JapanTaxiのタクシーが忘れ物防止用スマートトラッカー「Tile」の“動くアクセスポイント”に 12月11日から全国2万台の車載タブレットで稼働開始

access_time create folderデジタル・IT

タクシー配車アプリ「JapanTaxi」を提供するJapanTaxiと、IoTを活用する見守りサービスを提供するottaは12月11日、全国2万台のタクシー全台に搭載する後部座席の車載タブレットに、忘れ物防止用スマートトラッカー「Tile」の検知システムを導入したことを発表しました。

Tileは、カギや財布などに取り付けて、落とし物や失くし物をスマートフォンアプリから見つけられるスマートトラッカー。スマートフォンからTileを鳴らして探せるほか、自分のTileの近くを通った別のTileユーザーのアプリが自動で接続し、そのTileの位置情報をクラウドに送信することで持ち主が発見可能にする“Tile コミュニティー”機能を持つのが特徴。

常時街中を走行するタクシーの車載タブレットがTileの検知機能を持つことにより、タクシーが“動くTileアクセスポイント”の役割を果たします。公共交通であるタクシーが動くTileアクセスポイントになるのは世界でも初の取り組み。8月に全国でテストした結果、1日最大約6万個のTileを検出できたとのこと。

ottaはIoT見守りサービス「otta 見守りサービス」の動く基地局として、JapanTaxiの車載タブレットを利用。開始から2年で、総見守り回数は60万回以上を実現しています。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧