糸井重里のシゴト観。「やりがいを語る前に、今やっていることを肯定するこころを大事にしたい」

access_time create folder生活・趣味
糸井重里のシゴト観。「やりがいを語る前に、今やっていることを肯定するこころを大事にしたい」 糸井重里さんインタビューカット

23歳でコピーライターになり、数々の名キャッチコピーで脚光を浴びた一方、本の構成や作詞家、雑誌の連載やテレビの司会者も務め、ゲームの制作も手がけるなど活躍。50歳のとき「ほぼ日刊イトイ新聞」(ほぼ日)をスタートさせ、今年で22年。2017年には株式も上場している。糸井重里さんは今、「はたらく」ことに何を思うのか。ほぼ日が初めて本格的なインターン募集、新卒採用をするというニュースが流れてきたが、それも合わせて「はたらく論」を聞く。

働かないとつまんないよ、と伝えたかった

ほぼ日は2013年、「はたらきたい展。」という展覧会を開催した。これからの時代の新しい「はたらきかた」を一緒に想像してみよう、という企画は大きな話題となり、東京・渋谷から大阪、博多でも開かれた。この「はたらきたい展。」を、今年2020年の夏に、7年ぶりに開催するという。なぜ今、再び、なのか。

「どうして今年に、というより、前回がちょっと早すぎたんですよ(笑)。はたらきたい、という欲望、希望をタイトルにしたのがもの珍しかったんだと思うんですが、実は本当のところでは、まだ興味は薄かったんじゃないかと感じていたんです。

ところが、あのときにやった気持ちみたいなものが、今の世の中では普通になってきた。まさしくそうなったので、本当に求められているところで、もう一度、問いかけてみたいな、と」

この7年の間にいったい何が起きたのか。

「生き方とはたらくということが、マッチしてきたんじゃないでしょうか。みんなの気持ちの中で、はたらくというのは、メシの種を稼ぐとか、安定を求めるとか、そういうところで捉えられていた時期がけっこう長かったわけですよね。我慢料としてお金をもらう、みたいな。僕はそれがなんだか嫌だったので、むしろ、働かないとつまんないよ、ということが、何か伝えられたら面白いなとずっと思っていたんです」

糸井さんといえば、若い頃からいろんな仕事を面白がってやっていた印象が強い。著名なコピーライターでありながら、さまざまな仕事を手がけていた。

「でも今は、まさしくみんながそういうことを言いだして、やりがいとか、生きがいとか、そんな大げさなものじゃなくて、人生の中で「はたらく」ってすごい大きなものだって気づき始めている。自分を活かしたり、人に喜んでもらえる要素だよね、というのをみんなが理解し合えるようになったと思うんです」

そしてちょうどここ最近、急速に進んできたのが、働き方改革だった。労働時間を考え直そう、という社会的な空気の中で、むしろはたらくことの本質が見つめ直された、というのは極めて興味深い。

「そもそも休みを取るのも、働くのも、同じ「はたらく」の中に入っているんですよ。英語にレクリエーションという言葉があって、日本では気軽に使われてしまっているけど、もともとはリ・クリエーション、もう一度クリエイトするために休むという意味。ここって、ちゃんとした研究や専門家が必要な領域だと僕は思っているんですが、要するに、単にくたびれたから休む、やる気が出ないから遊ぶ、ということじゃないと思うわけです。そんな解釈になっちゃうのは、ちょっともったいない」

1998年に「ほぼ日刊イトイ新聞」をスタートさせ、コラムを更新し続ける中でも、休むことの意味について触れてきた。

「消費のクリエイティブ、という言い方をよくしていたし、休みのクリエイティブがまだ足りない、なんてことを書いていた覚えがありますね」

そもそも、生きていることに「GO」と「STOP」があるわけではない、と糸井さんは言う。

自分と仕事がフィットしているときには、どうしてはたらいているのか、なんて考えないですよね。はたらくことを目的にしているというよりは、自然に要請されている感じ、自分が必要とされ、肯定されている感じがする。そうすると、休みももっともっとポジティブになるわけです。はたらく、も、休む、も、つながっている。実はこういうことって、はたらく場面にはすでにたくさんあったことだと思うんです」

働き方改革というと、ルールの整備や時間の単位が強調されがちな印象だが、実はこうした休みの哲学もそこには潜んでいたはずだと語る。

「今日も、きみの仕事が、世界を1ミリうれしくしたか?」

はたらくことが生き方にマッチしてきたからこそ、「やりたいこと」を見つけて仕事にしたいと考える人が増えているのかもしれない。だが、糸井さんはこんなふうに言う。

「そんなの、わかりませんよ(笑)。そんなに簡単に見つかるものではない。それこそ、イヤイヤやっていたら、たまたま偶然ものすごく喜んでくれる人に出会って、それがやりたい仕事になっちゃう人だっている。そっちのほうが普通だよ」

やりたいことを見つけようとする前に、そこにある仕事に気をつけてみることだ、と語る。

「歴史上、日本の労働人口で最も多かったのは、農耕だったわけですよね。ドラマや映画の中だと、つらそうにはたらいてますよね。昔のお百姓さんが、こんなに楽しいことはない、というセリフを言っているのは聞いたことがない。ドラマの脚本家も見つけられないくらい、なかったんだと思うんです」

ところが、ちゃんと直に話を聞いてみると、意外なことに気づけたという。

「実際、お百姓さんに会ったりすると、農業のノウハウを自慢そうに教えてくれるときとかがあるわけですね。例えば、長芋は地下に垂直に育っていくんだけど、横に伸ばすやり方があるんだ、と。屋根の波板を土の中に埋め込むと横にどんどん伸びていく。これ入れただけで、百姓は儲かってしょうがねぇんだよ、なんてうれしそうに言われるわけです。まさに『ほくそ笑む』感じ。それを聞いて感動して」

糸井さんは思ったという。どんな仕事であっても、こんなふうに言える仕事人こそいいな、と。

「他の仕事もみんなそうだと思うんです。ちょこちょこっと考えたらコピーが浮かんじゃった、とコピーライターが言うとか(笑)。みんなが自分の仕事について、ほくそ笑む(笑)。みんながそういう仕事をしているのが理想ですよね。だから、その仕事にやりがいがどうの、なんていう前に、今やっていることを、これでどうだ!、と肯定するような心が生まれたら十分だと思うわけです」

やりたい仕事をしたいのは、そういう仕事をやることで、いい結果が生み出せると考えているからかもしれない。だが、糸井さんはこうも語る。

「結果を自分の前にぶらさげて、そこを目指すと苦しいんですよ。そうではなくて、ちょっといい方に向かっている、ということが意識できたらいいと思うんです」

1 2 3次のページ
access_time create folder生活・趣味

リクナビNEXTジャーナル

ビジネスパーソンのための、キャリアとビジネスのニュース・コラムサイト。 キャリア構築やスキルアップに役立つコンテンツを配信中!ビジネスパーソンの成長を応援します。

ウェブサイト: http://next.rikunabi.com/journal/

TwitterID: rikunabinext

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧