走行中にバッテリーの60%を充電!折畳み電動アシスト自転車「RattanXL」は全地形対応

access_time create folderデジタル・IT

いま、多くの電動アシスト自転車の開発が進められている。今回登場したのは、走行中にバッテリーの60%を充電する折畳み電動アシスト自転車「RattanXL」だ。

・走行中にバッテリーの60%を充電

アメリカに本拠を置くRattan社が開発したRattanXLは、Rattan社が製造した特許取得済みのI-PAS(Intelligent Power Assistant System)を使用して、ブレーキをかけたり滑走したり、または下り坂走行のときにバッテリーの60%を充電する。

最高時速は45㎞、航続距離は160㎞で、バッテリー状況を心配することなく快適に1日中移動できるが特長だ。

・全地形対応で、持運びも簡単

Rattan社はモーターのパフォーマンスにより、3モデルを用意。MINIは250W、Xは500W、XLは750Wのモーターを装備し、凸凹地形での走行に対応しており、重量は20㎏~28㎏となっている。

スピードモードは8つで、カラーLCDダッシュボードにペダルアシストレベルやスピード、バッテリー状況などの情報が表示される。

そして、フロントとギアに取付けられた油圧式ディスクブレーキで、ブレーキをより効率的に管理。フロントサスペンションフォークが快適な全地形走行を可能にし、長さ50㎝の合金折畳フレームで持運びと収納も簡単なのも嬉しい。

現在Indiegogoでキャンペーン中で、すでに目標額の13倍以上を達成しており、注目度は抜群だ。価格は今なら630ユーロ(約円)からだが、残念ながら日本への出荷は行っていない。高い回生充電機能を備えた全地形対応の電動アシスト自転車RattanXL、今後の展開が楽しみだ。

RattanXL/Indiegogo

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧