話題の二郎系カップ麺を食べ比べ! どのカップ麺も最高にウマいがクサい!! ガジェ通グルメクロスレビュー

access_time create folderグルメ

現在カップラーメン業界は空前の二郎系カップ麺ブームとなっています。昨年末に話題を集めた「日清のどん兵衛マシマシ篇 ガチ豚ニンニク」の発売を皮切りに、日清ラ王とマルちゃん正麺も二郎系カップ麺を投入。カップ麺売り場がどんどん黄色に染まりつつあります。

二郎系カップラーメンクロスレビューを開催!

たくさんの二郎系カップ麺が売り場に並んでいるとなると、やっぱり気になるのは「どの二郎系カップ麺が一番ウマいのか」ですよね。

そこで今回はガジェ通グルメクロスレビューと称して二郎系カップ麺の食べ比べを開催! ガジェット通信でもラーメン記事を連載中のラーメンライター・井手隊長と、ガジェット通信編集部のオサダ記者、そしてどん兵衛をラーメン二郎風にアレンジする“どん二郎”の考案者でもある私ノジーマの3人で5品の二郎系カップラーメンを食いまくりました。

特に今回注目すべきは井手隊長の参戦です。普段はカップラーメンをほとんど食べず、全国の激ウマラーメンを食べ歩いている井手隊長が二郎系カップ麺にどのような評価を下したのでしょうか。

ちなみに舞台となったのはガジェット通信の会議室。黄色いカップ麺が5品並ぶだけでニンニク臭が漂ってきそうですし、豚の魔神とかを召喚できそうな雰囲気がありました。

評価方法

・各10点満点で採点。合計30点
・ラーメン二郎っぽさ、おいしさ、コストパフォーマンスなどを総合的に評価して採点する

1品目 日清デカうま 豚ニンニク味

ノジーマ:1品目は二郎系カップラーメンブームが起こる前から販売されていた「日清デカうま 豚ニンニク味」。今回はなんと100円で購入できました。

井手隊長:うわっ、お湯を入れたらもうクセぇ。

ノジーマ:ニンニクがバッチリ香ってますね。

オサダ:混ぜたらさらにニンニク臭が増した気がする。

ノジーマ:かやくが全然ない。キャベツが数枚入ってるだけ。

オサダ:キャベツが入っていたらラッキー。

井手隊長:具を捨てたって感じだ。

ノジーマ:具を捨てて価格の方を取ったんだ。

オサダ:あ、うまいじゃん! 遠慮せずにニンニクだけど、トータルのバランスがすごくいい。

ノジーマ:ニンニクのパワープレイだこれ。麺は油で揚げたカップラーメンのなかでも安っぽい麺なんだけど、そのゴワゴワした食感をうまいこと味方につけてる。

井手隊長:これは身の丈にあった感じだね。本格に寄せようとするのは捨てて、100円でできるスナックっぽい麺でどうニンニクに合わせていくかっていう。

評価:井手隊長7点、オサダ7点、ノジーマ7点 合計21点

ノジーマ:ウマいけどこれが基準点となるわけだから採点は難しいですね。後半の出来次第では点数を8とかに上げちゃうかもしれない。

井手隊長:カップラーメンを食ってるぜ感を出している割にはなかなかパンチが効いてるじゃねえかと。

ノジーマ:これは昼ごはんにオフィスとかで食えない。

オサダ:夜中に突然食いたくなる味。

2品目 マルちゃん 1食分の野菜 豚しょうゆ味ラーメン

ノジーマ:あっ、フリーズドライの野菜が入ってる!

井手隊長:やっぱり1食分の野菜を推すだけのことはある。

オサダ:1食分ってそもそも何を基準に1食分なんですかね? 

ノジーマ:一日あたりの野菜摂取量は350グラムで、一日の目安の3分の1の量を使用しているということらしい。

井手隊長:すごいじゃない。

ノジーマ:やっぱり二郎って野菜を食うみたいなところもあるから。

1 2 3 4次のページ
access_time create folderグルメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧