こんな事をしている中古ゲームショップ店員がいました

access_time create folderエンタメ

スーパーファミコン時代にこんな事をしている中古ゲームショップ店員がいました。まずお客さんがゲームソフトを売りにきます。お店は2000円で買い取ったとします。本来ならば、それを3000円とか4000円にして店頭で売りますよね。

でもそのゲームソフトが、店員にとって欲しいゲームだったとしたら? とあるゲームショップの店員は知恵を働かせました。自分の財布から2000円を出してお客さんに渡したのです。そして買い取ったゲームソフトを持ち帰り、自分の物にしてしまうのです。

お客さんとしては売れれば文句はないし、店員としても安く欲しいゲームが手に入るので嬉しいわけです。実際に遊んでつまらなかったらすぐに売ります。面白くても早くクリアしてすぐに売ります。早く売れば、ほとんど差額なしで売れちゃいますよね。むしろ買い取った価格より儲かるときもありました。

その店員は、何度も何度もその行為を繰り返していました。ウハウハです。しかし、お店にとっては不正でしかありません。そしてバレる日がついにやってきたのです。

中学生が兄弟と親と一緒にお店にやってきて、勝手に兄が弟のゲームソフトを売ったから返してほしいというのです。しかし、お店には伝票がありません。なぜなら、店員が買い取って持ち帰ったゲームだったからです。お店には正式な買い取ったデータがないのです。

店員の行為は店長にバレて解雇されました。現在、その店員は千葉県に住んでおり、ラーメン屋で麺を茹でて生活しています。そこそこ美味しいですが、絶賛する程のラーメンではありません。

※この記事は、ゴールドラッシュの「pinky」が執筆しました。[リンク]

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧