(抜き出した状態再現用)、アンビリカルケーブル、交換式の通常の左肩パーツ、交換式のプログレッシブナイフ・ホルダーが展開状態の左肩パーツ、交換式手首パーツ各種(リラックスしたポーズの手 1 対、大きく開いたポーズの手 1 対、拳 1 対、パレットライフル保持用の手 1 対、プログレッシブナイフ保持用の右手)、ロボ道アクションスタンド
全高 : 約 25cm(肩パーツ含む)
原型制作 : threezero
発売 : threezero
販売 : グッドスマイルカンパニー
≪グッドスマイルオンラインショップ予約受付期間≫
2020 年 2 月 18 日(火)12:00〜2020 年 3 月 25 日(水)21:00
≪グッドスマイルオンラインショップ購入ページ URL≫
https://goodsmileshop.com/ja/p/THZ̲JP̲00127

※画像は実際の商品とは多少異なる場合があります。予めご了承ください。
※商品の塗装は彩色行程が手作業になるため、商品個々に多少の差異があります。予めご了承ください。
※商品画像掲載の際は、以下の著作権表記の記載をお願いいたします。
(C)khara

■ロボ道とは
2019 年、threezero は主に日本のアニメを題材とした新たなロボットフィギュアシリーズ『ロボ道』をローンチしました。このシリーズでは程よい大きさで高いコストパフォーマンスを誇るアイテムを続々とリリースしてまいります。一部パーツに亜鉛合金ダイキャストを用いることで、広い可動範囲だけでなく、フィギュアに心地よい重みと手触りをもたらします。そして threezero の緻密な塗装表現と相まって、『ロボ道』はロボットアクションフィギュアを再定義することでしょう。
・サイズ:約 20cm〜30cm
・素材:亜鉛合金、ABS、POM、PVC、布
・塗装:緻密な塗装表現(一部にはウェザリング表現も)
・取扱予定作品:『機動警察パトレイバー』、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』、『真ゲッターロボ』、他

access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧