ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【テレビ】クドカン朝ドラのヒロインは能年玲奈 海女役に水泳の特訓もスタート

【テレビ】クドカン朝ドラのヒロインは能年玲奈 海女役に水泳の特訓もスタート

来年4月スタートのNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の主人公を、19歳の女優・能年玲奈が演じることが決まった。ヒロイン発表の会見に出席した能年は「決定の知らせを聞いた時は興奮して、鼻息で空でも飛べるんじゃないかと思うほどうれしかった。ここに立っていられることが幸せです」と満面の笑みで喜びを語った。

東北・北三陸を舞台にした同作は、宮城県出身の人気脚本家・宮藤官九郎氏が書き下ろす人情喜劇。内気で引きこもりがちだった東京の女子高生・天野アキ(能年)は、岩手県で暮らす祖母に憧れて、自らも祖母と同じ海女になることを決意。豊かな自然の中で修業するうちに笑顔を取り戻し、地元のアイドルとなって町おこしを引っ張っていく。

宮藤氏の作品では、映画「真夜中の弥次さん喜多さん」やドラマ「11人もいる!」が印象的だったという能年は「作品に出たくて、ずっと宮藤さんに電波(?)を送っていたので、ヒロインとして関われることにすごく幸せを感じています」とちゃめっ気たっぷりに話し、海女という役柄についても「水泳の特訓を始めて、自分でも手応えを感じています。海でもちゃんと潜れるように、もっと練習していきたい」と意欲満々だ。

能年はモデルを経て、2010年公開の映画「告白」で女優デビュー。これまでにドラマ「鍵のかかった部屋」「サマーレスキュー~天空の診療所~」などに出演してきたが、ドラマ初主演が朝ドラヒロインという大役となった。「撮影が本当に過酷だと聞いていて、不安になることもありますが、体は丈夫なので、意識を失っても立っていられるように頑張ります」と頼もしい。

訓覇(くるべ)圭チーフプロデューサーは「みずみずしくて爽やかで、彼女が入って来た時、会場の空気が一変しました」とオーディションでの印象を話し、「不器用だけど、内にものすごいエネルギーを秘めている点もアキと一緒。演技経験でもまだまだフレッシュですが、ヒロインと共に能年さんの成長も温かく見守っていただければ」と期待している。
「あまちゃん」(NHK)


【テレビ】クドカン朝ドラのヒロインは能年玲奈 海女役に水泳の特訓もスタート
宮藤 官九郎 (クドウ カンクロウ)
生年月日 1970/07/19 (かに座)
出身地 宮城県


(c)テレコ!
情報提供:東京ニュース通信社


(テレコ!)記事関連リンク
能年玲奈の出演番組をチェック!
宮藤官九郎の関連番組をチェック!
あまちゃん 最新OnAir情報はこちら

テレコ!の記事一覧をみる

記者:

テレコ!は地上波・BS・CSのテレビ番組情報のメディア横断検索をはじめ、番組特集やインタビュー、番組解説などを提供するテレビ番組情報サービスです。

ウェブサイト: http://teleco.tv/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。