『198X』レビュー:80年代から届いたタイムカプセル! 思春期の気持ちを思い出させてくれる作品

access_time create folderゲーム

筆者は、タイムカプセルを埋めたことが一度もない。けれども、もしタイムカプセルを埋めていて、今掘り返したならこんな気持ちだっただろう。そう思わせてくれたのが、『198X(イチキュウハチエックス)』という作品だ。

80年代を舞台にしたアーケードゲームと青春の物語!『198X』

『198X』は、スウェーデンのHi-Bit Studiosが開発したマルチジャンルゲーム。今回プレイしたのはNintendo Switch版だが、他にSteamでPC版も配信されている。ただし、PC版は2020年2月9日時点では日本語未対応。PC版の日本語対応と、PS4版の配信が今後予定されている。

タイトルに『198X』とある通り、本作の舞台は80年代。思春期の少年がアーケードゲームと出会い、心情を変化させていく様子が描かれている。

この設定を読んで、押切蓮介氏の人気マンガ「ハイスコアガール」を思い出した人も多いだろう。実際、本作はゲーム版「ハイスコアガール」ともいえる作品だ。ゲーム内に複数のゲームが用意されており、プレイヤーは主人公としてこれらのゲームをプレイしていくことになる。

プレイしたことがないけど懐かしい!5本のゲーム内ゲーム

本作で用意されているゲーム内ゲームは5本。いずれもオリジナル作品だが、80年代に流行したゲームを連想させるものになっている。しかも、どれもクオリティが非常に高い!

1本目、『Beating Heart(ビーティングハート)』は、ベルトスクロール型のアクション。主人公を操作してボタン連打で連続攻撃を繰り出し、街のギャング連中を倒していく。80年代のアーケードゲームを知る人なら、これだけでも『ファイナルファイト』を連想するハズ。だが、これだけではない。演出的にも『ファイナルファイト』を連想させるものが散りばめられている。筆者は地下鉄のシーンで思わず「懐かしい……!」とつぶやいてしまった。

2本目、『Out of the Void(アウト・オブ・ザ・ヴォイド)』は、横スクロールシューティングゲーム。連射による通常ショットと貯め撃ちショットを駆使して敵を倒していく。敵を倒すことで出現するアイテムを手に入れると、ショットやレーザー、スピードアップなどのパワーアップが可能だ。こちらは『R-TYPE』を思わせる演出が多い。『R-TYPE』のフォースのような無敵装備が用意されているわけではないが、敵にゴマンダーやドブケラドプスといった『R-TYPE』の敵の面影を感じるのだ。

3本目、『The Runaway(ランナウェイ)』は、スーパーカーで都市を駆け抜けるレースゲーム。このシチュエーションからは、『アウトラン(OUT RUN)』を連想せずにいられない。80年代のレースゲームを再現しているため、ラスタースクロールが再現されていることも特徴。

ラスタースクロールというのは、カンタンに言うと、画像を横にズラす技術のこと。現在のレースゲームは3Dでコースを表現しているが、80年代のゲームではまだ3D技術が導入されていない。なので、カーブを表現するために、ラスタースクロールを使用していた。コースの手前から奥へ、徐々に横方向へズラすことでカーブを表現していたのだ。車を回転させてカーブを抜けるのではなく、カーブ中、コースアウトしなければカーブを乗り切ったことになる。本作でも、自車はカーブで回転することができない。見た目だけでなく、ゲームの作り的な部分まで80年代のゲームを再現しようというこだわりが感じられる。

4本目、『Shadowplay(シャドウプレイ)』は、横スクロールの忍者アクション。刀による攻撃とジャンプを駆使し、敵や障害物を乗り越えていく強制スクロールのゲームだ。ハイ出た、忍者!80年代アーケードゲームといえば忍者ゲーム。そう言っても差し支えがないくらい、忍者ゲームが多かった。『忍 -SHINOBI-』『忍者くん 魔城の冒険』『影の伝説』『最後の忍道』『ニンジャウォーリアーズ』『忍者龍剣伝』……。ただ筆者としては、これらアーケードの忍者ゲームより、ファミコン版の『忍者龍剣伝』を連想した。というのも、本作はビジュアルが非常にスタイリッシュなのだ。80年代アーケードの忍者ゲームって、『忍者龍剣伝』も含めてもう少し泥臭いバイオレンスがあったような気がしないでもない。

1 2 3次のページ
access_time create folderゲーム
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧