災害時における地域の情報発信を考える(note)

access_time create folder政治・経済・社会
災害時における地域の情報発信を考える

今回は浅見 ゆたかさんの『note』からご寄稿いただきました。

災害時における地域の情報発信を考える(note)

2019年10月12日、台風19号が日本列島を襲い、各地で深刻な被害をもたらしました。被災された方へお見舞いを申し上げるとともに、1日も早い復興を祈っております。

さて、僕の住む埼玉県秩父地域でも、今回の台風の影響はとても大きく、冠水というより、山間部ならではの土砂崩れなどの被害が多数出ております。(現在進行形で、土砂災害の復旧などにあたっていただいている皆さん、本当にお疲れ様です)

そんな台風19号に関して、今回僕は個人の情報発信として、9月末に休止宣言をしていたローカルメディア「ちちぶる」を緊急復活させて、台風関連の災害情報を発信し続けました。

「【随時更新】2019年台風19号 秩父地域情報まとめ」2019年10月12日『ちちぶる』
https://chichiburu.com/saigai/19

この発信を通して、災害時における地域の情報発信については、様々な課題があったり、まだまだ仕組みが不足していることを強く感じたので、そのことについてまとめてみました。

まだ、被害が進行中の状況ではありますが、いつ襲ってくるかわからない天災に対する備えとして、1日でも早い検討・準備が必要なことと思い、記事を公開させていただきます。

前提としてこのnote触れるのは、インターネット上の「情報」についてで、全年齢ターゲットに情報を届けるには防災無線、消防団、役場などの人的に手段など、様々なことをハイブリットすることが必須だと考えています。踏まえて読んでいただけたら幸いです。

情報集約をしたストック型の情報発信の必要性

まず、なぜ僕がちちぶるで情報発信を行おうと思ったか。それはひとえに、情報の集約とストック型の情報発信が必要と感じたからです。

今回の台風における、最新情報の取得方法としては、
・ちちぶ安心・安全メール → 自治体が発信、もっともスピードが早い一次情報
・開局したてのローカルラジオ「ちちぶエフエム」*1
・各自治体のSNS発信
等がありました。

*1:『ちちぶエフエム 79.0MHz』
https://chichibufm.com/

我が家にはテレビはないのですが、今回のような広範囲の災害については、テレビなどのマスメディアでは、自分の地域に関わる解像度の高い情報を得ることはキャッチすることはほぼ不可能。
そのため、ローカルに特化した情報媒体がとても役に立ちました。

しかしながら、先に挙げた情報発信手段は全てフロー型の情報、つまり最新情報はキャッチできるが、情報が流れていきやすい、というデメリットもあります。

そこで必要なのがストック型の情報発信です。災害時には受け身で情報を待つだけでなく、能動的になるべく情報収拾をしたいという心理が必ず働いています。

そうした時に、時系列で並ばないFacebookタイムラインや音声で伝えるラジオなど、フロー型の情報は能動的に情報取得をすることが難しい場合があルため、ストック型の情報発信が必要になります。

本来であれば、各自治体のサイトがストック型のプラットフォームになるべきなのですが、自治体職員にもリソースの限りがあり、フロー型で最新情報を流すのが手一杯。ストック型をわかりやすく、こまめに発信し続けるというのには、スキルと人的リソースが必要になります。

スクリーンショット 2019-10-15 00.39.53

→より鮮明な画像は元記事にてご覧いただけます。
「災害時における地域の情報発信を考える」『note』
https://note.com/azamixx/n/n035b20e901ec

秩父地域の自治体のWebサイトは、そもそも台風に関する情報量が極めて乏しかったように思えます。

スクリーンショット 2019-10-15 00.41.38

ちなみに、他の自治体のWebサイトも様々チェックしましたが、現在も進行形で深刻な状況が続く相馬市では、サイトを災害モードに切り替え、ストック型に情報を掲載しています。(サイトへのアクセス負担を避けるため、リンクはせずキャプチャのみとします)

「【令和元年 台風19号】緊急災害支援金」『GoodMorning』
https://camp-fire.jp/projects/view/204876

被災地への支援もこういった窓口からすぐに行えるので、ぜひ。

 
また、情報の集約も必要です。

特に秩父地域は1市4町で成り立つ地域で、情報を横串で管理するレイヤーの組織がありません。また、ダムの放水状況、電車やバスの運行情報など、それらの情報は主に管轄も変わるので、全てを自治体のサイトに集約するのは困難です。

このような考察から、情報集約とそれらの情報をストック型で発信すること今すぐ必要と考え、動いた次第です。

それではここからは、ちちぶるが発信した情報が実際のところどのくらいの人に届いていたのか、などをお伝えしていきます。

スクリーンショット 2019-10-15 00.23.38
1 2 3次のページ
access_time create folder政治・経済・社会

寄稿

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧