ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レーシック手術失敗で失明の危機に陥った漫画家! 独占インタビューで胸中を激白!

(2012年7月20日『YAHOO!ニュース』より)

東京都中央区の『銀座眼科』でレーシック手術を受けた患者が目に感染症を発症し、元院長らに対し損害賠償を求めていた裁判の和解が成立した。元院長らが患者60人に対して総額約2億6000万円の和解金を支払うという。

ニュース番組やニュースサイトなどでも大々的に報じられてきたこの裁判だが、記者会見などで書面を読み上げていた原告代表の堀道広さんが、実はプロの漫画家であることはあまり知られていない。

今回のレーシック手術失敗により一時は失明の危機に陥り、漫画家生命すら危ぶまれていた堀道広さん。一風変わった絵柄を武器に、うるし塗りの部活での青春を描いた『青春うるはし!うるし部』や、耳かきで暗殺する殺し屋が主人公の『耳かき仕事人サミュエル』など、ヘンテコな漫画を描き、一部で人気を集めている。

今回のレーシック手術失敗の影響があったかどうか定かではないが、レーシック手術後に仕事で描いた進研ゼミの紹介漫画が「下手すぎるwww」などとネット上で酷評され落ち込むこともあったという。そんな堀道広さんに、今回の和解についての感想を伺ったところ、

「なにはともあれやっと終わってよかった。でも、ニュースとかで大々的に和解金2億6000万って報道されたもんだから、それ以降会う人みんなにお金の話をされて困っている。僕が億万長者になったんじゃないかと誤解されてて。実際は症状に応じて和解金が支払われるみたいで、僕は原告代表なのに症状自体は軽かったから、もらえる金額はほんの少しなのに…… 中古のオートバイがやっと買える程度だよ。この大きな誤解を解くために、これからも漫画を描き続けていきたいと思ってる……」

と、その複雑な胸の内を語ってくれた。今回の事件のことも今後少しずつ漫画に描いていくそうだ。次に『YAHOO!ニュース』のトップに名前が出る時には「原告代表」ではなく「漫画家」として出てくれることを期待しよう。

※画像はYahoo!ニュースより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ピョコタン」が執筆しました。[リンク]

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。